香川真司に必要なのは流動性とポジションチェンジ。
香川は「4-3-1-2」もしくは「4-2-3-1」のトップ下でプレーしているわけだが、最近、活躍度が下がっている原因としては、中盤中央の高い位置、そこのエリアでのプレーが難しくなっているから、という事が一番にある。しかし、それは、当然と言えば当然の事であって、相手チームが対策をしてくるのは当たり前であるから。更に言えば、香川のパフォーマンスというのは、全盛期と比べれば落ちているかもしれないが、近年の1年から2年では、変わっていないし落ちていない。サラゴサに来てからもそうである。


香川真司はスタメン出場。個々の選手たちの対応の緩さだったり悪さ。香川という存在が生んでいるプラス面とマイナス面。 【 サラゴサ vs ミランデス 】 有料:100円:サポートもお願いします!

繋いでいくカウンターからマジョルカが先制点。久保建英は後半14分から出場。30分以上の出場時間を与えられるも精彩を欠いた久保。レアル・マドリードの敗因は? 【 マジョルカ vs レアル・マドリード 】 有料:200円:サポートもお願いします!

久保建英がマジョルカで立場を得るのに苦戦している原因は? そして、それを乗り越えるために与えられているチャンスは、それほど少ないわけではない。 有料:100円:サポートもお願いします!

森保ジャパンでは1トップとトップ下はどちらが1トップでもトップ下でも良く、むしろ、それをシステム的なオートマティズムとして成立させようとしている。 有料:200円:サポートもお願いします!

選手評価。タジキスタン戦。2019年10月15日。W杯アジア2次予選第3戦。 有料:200円:サポートもお願いします!

スポンサーリンク

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
問題は、長年に渡って、中盤中央の高い位置でのプレーが難しくなった時にどうするのか、という事のロジカルな解決策をパターン化できていない事。ハッキリ言って、もっとフィジカル・コンディションが上がれば、とか、もっと味方選手が上手ければ、とか、そういうないものねだりをしても、近年の香川の状況では解決策にならない。今だってフィジカル・コンディションは悪くはないと思うし、サラゴサは、ラ・リーガ2部のチームの中では、むしろ、戦力的な部分は悪くない。特に攻撃面の戦力は高い方であると言えると思う。

従って、解決策は他に求めるべきで、むしろ、他にあると言えて、それは何かと言うと、流動性とポジションチェンジである、と個人的には思っている。例えば、今の日本代表、森保ジャパンがアベレージ的に高い攻撃力(得点力)を維持する事ができているのは、1トップとトップ下の流動性とポジションチェンジ、そして、それを含む、前の4枚、1トップとトップ下と左SHと右SHの流動性とポジションチェンジ、それが特に主力選手たちの間では確立されているからで、またそれは、良い攻撃を生むためのセオリーでもある。

サッカーの攻撃というのは、個のクオリティの部分、個の決定力の部分を、高い攻撃力(得点力)を生む要素から除外すれば、流動性とポジションチェンジが、チームとしての高い攻撃力(得点力)を生む大きな要素となる。なぜならば、フリーになる事、スペースを作り出す事、それが攻撃そのものでもあるからであり、逆に言えば、それを防ぐのが守備そのものでもあるのだが、つまりは、香川も、流動性とポジションチェンジでフリーになったりスペースを作った中でプレーしないと、なかなか活躍できない状況に陥る、という事。

特に、「4-3-1-2」であろうと「4-2-3-1」であろうと、トップ下というポジションは、その中心点にいるので、あるいは、その中間地点にいるので、その周囲のFWやSHやボランチとのポジションチェンジが容易であり、もしくは、そのポジションチェンジのスイッチとなる存在でもあり、従って、流動性の鍵も握っていて、かつてのドルトムントでの香川とゲッツェがそうしていた時もあったように、または、香川とギュンドアンがそうしていた時もあったように、サラゴサでもそうする事がポイントになると思う。

もちろん、香川の個としてのパフォーマンス、個としてのクオリティの部分にも問題はある。シュートを打つ積極性は改善傾向にあると思うが、まだそのシュートは威力を欠いていたり枠に飛ばない事も多いし、キープ力の高さやボール・コントロールの巧みさは目立っているが、その後のプレーが効果的な攻撃に繋がらない場合も多い。それから、他にも気になる部分はあって、そこは、『香川真司はスタメン出場。個々の選手たちの対応の緩さだったり悪さ。香川という存在が生んでいるプラス面とマイナス面。 【 サラゴサ vs ミランデス 】 有料:100円:サポートもお願いします!』、こちらの記事の特に、『香川という存在が生んでいるプラス面とマイナス面』、という項を読んでもらえれば、と思う。

スポンサーリンク

このブログは皆様の応援で継続されています。
「参考になった」「面白かった」「賛同できる」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

香川真司はスタメン出場。個々の選手たちの対応の緩さだったり悪さ。香川という存在が生んでいるプラス面とマイナス面。 【 サラゴサ vs ミランデス 】 有料:100円:サポートもお願いします!

繋いでいくカウンターからマジョルカが先制点。久保建英は後半14分から出場。30分以上の出場時間を与えられるも精彩を欠いた久保。レアル・マドリードの敗因は? 【 マジョルカ vs レアル・マドリード 】 有料:200円:サポートもお願いします!

久保建英がマジョルカで立場を得るのに苦戦している原因は? そして、それを乗り越えるために与えられているチャンスは、それほど少ないわけではない。 有料:100円:サポートもお願いします!

森保ジャパンでは1トップとトップ下はどちらが1トップでもトップ下でも良く、むしろ、それをシステム的なオートマティズムとして成立させようとしている。 有料:200円:サポートもお願いします!

選手評価。タジキスタン戦。2019年10月15日。W杯アジア2次予選第3戦。 有料:200円:サポートもお願いします!


関連記事
【2019/10/23 12:17】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<久保建英。守備力を上げるための2つのポイント。 | ホーム | 柴崎岳はスタメン出場。柴崎のパフォーマンスは改善傾向にある。運動量と中盤中央のユニットの連動性の向上を。 【 デポルティーボ vs マラガ 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4578-3673365d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |