乾貴士は2試合連続でスタメンから外れて今節は途中出場も無し。やはり得点力不足は乾貴士の立場を苦しくさせているのかも。しかしチームとしての問題は攻撃よりも守備だと思う。 【 バジャドリード vs エイバル 】
試合 :ラ・リーガ 第10節
開催日:2019年10月26日
結果 :バジャドリード勝利
スコア:「2-0」
得点者:S・グアルディオラ サリス

オランダ戦(U17) 【 守備が機能した理由は? 3得点できた理由は? インテンシティでも日本が上回った。 】 有料:100円:サポートもお願いします!

岡崎慎司は先発フル出場で2試合連続弾。いつもよりも攻撃のクオリティと流動性が高かった。上昇気配の岡崎慎司。 【 ウエスカ vs エルチェ 】 有料:100円:サポートもお願いします!

スポンサーリンク

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 バジャドリード 】

FW S・グアルディオラ エネス・ウナル
MF トニ・ビジャ ミチェル ホアキン・F オスカル・プラーノ
DF ナチョ・M サリス オリバス モジャーノ
GK マシップ

FW S・グアルディオラ
MF オスカル・プラーノ ミチェル デ・フルートス
MF ホアキン・F アヌアル
DF ナチョ・M サリス オリバス モジャーノ
GK マシップ

FW S・グアルディオラ
MF ワルド ミチェル デ・フルートス
MF ホアキン・F アヌアル
DF ナチョ・M サリス オリバス モジャーノ
GK マシップ


【 エイバル 】

FW オレジャナ キケ・ゴンサレス P・レオン
MF エドゥ・エクスポジト エスカランテ
MF ディオプ
DF アンヘル アルビージャ P・オリヴェイラ テヘロ
GK ドゥミトロヴィッチ

FW S・エンリク キケ・ゴンサレス
MF オレジャナ エドゥ・エクスポジト ディオプ P・レオン
DF アンヘル アルビージャ P・オリヴェイラ エスカランテ
GK ドゥミトロヴィッチ

FW S・エンリク キケ・ガルシア
MF オレジャナ エドゥ・エクスポジト ディオプ P・レオン
DF アンヘル アルビージャ P・オリヴェイラ エスカランテ
GK ドゥミトロヴィッチ


■ 乾貴士は2試合連続でスタメンから外れて今節は途中出場も無し。

開幕戦と第2節も乾は2試合連続でスタメンを外れ、第3節のアトレティコ・マドリード戦からスタメンに復帰し、その試合と第4節のエスパニョール戦でも敗れ、それでエイバルは開幕戦から0勝1分3敗となっていたわけだが、システムを「4-4-2」から「4-1-2-3」へ変更した事もあり、第5節から第8節までは3勝1分0敗と持ち直し、ただ、第9節はホームではあったがバルセロナ戦だったので、勝ちを狙うよりもS・エンリクやP・レオンの調子を取り戻させる、乾やキケ・ガルシアを休ませる、という事にしたのだと思ったのだが、それプラス、今節の試合でも乾とキケ・ガルシアをスタメンから外し、キケ・ゴンサレスとP・レオンをスタメンで使った、という事を考えると、アウェイの試合も、勝てなくても良い、ホームの試合で勝点を稼げば残留はできる、ホームの試合の方が勝てる可能性も高いし、という事なのかなと。ターンオーバーしている、という可能性もあるが、むしろ乾とキケ・ガルシアは守備も良いので、ターンオーバーするのであれば、乾とキケ・ガルシアの方をアウェイ戦で使った方が良いと思うので、そう考えると、強豪との試合だけではなくアウェイでの試合も、ある程度は、やはり割り切って捨てているのかなと。もちろん、S・エンリクやP・レオンなどの調子が上がれば、そうしなくなるのだとは思うが。


■ やはり得点力不足は乾貴士の立場を苦しくさせているのかも。

そして、そういうプランが理解できなくもないのは、攻撃については、とにかくエイバルはFWのパフォーマンスが低くて戦力不足の状態になっていて、それが攻撃力の大きなブレーキになっていて、キケ・ガルシアは少しパフォーマンスを上げているが、S・エンリク、シャルレス、キケ・ゴンサレス、という3人のパフォーマンスは低調で、とにかくそこをどうにかしないと、という事はあるし、更には、サイド攻撃から、クロスからの得点を増やすためにも、セットプレーからの得点を増やすためにも、そのためにもP・レオンは不可欠な選手であるから、という事ではあると思うので。乾には得点力は期待できないので。


■ しかしチームとしての問題は攻撃よりも守備だと思う。

ただ、個人的には、攻撃にも問題があるのはそうなのだが、やはり、最近のエイバルが苦しいのは、どちらかと言えば守備に問題があるからだと思っていて、結局は、この試合でもそうだったが、とにかくエイバルは、簡単にDFラインの裏を取られて失点してしまう。更には、ラミスもスピードが無く、裏への対応には弱い選手だが、ラミスが不在になった事でDFラインが空中戦や対人の強さも失ってしまい、守備はGKドゥミトロヴィッチのパフォーマンスの良さだけが救いになってしまっているのが現状で、それから、ハイプレスとハイラインはセットで効いてなければならないのだが、ハイプレスの方は「4-1-2-3」にした事で改善したかなと思ったのだが、やはり、この試合では「4-1-2-3」にした事によりハマらない、ハイプレスが効果的に掛からないシーンもあって、そういう守備面が改善しないと、そこに良さを取り戻さないと、エイバルの調子は上がらないのかなと。

スポンサーリンク

このブログは皆様の応援で継続されています。
「参考になった」「面白かった」「賛同できる」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

オランダ戦(U17) 【 守備が機能した理由は? 3得点できた理由は? インテンシティでも日本が上回った。 】 有料:100円:サポートもお願いします!

岡崎慎司は先発フル出場で2試合連続弾。いつもよりも攻撃のクオリティと流動性が高かった。上昇気配の岡崎慎司。 【 ウエスカ vs エルチェ 】 有料:100円:サポートもお願いします!

関連記事
【2019/10/29 11:35】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<柴崎岳はスタメンから外れて途中出場も無し。柴崎を外しても中盤中央のユニットは良くならず。良い連携(連動性)を築けない状態に陥ってしまうと厳しくなる。 【 ラシン vs デポルティーボ 】 | ホーム | 香川真司はスタメン出場。グリッポの退場で崩壊。香川のパフォーマンスも低調だった。ロジカルな攻守の構築が全く感じられなかった。 【 S・ヒホン vs サラゴサ 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4584-72e156f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |