久保建英がスタメン出場。久保のパフォーマンスは良かったと言える。但し、1つ大きな不満点だったのは。 【 バジャドリード vs マジョルカ 】
試合 :ラ・リーガ 第12節
開催日:2019年11月3日
結果 :バジャドリード勝利
スコア:「3-0」
得点者:ホアキン・F エネス・ウナル(PK) サンドロ

セネガル戦(U17) 【 見応えのある試合を日本が制す。スピードに苦戦するも巧みに守った。西川潤がスーパーサブとしても機能。 】 有料:100円:サポートもお願いします!

アメリカ戦(U17) 【 結果の大きな分かれ目は? 日本の攻撃については? 日本の守備については? 】 有料:100円:サポートもお願いします!

オランダ戦(U17) 【 守備が機能した理由は? 3得点できた理由は? インテンシティでも日本が上回った。 】 有料:100円:サポートもお願いします!

スポンサーリンク

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
■ 【 バジャドリード 】

FW S・グアルディオラ エネス・ウナル
MF トニ・ビジャ ミチェル ホアキン・F オスカル・プラーノ
DF フェデ・バルバ サリス オリバス モジャーノ
GK マジップ

FW サンドロ エネス・ウナル
MF トニ・ビジャ アルカラス オスカル・プラーノ アントニート
DF フェデ・バルバ サリス オリバス モジャーノ
GK マジップ


■ 【 マジョルカ 】

FW ブディミール ダニ・ロドリゲス
MF ラゴ・ジュニオル S・セビージャ ペドラサ 久保建英
DF アグべニェヌ ライージョ ヴァリエント サストレ
GK ファブリシオ

FW A・フェバス ブディミール
MF ラゴ・ジュニオル S・セビージャ ダニ・ロドリゲス アリダイ
DF アグべニェヌ ライージョ ヴァリエント サストレ
GK ファブリシオ

FW アブドン ブディミール
MF ラゴ・ジュニオル A・フェバス ダニ・ロドリゲス アリダイ
DF アグべニェヌ ライージョ ヴァリエント サストレ
GK ファブリシオ


■ 久保建英がスタメン出場。

前節、途中出場で試されたサリビュールは、その前の時と同じように良いパフォーマンスではなかったので、今節は、途中出場であっても久保に出場機会はあるだろう、と予想していたのだが、途中出場どころかスタメン出場だった。そういう意味では、チームにクオリティを与えてくれる可能性のある存在として、監督からの期待値は、守備面の改善も着実に見られているし、そこまで低くはないのだと思う。実際、今節の久保は、とても良いパフォーマンスを見せていたと思う。試合開始からの前半10分以内に、攻撃で久保には3つぐらいの良いプレーがあったし、どちらかと言えば、前半はマジョルカの方が良い内容で、その牽引役は久保だったと言っても過言ではなかったと思う。しかし、前半40分にCKから失点してしまい、更には、後半5分にはPKを与えて失点してしまい、という事で、失点の時間帯も悪かったし、良い内容を結果に繋げられないのも、このチームの傾向だと言える。


■ 久保のパフォーマンスは良かったと言える。

という事で、2失点した後の後半23分、久保はアリダイとの交代でベンチに下がったわけであるが、やはり、久保のパフォーマンスというのは悪くはなかった。1つ、久保のパスミスからカウンターを受けてピンチになったシーンはあったが、大きなマイナス的なプレーはその1つだけだったし、実際、久保がいなくなってからのマジョルカは攻撃力が低下し、結局、全く内容的にも向上せずに無得点、後半49分には3失点目、という事で、結果としては完敗となってしまった。ハッキリ言って、スペインもそうであるが、海外のメディアというのも、そこまで信用できなくて、なぜかと言えば、海外のメディアの評価というのは、得点やアシストという結果を出す、または、チームが勝利という結果を出すと、過剰に高い評価を付ける傾向が強いし、その逆の場合には、過剰に低い評価を付ける傾向が強くて、それは結構、実際はどうだったのかとは大きくかけ離れている場合も少なくはなく、今回の久保に関しても、実際には、客観的に判断して、パフォーマンスは良い方だったと思う。


■ 但し、1つ大きな不満点だったのは。

もちろん、不満点が無かったわけではない。1つ大きな不満点だったのは、パスミスからカウンターを受けてピンチになった、という部分ではなく、クロスの時にゴール前に入って行かない、飛び込んで行かない、PA内の良い位置に入って行かない、というシーンが何回もあった事で、クロスに対してゴール前で合わせようとするのはブディミールの1枚だけ、久保などがニアやファーに飛び込んでいれば得点になったかもしれない、というシーンが2回から3回ぐらいあり、そこが今節の久保のプレーの大きな不満点だった。そして、そこが、久保の得点力を下げている原因の1つであると思うし、更には、そうやって得点の匂いを感じさせないと、アベレージとしてのパフォーマンスは良かったとしても、2点のビハインドで得点が欲しい状況でもベンチに下げられてしまう、という事になるのだと思う。

スポンサーリンク

このブログは皆様の応援で継続されています。
「参考になった」「面白かった」「賛同できる」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

セネガル戦(U17) 【 見応えのある試合を日本が制す。スピードに苦戦するも巧みに守った。西川潤がスーパーサブとしても機能。 】 有料:100円:サポートもお願いします!

アメリカ戦(U17) 【 結果の大きな分かれ目は? 日本の攻撃については? 日本の守備については? 】 有料:100円:サポートもお願いします!

オランダ戦(U17) 【 守備が機能した理由は? 3得点できた理由は? インテンシティでも日本が上回った。 】 有料:100円:サポートもお願いします!

関連記事
【2019/11/05 11:36】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<乾貴士はスタメン出場。2連勝も改善の必要性は依然として高い。乾のパフォーマンスはやや低調だった。 【 レガネス vs エイバル 】 | ホーム | 岡崎慎司は先発フル出場。昇格を狙うためには。もう少し個によるプレーの質が上がれば。 【 テネリフェ vs ウエスカ 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4591-4e6db51f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |