香川真司はスタメン出場。この試合は無失点だったが全体的な守備力の低さは否めない。コンビネーションが、とか、他の味方選手が、とか、そういう事ばかりも言っていられない。 【 ヌマンシア vs サラゴサ 】
試合 :ラ・リーガ2部 第11節
開催日:2019年10月13日
結果 :サラゴサ勝利
スコア:「0-1」
得点者:エグアラス

左サイドに右利き、右サイドに左利き、というような配置をした方が良いのか、そうではなく、左サイドに左利き、右サイドに右利き、というような配置をした方が良いのか、という話から、森保ジャパンの考察と、なぜ2次予選でもベストメンバーである事が正しいのか、という事について。 有料:200円:サポートもお願いします!

選手評価。モンゴル戦。2019年10月10日。W杯アジア2次予選第2戦。 有料:200円:サポートもお願いします!

スポンサーリンク

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 ヌマンシア 】

FW イヒニオ
MF ズラタノヴィッチ マテウ エスカシ モハ
MF グス・レデス
DF カスティジャーノ グティエレス デリク カレーロ
GK ダニ・バリオ

FW アルビアク
MF モハ マテウ エスカシ ノゲーラ
MF グス・レデス
DF カスティジャーノ グティエレス デリク ナチョ
GK ダニ・バリオ


【 サラゴサ 】

FW L・スアレス
MF ポンボ 香川真司 ラウル・グティ
MF イグべケメ エグアラス
DF ニエット クレメンテ アティエンサ デルマース
GK アルバレス

FW L・スアレス
MF A・ブランコ パプナシュヴィリ ラウル・グティ
MF イグべケメ エグアラス
DF ニエット クレメンテ アティエンサ デルマース
GK アルバレス

FW パプナシュヴィリ
MF A・ブランコ イグべケメ エグアラス ラウル・グティ
DF ニエット クレメンテ グリッポ アティエンサ デルマース
GK アルバレス


■ 香川真司はスタメン出場。

この試合のサラゴサは「4-2-3-1」でスタート。ヌマンシアは「4-1-4-1」。守備の時は「4-5-1」や「4-4-2」となって守りを固め、そこからシンプルに縦へ縦へと攻めるヌマンシアの戦い方に苦戦気味だったサラゴサ。攻めている時間はサラゴサの方が多かったが、決定的なチャンスの数はヌマンシアの方が多かった。従って、どちらが勝ってもおかしくない試合だったのだが、スコア「0-0」のまま試合は進み、後半30分にパプナシュヴィリとの交代で香川がベンチに下がった後の後半36分、ラウル・グティからのパスで相手のDFラインの裏へ抜け出した右SBのデルマースがマイナスのクロス、それをエグアラスが決めてサラゴサが先制点を奪う。という事で、最後は5バックにして守りを固めたサラゴサが1点のリードを維持して勝利を収めた。


■ この試合は無失点だったが全体的な守備力の低さは否めない。

サラゴサは、第9節までは負け無しではあったが、最近の試合は引き分けが多く、その原因は明らかに失点の多さだったのだが、この試合では無失点だった。しかし、「4-3-1-2」よりも「4-2-3-1」の方が、少しは守備の安定感は出るが、この試合でも決定的なピンチが2回ぐらいあったように、やはり、全体的な守備力の低さは否めない。特に2部の場合には、まずは守備力が重要であると言われているが、もしそれが正しいのであれば、ややサラゴサは厳しいと言えると思う。そして、守備力の低さの原因となっているのは、システムが云々という事よりも、やはり個の守備力、FWやSHもそうだが、特にDFとボランチの選手たちの個の守備力にあるのではないかと思うので、そこに成長があるのか、あるいは、新戦力を見つけてくるのか、どちらかは必要になると思う。


■ コンビネーションが、とか、他の味方選手が、とか、そういう事ばかりも言っていられない。

最近の試合では、やや苦戦中の香川だが、やはり1つには、対策されだしている、という事はあって、なかなかバイタルエリアで良い形で楔のパスを受けられなくなっているので、そうなると香川は苦しくなってくる。それから、2つには、「4-3-1-2」ではなく「4-2-3-1」や「3-4-1-2」であると、多くの場合で香川の近くにいる選手が一人少なくなるので、やはり香川は、特にバイタルエリアでは、ワンタッチやツータッチ以内でパスを出したいので、それができない場合が増えて苦しくなっている。この試合では、左SHのポンボが中央寄りでプレーしがちで、それは香川を活かすための解決策の1つになるかと思ったのだが、なかなか乾と香川のようなコンビネーションは出せず、ポンボの個としてのパフォーマンスも良くなかったので、という感じだった。ただ、コンビネーションが、とか、他の味方選手が、とか、そういう事ばかりも言っていられないから、そういう状況の中でも、どうやって活躍するのか、そこへのトライは必要だと思う。

スポンサーリンク


このブログは皆様の応援で継続されています。
「参考になった」「面白かった」「賛同できる」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


左サイドに右利き、右サイドに左利き、というような配置をした方が良いのか、そうではなく、左サイドに左利き、右サイドに右利き、というような配置をした方が良いのか、という話から、森保ジャパンの考察と、なぜ2次予選でもベストメンバーである事が正しいのか、という事について。 有料:200円:サポートもお願いします!

選手評価。モンゴル戦。2019年10月10日。W杯アジア2次予選第2戦。 有料:200円:サポートもお願いします!

冨安健洋がスタメン出場。メデルと冨安の連携が確立されていない。右のハーフスペースが問題だ。冨安はSB的な守備対応はしない方が良いとも言える。 【 ボローニャ vs ラツィオ 】 有料:200円:サポートもお願いします!

久保建英は後半12分から途中出場。良い流れを作る事ができた試合だった。左サイドだった事と守備面では苦しんだ久保。 【 マジョルカ vs エスパニョール 】 有料:100円:サポートもお願いします!


関連記事
【2019/10/15 11:36】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<タジキスタン戦 【 やはりアジアの弱いチームは空中戦やクロスへの対応力が低い。途中で鎌田と南野の位置が入れ替わっていた。森保ジャパンになってから一番悪い守備だったのではないだろうか。 】 | ホーム | 岡崎慎司は先発フル出場。スムーズなのはやはり。岡崎は大迫のようなタイプの選手ではないので。 【 ウエスカ vs ラシン・サンタンデール 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4570-46ec5817
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |