岡崎慎司は先発フル出場。守備が嵌らなかった。クリストとフアン・カルロスの関係性が。岡崎のパフォーマンスはあまり良くなかった。 【 フエンラブラーダ vs ウエスカ 】
試合 :ラ・リーガ2部 第16節
開催日:2019年11月16日
結果 :フエンラブラーダ勝利
スコア:「3-2」
得点者:グラウデル オウンゴール クリスト ホセ・フラン クリスト


選手評価。キルギス戦。2019年11月14日。W杯アジア2次予選第4戦。 有料:200円:サポートもお願いします!

U17W杯2019ブラジル大会。日本代表選手評価。 有料:300円:サポートもお願いします!


このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
■ 【 ウエスカ 】

FW 岡崎慎司
MF フェレイロ フアン・カルロス ミケル・リコ ラバ
MF モスケラ
DF ルイジーニョ ダトコヴィッチ ジョスエ ミゲロン
GK ヤネス

FW 岡崎慎司
MF クリスト フアン・カルロス ミケル・リコ フェレイロ
MF モスケラ
DF ルイジーニョ ダトコヴィッチ ジョスエ ミゲロン
GK ヤネス

FW 岡崎慎司
MF フアン・カルロス クリスト ミケル・リコ フェレイロ
MF モスケラ
DF ルイジーニョ ダトコヴィッチ ジョスエ ミゲロン
GK ヤネス

FW 岡崎慎司
MF フェレイロ クリスト フアン・カルロス エスクリーチェ
MF ミケル・リコ
DF ルイジーニョ モスケラ ジョスエ ミゲロン
GK ヤネス

FW 岡崎慎司
MF フェレイロ クリスト フアン・カルロス エスクリーチェ
MF ユージェニ
DF ルイジーニョ モスケラ ジョスエ ミゲロン
GK ヤネス


■ 岡崎慎司は先発フル出場。

前半12分、CKからウエスカは失点。そして、そのまま前半はウエスカの1点ビハインドで終了したが、後半8分、カウンターから失点し、ウエスカは2点のビハインドの状況に。しかし、その3分後の後半11分、ウエスカもCKから1点を返し、追い上げムードの雰囲気にはなったのだが、なかなか同点には追い付けず、後半30分、ウエスカは更に失点。これで3失点目。という事で、その3分後の後半33分には再び1点を返してスコア「3-2」にまではしたのだが、結局は同点には追い付けず、そのままウエスカは敗れた。


■ 守備が嵌らなかった。

この試合のウエスカは、とにかく守備が嵌らなかった印象で、岡崎のファースト・ディフェンスを外してビルドアップ、という事をフエンラブラーダが対策としてやってきたような感じもあったし、今回のウエスカはクリストをスタメンから外し、左SHにはフェレイロ、「4-1-4-1」の2列目の中央の左にはフアン・カルロス、というスタメンの配置だったのだが、そのあたりにもハイプレスが嵌らなかった原因があったのかもしれないし、アウェイという事で、ややハイプレスを自重していたのかな、という感じもあって、どれが、というよりも、その複合的な原因によって、ハイプレスが嵌らなかったのかなと思う。


■ クリストとフアン・カルロスの関係性が。

一方、攻撃については、前半の途中で右SHのラバが負傷してクリストが入ったのだが、その時はいつもとは違う配置、左SHにクリスト、「4-1-4-1」の2列目の中央の左にフアン・カルロス、となっていて、それが機能性を下げていた原因の1つだったかなと思うし、後半は、それがいつも通りの配置、左SHにフアン・カルロス、「4-1-4-1」の2列目の中央の左にクリスト、となっていて、やはり、そちらの配置の方が機能していたと思うし、3失点後は、CBのダトコヴィッチとの交代でエスクリーチェを入れ、アンカーのモスケラをCBに下げてミケル・リコもしくは途中からはユージェニがアンカーの位置でプレー、左SHにフェレイロ、右SHにエスクリーチェ、2列目の中央はクリストとフアン・カルロス、という配置になっていたのだが、意外性があって1点を返せた反面、カオスな感じもあったし、時間の経過と共にウエスカの選手たちには焦りの色が濃くなって1つ1つのプレーの質が下がり、という感じだった。最近はずっとスタメンで起用していたし、パフォーマンスも良かったので、なぜクリストをスタメンから外したのかには疑問もあったが、フアン・カルロスが中寄りでプレーしたがるので、その関係からだったのかなとは思う。しかし、この試合でも2得点したが、最近のクリストは調子が良かったし、2トップ的になれる、という事においても、岡崎との相性も良かったので、という感じではあった。


■ 岡崎のパフォーマンスはあまり良くなかった。

岡崎については、最初は岡崎によくパスが出されていて、アウェイだったという事で、あまり2列目が前に上がらない、特に中央の2枚はホームの時よりも前に上がらない、という事が、そうなっていた理由だったのではないかと思うが、その時にもう少し良いプレーをする必要があったかな、という事と、右SHになっていたフェレイロからのクロスをヘディングシュート、というシーンも1回はあったのだが、3失点して、全体的に前掛りになってからは、埋もれて存在感が薄くなってしまった感じだったし、セットプレーで合わせにいった時もオフサイドだったりして、守備面も含め、この試合の岡崎はあまり効いていなかった、ボールコントロールも良くなかったし、あまり良いパフォーマンスではなかった、という感じだった。もしかしたら、やや疲労が蓄積してきているのかな、とも思う。


このブログは皆様の応援で継続されています。
「参考になった」「面白かった」「賛同できる」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

選手評価。キルギス戦。2019年11月14日。W杯アジア2次予選第4戦。 有料:200円:サポートもお願いします!

U17W杯2019ブラジル大会。日本代表選手評価。 有料:300円:サポートもお願いします!

関連記事
【2019/11/17 11:36】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<コロンビア戦(U22) 【 チームになっていなかった日本では勝負にならず。システム的なアプローチでの問題点。今回の試合をターニングポイントに本格的に始動するはず。 】 | ホーム | 森保ジャパンへの懸念。ブラッシュアップを怠ってはならない。>>
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2019/11/24 10:52】 | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4604-5a5f2978
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |