タジキスタン戦 【 やはりアジアの弱いチームは空中戦やクロスへの対応力が低い。途中で鎌田と南野の位置が入れ替わっていた。森保ジャパンになってから一番悪い守備だったのではないだろうか。 】
試合 :FIFAワールドカップ アジア2次予選 第3戦
開催日:2019年10月15日
結果 :日本代表勝利
スコア:「3-0」
得点者:南野拓実 南野拓実 浅野拓磨

選手評価。タジキスタン戦。2019年10月15日。W杯アジア2次予選第3戦。 有料:200円:サポートもお願いします!

左サイドに右利き、右サイドに左利き、というような配置をした方が良いのか、そうではなく、左サイドに左利き、右サイドに右利き、というような配置をした方が良いのか、という話から、森保ジャパンの考察と、なぜ2次予選でもベストメンバーである事が正しいのか、という事について。 有料:200円:サポートもお願いします!

選手評価。モンゴル戦。2019年10月10日。W杯アジア2次予選第2戦。 有料:200円:サポートもお願いします!

スポンサーリンク

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
■ 【 日本代表 】

FW 鎌田大地
MF 中島翔哉 南野拓実 堂安律
MF 橋本拳人 柴崎岳
DF 長友佑都 吉田麻也 植田直通 酒井宏樹
GK 権田修一

FW 南野拓実
MF 中島翔哉 鎌田大地 堂安律
MF 橋本拳人 柴崎岳
DF 長友佑都 吉田麻也 植田直通 酒井宏樹
GK 権田修一

FW 永井謙佑
MF 浅野拓磨 南野拓実 堂安律
MF 橋本拳人 柴崎岳
DF 長友佑都 吉田麻也 植田直通 酒井宏樹
GK 権田修一

FW 永井謙佑
MF 浅野拓磨 久保建英 堂安律
MF 橋本拳人 柴崎岳
DF 長友佑都 吉田麻也 植田直通 酒井宏樹
GK 権田修一


■ やはりアジアの弱いチームは空中戦やクロスへの対応力が低い。

モンゴルもそうだったが、タジキスタンも、とてもクロスへの対応力が低く、タジキスタンのCBやGKには、身長の高さはあったと思うのだが、クロスの時にPA内の南野を完全にフリーしてしまう場面が多かったし、浅野にファーサイドでの空中戦の競り合いで負けてしまっていたぐらいだった。東南アジアもそうだが、とにかくアジアの弱いチームは、空中戦やクロスへの対応力を上げないと、なかなか上には進めないかなと思う。日本にしても、中澤と闘莉王が揃っていた時代や、今の吉田と冨安の場合には、欧州の中堅チームぐらいの空中戦やクロスへの対応力の高さはあると思うが、しかし、世界のトップレベルのチームと比べれば、やはり空中戦やクロスへの対応力は守備の弱い部分であり、アジアのサッカーが全体として足りない部分は、十中八九で、そこなのだと思う。


■ 途中で鎌田と南野の位置が入れ替わっていた。

この試合は、鎌田が1トップ、南野がトップ下、という配置でスタートしたわけだが、以前にも書いたように、やはり鎌田はスタート・ポジションは1トップだったとしても、ゼロ・トップ的な動きをした方が良くて、ハッキリ言って、決定力も高くないし、前線で体を張ってポストプレーとか、クロスに対してヘディングとか、そこにストロングがある選手ではないから、中盤でチャンスを作る事にストロングがある選手なので、実際、この試合でも、南野と入れ替わってトップ下的なポジションでプレーするようになってからの方が良いパフォーマンスを発揮していたから、そこは明確になったのではないかと思う。


■ 森保ジャパンになってから一番悪い守備だったのではないだろうか。

結果的には無失点ではあったが、簡単にDFラインの裏を取られそうになったり取られてしまったり、簡単にPA内まで攻め込まれてしまったり、更には、セットプレーの時にファーサイドでフリーな選手を作ってしまったり、2失点ぐらいはしていてもおかしくなかったから、日本の守備は、とても悪かった、と言っても過言ではないと思う。思っていた以上にタジキスタンの縦へ縦へという攻撃にスピードや精度があった、人工芝に苦戦した、歓声などが大きくて難しかった、という事はあったと思うが、飛び込んで奪えずに、というシーンも何回かあって、ややイージーな守備対応、緩慢あるいは集中力が低い守備の状態になってしまっていたかなと思う。森保ジャパンになってから一番悪い守備だったのではないだろうか。

スポンサーリンク

このブログは皆様の応援で継続されています。
「参考になった」「面白かった」「賛同できる」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

選手評価。タジキスタン戦。2019年10月15日。W杯アジア2次予選第3戦。 有料:200円:サポートもお願いします!

左サイドに右利き、右サイドに左利き、というような配置をした方が良いのか、そうではなく、左サイドに左利き、右サイドに右利き、というような配置をした方が良いのか、という話から、森保ジャパンの考察と、なぜ2次予選でもベストメンバーである事が正しいのか、という事について。 有料:200円:サポートもお願いします!

選手評価。モンゴル戦。2019年10月10日。W杯アジア2次予選第2戦。 有料:200円:サポートもお願いします!

冨安健洋がスタメン出場。メデルと冨安の連携が確立されていない。右のハーフスペースが問題だ。冨安はSB的な守備対応はしない方が良いとも言える。 【 ボローニャ vs ラツィオ 】 有料:200円:サポートもお願いします!

久保建英は後半12分から途中出場。良い流れを作る事ができた試合だった。左サイドだった事と守備面では苦しんだ久保。 【 マジョルカ vs エスパニョール 】 有料:100円:サポートもお願いします!


関連記事
【2019/10/16 11:36】 | 森保ジャパン試合 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<トレンド化している1トップでもあり2トップでもある方法。 | ホーム | 香川真司はスタメン出場。この試合は無失点だったが全体的な守備力の低さは否めない。コンビネーションが、とか、他の味方選手が、とか、そういう事ばかりも言っていられない。 【 ヌマンシア vs サラゴサ 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4571-7761f80d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |