南野拓実の進化はプレーの連続性の向上だと思うのでプレーの連続性について書いた記事を再掲載。
『一般的にプレーのタイプについて言えば休止が多いかもしれない。僕が長い間、慣れていたプレーからみれば。』と、イニエスタはJリーグの印象を語ったが、おそらく、イニエスタがそう感じた理由は、プレーの連続性という要素だと思う。例えば、欧州のリーグでプレーしている日本人選手たちを見ていて、プレーが単発的である、と感じる事は少なくない。要するに、1つ1つのプレーについては良いプレーをしていても、そういうプレーが連続的に行われない、というような性質を持つ選手たちが日本には多い。


★ 選手評価。中国戦。2019年12月10日。EAFF E-1サッカー選手権 第1戦。 有料:200円:サポートもお願いします!


このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
連日本人選手というのは、1プレーすると休み、そして、1プレーすると休み、というリズムやテンポでプレーする選手たちが多い傾向にあり、それが、インテシティや縦への速さの欠如、というものにも繋がっているのではないかと思うのだが、やはり、もっと日本のサッカーが世界のトップレベルへと近づくためには、1つ1つのプレーの連続性を高める必要があると思う。日本の選手たちというのは、ボールが来たらやるよ、ボールが近くにあったらやるよ、その流れに関与できそうだったらやるよ、という事が多い。

従って、瞬間的には、きちんとプレーしたり、良いプレーをしたり、という事はあるのだが、その次のプレーが連続的に発生した時には、ぷら~ん、としてしまっていたり、一息ついてからね、みたいな感じのオーラを出している選手が多い。あるいは、2つ3つと連続的にプレーすると、2つ目、3つ目、とプレーの質が大きく落ちてしまうので、1プレーすると休み、というようなリズムやテンポでプレーしたがるのだと思う。しかし、やはり、それだと効果的なプレーが少なくなるから、世界のトップには行けない。

きちんとしたプレー、良いプレー、というのを連続させないと、効果的なプレーにはならず、つまり、効いている選手にはなれない。それから、そういう選手たちが集まっていないと、強いチームにはならない。大概の場合、欧州のクラブで、なかなか試合に使ってもらえない選手たちというのは、そこに問題があると監督に判断されている場合が多いと思う。特に、1つ1つのプレーを見れば、きちんとしたプレー、良いプレーもしているはずのに、という選手たちはそうであると思う。連続性、という観点を持ちたい。


他の競技でも、似たような特性を持つ競技は同じかもしれないが、サッカーという競技では、連続性、という事が重要になってくる。そして、連続性には2つの連続性が有り、1つには個としてのプレーの連続性で、2つには複数人としてのプレーの連続性。複数人としてのプレーの連続性については、連携(コンビネーション)という言葉で頻繁に使われ、ユニットであるとか、トライアングルであるとか、単位的またはグループ的なアプローチから、ワンツーやアタック&カバーやポジショナルプレーなど、プレーの方法まで、そこに着目される事は多いと思うのだが、実は、それを落とし込もうとする時に重要になるのは、個としてのプレーの連続性で、育成においても、まずはそこに着目してもらいたい。

個としてのプレーの連続性とは、簡単に言えば、1つのプレーでプレーを止めない、という事であるが、意外とこれは、常に強く意識してピッチに立っていないとできないもので、更には、なんだそんな事か、そんな事はみんな知っているし当たり前の事だろ、と思うかもしれないが、実際にやってみると意外と難しくて、ついつい、1つのプレーでプレーを止めがちになってしまう。気が付いたらそうなってしまっていたりと、プロの選手だったとしても、個としてのプレーの連続性に欠ける、という選手たちは稀ではなかったりする。また、スタミナ的な要素も関係してくるので、スタミナが足りなかったり、スタミナが衰えてきたりすると、個としてのプレーの連続性に欠ける、という状態に陥ったりする。

それから、プレーの連続性、というものを考える時には、個人的には、だいたい3つぐらいはプレーを連続させなければならないと考えているが、いくらプレーを連続させても、2つ目や3つ目のプレーが質を欠いたり、または、効果的ではなかったら意味がない、という事も重要な部分であり、つまり、プレーの連続性を考える時には、2つ目や3つ目のプレーで質が落ちないようにするにはどうすれば良いのか? という事を考える事も重要であり、1つ目のプレーで体のバランスを崩してしまったり視野を失ってしまえば2つ目のプレーの質は落ちるし、当然、2つ目のプレーで体のバランスを崩してしまったり視野を失ってしまえば3つ目のプレーの質は落ちるし、という事を、どうやって防止するのか。

そのためには、例えば、姿勢(体勢)もそうだし、トップスピードではなく80%ぐらいのスピードでのプレースピードが重要である、という事もそうだし、当然、そのためのスタミナやフィジカルが必要である、という事もそうだし、事前の周囲の状況の確認であるとか、だいたい3つぐらいプレーを連続させるとしたら、やはり、1つ目のプレーの前に、2つ目や3つ目までのプレーのイメージが描けているかとか、意外と多くの要素を良くする、身に付ける必要があって、育成の時もそうであるし、複数人としてのプレーの連続性をチームに落とし込む時にも、そういう個としてのプレーの連続性に着目する事が重要になってくると思う。またそれというのは、攻撃だけではなく守備の時のプレーでも同じ。


このブログは皆様の応援で継続されています。
「参考になった」「面白かった」「賛同できる」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


★ 選手評価。中国戦。2019年12月10日。EAFF E-1サッカー選手権 第1戦。 有料:200円:サポートもお願いします!

関連記事
【2019/12/14 11:35】 | ショートコラム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<香港戦 【 習うより慣れよ。勝てるならば過剰に攻撃的に戦う必要は無い。今回のような守備が韓国戦でもできるかどうか。 】 | ホーム | 距離間隔とゾーン(プレス)ディフェンス。そこが問題。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4633-f9614e6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |