距離間隔とゾーン(プレス)ディフェンス。そこが問題。
Jリーグの日本人選手たちについては、やはり、どうしても、相手との距離間隔というのが、いつも、とても気になってしまう。中国戦の失点シーンなども、クロスのシーンだけではなく、その前からずっと、中国の選手たちと日本の選手たちとの距離間隔が遠い状態が続いていて、なので、ボールホルダーに寄せに行っても、中国の選手たちには時間的な余裕があるから切り替えしたりしてかわせてしまうし、ルックアップして、あそこにフリーな選手がいると認知してパスを出す事も容易になっていた。やはり、そうやって相手に時間的な余裕を与えてしまうと、そこまで技術力は高くなかったとしても、なかなかボールを奪えなくなってしまうし、質の良いパス、質の良いクロスなどを出されてしまう事になる。


★ 選手評価。中国戦。2019年12月10日。EAFF E-1サッカー選手権 第1戦。 有料:200円:サポートもお願いします!


このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
マジョルカの久保なども、最近は守備が良くなっているが、明らかに久保がプレスをかけてボールを奪うシーンが増えているが、それはやはり相手との距離間隔が近くなったから、近くするようにしたから。以前までの久保は、プレスにいっても、あるいは、相手と対峙した時に、相手との距離間隔が遠いところで止まってしまう、待ってしまう、という守備対応をしていたので、ぶっちぎられてしまう事も多かったし、ほぼボールを奪える事も無かったのだが、最近はプレスにいった時も相手と対峙した時にも、相手との距離感を近くするようになっていて、そうする事によって、競り合いの力が強くなったわけではないのだが、ぶっちぎられてしまう事は激減したし、それどころか、ボールを奪える回数が増えた。

欧州からJリーグに戻って来た酒井高徳が、日本の選手たちはカバーリングができていないとか、遅いとか、そういう感じの事を言っていたと思うのだが、それは相手との距離間隔が遠いからなのではないかと思っていて、距離間隔が遠いと制限がかかっていないので、相手が次にどちらの方向へ動くのか、どこへパスを出すのか予想し難いし、もしカバーリングの意識はあって行ったとしても、やはり相手との距離間隔が遠いので間に合わなかったり、という事だと思う。相手の力量にもよるが、基本的には、ゼロ距離に近くないと相手に制限はかからない。そして、アタック&カバーのアタックのところで制限がかかっていなければカバーはできない。インテンシティもデュエルも、そこを指しているように思う。

そしてやはり、日本はマンツーマンディフェンスとゾーンディフェンスがごっちゃになっていて、ブロックを作って守るのであれば、それは基本的にはゾーンディフェンスなので、優先順位は人ではなくボール、瞬間的に、人に付いた(付いて行った)方が良いのか、ボールホルダーにアタックに行った方が良いのか、その判断に迷ってしまう場合があると思うのだが、ゾーンディフェンスでやっているならば、そこは迷う事無くボールホルダーへのアタックが優先。あるいは、SHなら相手のSBとか、という事が決められていたとしても、必然的にそういう担当になっていたとしても、ボールがある局面ではボールホルダーへの対応が優先。なぜならば、そうしないとゾーンプレスディフェンスは成立しないから。


このブログは皆様の応援で継続されています。
「参考になった」「面白かった」「賛同できる」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


★ 選手評価。中国戦。2019年12月10日。EAFF E-1サッカー選手権 第1戦。 有料:200円:サポートもお願いします!

関連記事
【2019/12/13 11:35】 | 森保ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<南野拓実の進化はプレーの連続性の向上だと思うのでプレーの連続性について書いた記事を再掲載。 | ホーム | まさに森保監督らしいサッカーだった中国戦。しかし、そうであるからこその問題も。>>
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2019/12/17 14:12】 | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4632-917cd020
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |