トレンド化している1トップでもあり2トップでもある方法。
タイムリーでトレンド化している方法の1つとして、基本的な並びは「4-2-3-1」や「4-1-4-1」なのだが、守備時は、最初は「4-4-2」で、という方法がある。要するに、「4-2-3-1」であれば、前の中央の2枚は、選手のタイプ的にはCFとトップ下の組み合わせであるし、ファースト・ディフェンス後は「4-2-3-1」あるいは「4-4-1-1」的に守るのだが、守備時の最初は、つまり、ファースト・ディフェンスの時は、横並びの2トップのような「4-4-2」でやるようにする、という事。


森保ジャパンでは1トップとトップ下はどちらが1トップでもトップ下でも良く、むしろ、それをシステム的なオートマティズムとして成立させようとしている。 有料:200円:サポートもお願いします!

選手評価。タジキスタン戦。2019年10月15日。W杯アジア2次予選第3戦。 有料:200円:サポートもお願いします!

左サイドに右利き、右サイドに左利き、というような配置をした方が良いのか、そうではなく、左サイドに左利き、右サイドに右利き、というような配置をした方が良いのか、という話から、森保ジャパンの考察と、なぜ2次予選でもベストメンバーである事が正しいのか、という事について。 有料:200円:サポートもお願いします!

選手評価。モンゴル戦。2019年10月10日。W杯アジア2次予選第2戦。 有料:200円:サポートもお願いします!

スポンサーリンク

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
そして、「4-1-4-1」の場合には、やはり、ファースト・ディフェンス後はMFのラインがフラットに近くなる「4-5-1」になって守るのだが、守備時の最初は、つまり、ファースト・ディフェンスの時は、2列目の中央の2枚がFW的とボランチ的に役割分担されていて、横並びの2トップのような「4-4-2」でやるようにする、という事。これは、ハイプレス型の守備とブロック型の守備の両立、または、守備の設定位置を高い位置と低い位置、両方を持てるように、という事からトレンド化したものだと思われる。

おそらく、そこに繋がる文脈としては、バルセロナのような戦い方をするチームに対しては特にそうだが、強いチームと戦う場合には、ただ退いて守る、リトリートして戦うだけだとサンドバッグ状態になってしまって守り切れる可能性も下がるし、ほぼ攻撃(得点)の可能性もゼロに近くなってしまうから、それを解決するためには、ある程度は、やはり前からの守備、ハイプレス型の守備もセットにしておく必要があるので、という事であると思う。しかもそれを、あまり前後分断的にならないように、という事も要素としてある。

そして、その流れというのは、森保ジャパンにも来ていて、但し、森保ジャパンの場合には、そのトレンドの文脈からだけではなく、日本代表の経緯からの文脈や日本人選手たちの属人的な要素、更には、別のトレンドの文脈からも、その流れというのは生まれていて、複合的であるのだが、それについては、『森保ジャパンでは1トップとトップ下はどちらが1トップでもトップ下でも良く、むしろ、それをシステム的なオートマティズムとして成立させようとしている。 有料:200円:サポートもお願いします!』、こちらの記事で。

スポンサーリンク

このブログは皆様の応援で継続されています。
「参考になった」「面白かった」「賛同できる」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

森保ジャパンでは1トップとトップ下はどちらが1トップでもトップ下でも良く、むしろ、それをシステム的なオートマティズムとして成立させようとしている。 有料:200円:サポートもお願いします!

選手評価。タジキスタン戦。2019年10月15日。W杯アジア2次予選第3戦。 有料:200円:サポートもお願いします!

左サイドに右利き、右サイドに左利き、というような配置をした方が良いのか、そうではなく、左サイドに左利き、右サイドに右利き、というような配置をした方が良いのか、という話から、森保ジャパンの考察と、なぜ2次予選でもベストメンバーである事が正しいのか、という事について。 有料:200円:サポートもお願いします!

選手評価。モンゴル戦。2019年10月10日。W杯アジア2次予選第2戦。 有料:200円:サポートもお願いします!

冨安健洋がスタメン出場。メデルと冨安の連携が確立されていない。右のハーフスペースが問題だ。冨安はSB的な守備対応はしない方が良いとも言える。 【 ボローニャ vs ラツィオ 】 有料:200円:サポートもお願いします!

久保建英は後半12分から途中出場。良い流れを作る事ができた試合だった。左サイドだった事と守備面では苦しんだ久保。 【 マジョルカ vs エスパニョール 】 有料:100円:サポートもお願いします!


関連記事
【2019/10/17 11:36】 | ショートコラム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<リターンだけを見てしまうと簡単に転倒する。大概の選手たちにはスイッチの切り替えが必要。ザックジャパンの時の選手の固定化の弊害というのは正しくない。 | ホーム | タジキスタン戦 【 やはりアジアの弱いチームは空中戦やクロスへの対応力が低い。途中で鎌田と南野の位置が入れ替わっていた。森保ジャパンになってから一番悪い守備だったのではないだろうか。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4572-85022e01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |