森保ジャパンへの懸念。ブラッシュアップを怠ってはならない。
やろうとしている戦い方、攻め方、守り方、という事において、どれだけの時間、どれだけの回数、それができているのか、という事が、戦術的な質の1つの指標になると思っていて、つまりは、森保ジャパンであれば、前または相手のボールホルダーにしっかりと制限をかけてボールを奪う守備であるとか、ピッチの横幅を広く使いながらハーフスペースを活用したビルドアップであるとか、そういう「やろうとしている戦い方、攻め方、守り方」というものがあると思うのだが、そこが最近の試合ではルーズになってきていると感じる。


選手評価。キルギス戦。2019年11月14日。W杯アジア2次予選第4戦。 有料:200円:サポートもお願いします!

U17W杯2019ブラジル大会。日本代表選手評価。 有料:300円:サポートもお願いします!


このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
できている時間あるいは回数、できていない時間あるいは回数、それを比較した時に、つまりは、できている時間あるいは回数は減り、できていない時間あるいは回数は増えている、という事。そしてそれは、相手が強いのであれば、相対的な現象として仕方がないとも言えるが、問題は、現在の森保ジャパンというのは、そこまで相手が強くないのに、そうなってきている、という事。やはり、そこまで相手が強くないと、戦術的な質を落としても、個の力によってカバーできてしまうので、それが続く状況でルーズになってきている。

もちろん、そこについては、アジアを主戦場にするにおいて、という難しさの部分ではあるのだが、しかしそれは、既にわかっている事なので、そういう状態にならないようにしなければならない、という意識を持つ事が重要であり、そうしないと、ある時に一気に崩れてしまう危険性があると思う。内容よりも結果が重要で、新戦力の台頭も重要であるが、戦術をブラッシュアップさせていく、という作業を継続させながら、結果であったり新戦力であったり、という同時並行的でなければならないので、そこは再確認が必要だと思う。

とかく、内容より結果だとか、ブラッシュアップよりも新戦力だとか、二元論に話をもっていきがちであるが、個と組織がそうであるように、物事がそうである事は、ほぼ無いと言える。二元論に話を持ち込めば、シンプルでわかりやすくはなるが、シンプルでわかりやすい事が正解とは限らない。真を突いているとは限らない。むしろ、不毛な論争を生むだけであったり、ミスリードのための典型的な手法の1つになるとも言える。複雑(複合的)なものは複雑(複合的)なまま理解しなければならない。そのリテラシーも重要である。


このブログは皆様の応援で継続されています。
「参考になった」「面白かった」「賛同できる」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

選手評価。キルギス戦。2019年11月14日。W杯アジア2次予選第4戦。 有料:200円:サポートもお願いします!

U17W杯2019ブラジル大会。日本代表選手評価。 有料:300円:サポートもお願いします!

関連記事
【2019/11/16 11:36】 | 森保ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<岡崎慎司は先発フル出場。守備が嵌らなかった。クリストとフアン・カルロスの関係性が。岡崎のパフォーマンスはあまり良くなかった。 【 フエンラブラーダ vs ウエスカ 】 | ホーム | キルギス戦 【 4試合連続無失点だが守備の戦術的な質は落ちてきている。攻撃も雑な感じだった。チームとしての戦術的な部分の質を落とさないようにしてもらいたい。 】>>
コメント
いつも楽しく拝見しています。
森保監督に対して辛辣な意見が出ています。例えば…
①戦術の修正力に欠けているのでは?
②試合中に選手へ明確な対策を出せていない?
③相手のスカウティングをしていないんじゃないか?
という声を耳にしますが、その辺りはどのように感じていますか?
【2019/11/16 12:29】 URL | SS #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4603-16c43194
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |