モンテネグロ戦 キリン杯 2007年6月1日
この試合は「高原、駒野、憲剛」の試合でしたね。モンテネグロがPKを外してくれたお陰で無失点の「2-0」。試合内容も80点以上の評価ができる、まさに快勝の試合でした。

記事を読む前に、
◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○ 
へのクリックをお願い致します。
○ 試合・分析 「 高原、駒野、憲剛、が勝利を牽引 」

先制点、中澤のゴールは、中澤が完全にフリーでしたね。CKからの流れでしたが、ゴール前にいるのではなく、後方から長い距離走り込んでヘディングしたことが◎だったように思います。中澤のようなヘディングの強い選手があれだけ長い距離助走して飛び込めば、モンテネグロDFのような高さのある選手にも競り勝つことができますね。良かったです。追加点のゴールシーンも素晴らしかったですね。駒野から完璧なクロス、高原の完璧なニアに走る動きとヘディング、全てがパーフェクトな2点目でした。しかし、試合展開としては、高原をベンチに下げてから、そして、水野を入れて駒野を左に回し4バックから3バックに変えてから(また最後は4バックに戻したが・・・)、流れがモンテネグロに傾いてしまいました。もしPKが決まっていたら、このように余裕のある試合展開にはならなかったかもしれません。


○ 日本代表・分析 「 快勝もオシムサッカーは無かった 」

FW :高原 矢野
OMF:山岸 遠藤
DMF:憲剛 鈴木
DF :阿部 中澤 坪井 駒野
GK :楢崎

スタメンですが、以前の記事で「遠藤と憲剛を同時にピッチに起用する可能性は低いが、俊輔が怪我で起用できないならば、遠藤と憲剛をOMFで並べてくるかも?」と記しましたが、OMFで並べてはこなかったものの、憲剛がボランチ、遠藤がOMF、というポジションで同時起用してきました。鈴木と阿部のダブルボランチはペルー戦で機能的ではなく、鈴木と憲剛というダブルボランチにした方が機能的でしたから、この試合では鈴木と憲剛というダブルボランチを選択してきました。FWは試合前にオシムが示唆してきたように矢野と高原。左SHには遠藤とはタイプの異なる山岸。左サイドバックには3バックにも変更可能な阿部を起用してきました。GK楢崎。

「不満は確かにある。それは後半から選手が個人技に走ったこと」

オシムは試合後のインタビューでそう述べていましたが、今日の試合はオシムの言う通り、選手の個人技が光った試合でしたね。オシムはそのことが不満だったようですが、私としては良かったと思います。1点目の遠藤→中澤、2点目の憲剛→駒野→高原、どちらも高い個人技が発揮されたゴールで、代表戦らしい良いゴールだったように思います。憲剛がサイドでフリーになっていた選手にボールを出さずミドルシュートを撃ったシーンが2回あり、オシムは2回とも激怒していましたが、私としては憲剛のミドルシュートは正しい判断だったと思っています。決まっていたら(もしくはせめて枠に飛んでいたら)もっと良かったと思いますが、悪い判断では無かったと思います。

つまり、この試合は完璧な勝利だったものの、少ないタッチ数での攻撃を目指すオシムサッカーでの勝利ではなかった。

と総括することができると思います。従がって、オシムは不満だったかもしれませんが、私としては高評価できる試合でした。特に高原は存在感を示しましたね。前線でのポストプレー、中盤まで下がってのボールキープ、サイドバックのカバーに回る守備、そして得点、100点満点の活躍だったと思います。後半、高原を下げてから攻撃の起点が無くなり流れが悪くなったことがそれを象徴していたように思います。そして、もう1人、この試合の勝利の立役者は駒野でしたね。「やっと日本にもセンタリングに精度があるサイドバックが現れてくれた」そんな気分です。駒野がこの試合のようなパフォーマンスを保っている限り、加地の出番は無さそうです。また、憲剛も良かったですね。川崎で見せているようなパフォーマンスを代表でもフルで発揮してくれたように思います。まさに日本のピルロ。レジスタとして高いボールキープ力と展開力を見せてくれました。オシムは怒っていましたが、結局最後まで代えませんでしたから、その存在の大きさはオシムも認めたことだと思います。
最後に守備に関してですが、阿部を左サイドバックに起用し、駒野が攻撃的、阿部が守備的、という4バックは安定感が感じられました。4から3への切り替えもスムーズですね。しかし、今日の3バックは安定感を著しく欠いていました。モンテネグロの攻撃枚数が少なく、「4-5-1」で、センタリングが上がっても中央に1トップ1枚しか存在しなかったので、そういう意味で脅威が少なかったことも無失点の要因だったと言えると思います。


○ 選手評価(10点満点) 

高原:10点

文句無しの10点満点。攻撃の起点であり、素晴らしいゴールも決め、FWの軸として高い存在感を示した。前線に張らず、この試合のように自由に動いた方が活躍できるように思います。しかし、アジア杯に参加しないとなれば、オシムジャパンが心配ですね。

矢野:6点

巻と同程度のチェイス力、運動量、高さがありつつ、ポストプレーとドリブル力は巻より上手いので、巻を使うなら矢野の方が良いと思う。しかし、ゴール前での勝負感覚というのは巻と同程度なので、そこが備わってくれば、高原のパートナーとしてファーストチョイスになる可能性も感じられた。

遠藤:5点

悪くない動きだったが、他の選手の動きが良かったので、そのぶん物足りなさを感じた。OMFとしてはFWを追い越して得点を狙う動きが少ないし、俊輔のように攻撃の起点となる動きも少なかった。この試合の感じでは、俊輔、憲剛に次ぐ3番手司令塔という感じだった。

山岸:5点

ジェフで見せているのと同程度のパフォーマンス。駒野のクロスにヘディングで合わせた良いプレーもあったが、全体的にはやはりプレーが雑。センタリングの精度が無いのがサイド選手としては致命的。やはり私の私見では攻撃的ボランチの選手に思える。山岸でもいいが、山岸でなくてもいい、そんな感じ。

憲剛:8点

ヒデ、小野、小笠原、遠藤、よりもレジスタ的に機能的な選手。中盤の底でボールを持った時の安心感が高い。守備でもバランスを取っていたので問題無かった。やはり鈴木&阿部を並べるよりも憲剛を起用した方が中盤が機能的になる。

鈴木:6点

オシム曰く「日本のマケレレ」と言えるかどうかはともかく、もはやオシムジャパンのアンカーは鈴木の指定席。今野であってもポジションを奪うのは難しいところだろうと思う。鈴木と憲剛のダブルボランチは今のところベストチョイスだと思う。

阿部:6点

オシムの目指すポリバレントな守備には欠かせない選手だが、中田浩二が参戦してきたのでどうか? やはり左サイドバックには左利きの中田浩二の方が有利と言えると思う。コロンビア戦で中田浩二が出場してくると思うので、阿部とのサバイバルになりそうだ。

駒野:10点

クロスの精度、運動量、守備力、ポリバレント性、サイドバックとしては他の追随を許さない活躍でした。左を守備的にして、右の駒野を攻撃的に使う形は理想的とも言える。

中澤:7点

ボンバーヘッド炸裂。モンテネグロDFにも競り勝つヘディングの強さは流石。守備でもペルー戦で見られた不安定感も無く、復調してくれば闘莉王とのセンターバックコンビはアジア屈指になると思う。

坪井:6点

特に目立った動きは無かったが安定していた。

楢崎:6点

久々の代表も違和感は無し。

水野:5点

高原が交代し、攻撃の機能性が低下してからの投入だったので、あまり活躍は見られなかったが、悪くもなかった。個人技で右サイドを突破したプレーは評価したいが、まだ何とも・・・。

佐藤:5点

オシムはどうしても佐藤寿人をFWではなくサイドプレーヤーとして起用したいみたいですね。これには少し疑問です。いくら人材不足の左サイド選手を育てたいとは言え、佐藤は完全なストライカータイプなので、できればFWとして長い時間試してもらいたい。

* 巻、藤本、などは省略


○ 試合後記 「 ファンは納得、オシムは不満 」

オシムは複雑でしょうね。かなり良い内容での勝利で、ファンは満足だと思いますが、オシムスタイルでの勝利ではなかったので、オシムとしては半分満足半分不満という感じでしょう。果たしてそこの折り合いをどうつけるのか、次ぎのコロンビア戦で見られるかもしれませんね。試合後の会見も楽しみです。さて、コロンビア戦では、高原、俊輔、中田浩、稲本、という4人の海外組が揃い踏みするかもしれませんから、本当に持ち遠しいですね。今日のモンテネグロ戦は次戦にも期待を持たせる良い試合でした。

少しでも面白いと感じましたら、

◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○

への応援クリック投票をポチッと宜しくお願い致します。

関連記事
【2007/06/01 22:40】 | オシムジャパン試合 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<オシムの試合後会見からモンテネグロ戦分析 | ホーム | ここまでのオシムジャパンをダイジェストで振り返る>>
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/06/04 08:30】 | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/463-3459bead
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |