優勝しても物足りなさは増すばかり。クオリティ不足は顕著。なでしこジャパン。
3戦3勝13得点無失点。結果だけ見れば見事な優勝だったと思えるが、期待通りのパフォーマンスを見せてくれたのは、FWの岩渕とGKの山下、その2人だけだったと言えると思う。韓国戦、岩渕と長谷川を欠いた日本の攻撃は、クオリティと決定力を欠き続けた。中国戦も、後半9分に長谷川、後半12分に岩渕、その2人がベンチに下がると、日本の攻撃のクオリティは激減した。そして守備は、3試合を通して相手のパフォーマンス不足、クオリティ不足によって助けられ、GK山下の安定感だけが印象に残った。中国の攻撃は自滅的なオフサイドを何回も何回も繰り返し、韓国の攻撃は個々のプレーの質が低かった。


★ 選手評価。香港戦。2019年12月14日。EAFF E-1サッカー選手権 第2戦。 有料:200円:サポートもお願いします!

★ 選手評価。中国戦。2019年12月10日。EAFF E-1サッカー選手権 第1戦。 有料:200円:サポートもお願いします!


このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
W杯から、まだ半年。それぐらいの時間では、個々のレベルアップは難しいだろうと思う。10月のカナダ戦、11月の南アフリカ戦、そして、今大会の3試合と、W杯後の試合も見続けてきたが、特筆するような良い変化は感じられていない。W杯の時と同じレベルの強さは保つ事ができているが、それでは五輪でメダルには手が届かないだろうと思う。W杯で得た経験、という上積みはあると思うが、それは他の国にしても同じはず。今の日本の実力では、W杯や五輪ではベスト16やベスト8、そこ止まりだと思う。ホーム・アドバンテージがあっても、それ以上は難しいように思える。その印象は今大会で更に強くなった。

まず改善あるいはレベルアップが必要だと思うのは、ビルドアップ。時にはボランチの1枚が下がってきて3枚になったりとか、GKを含めた状態でのビルドアップの質の向上とか、1列目や2列目の選手たちの流動性を高めてハーフスペースでボールを受ける、相手のDFラインの裏でボールを受ける、という部分の向上であるとか、まだまだ個としても組織としても、やれる事はあるのではないだろうか。対日本、という事では、ハイプレスを仕掛けて来るチームは少なくない。特に、ある程度以上の実力国は、そうしてくる可能性が高い。という事は、当然、それを無効化でるようにならなければ、厳しくなってしまうはず。

それから、カウンターの遅さ、推進力や突破力不足、更には、長谷川を欠いた時の崩しの部分でのクオリティ不足やアイデア不足、岩渕を欠いた時のシュートのクオリティや決定力の不足、という部分も顕著であり、決め切る力、勝ち切る力、という事においては、攻め切る力、巧みなパスワークによる連携有り、強引さを以って突破する事も有り、という攻撃と、粘り強い守備からの高速カウンター、その向上と繰り返し、回数を増やしながら、最後の決める部分、フィニッシュのプレーを高めていく、という一連の流れ、総合的な力が必要であって、個としても組織としても、日本は一時期より、そこが後退してしまっている。

東京五輪までに、そういう個としても組織としてもという部分を、どこまで高める事ができるのかは、わからない。世界のトップのレベルまで、というのは難しいとは思う。しかし、1つでも2つでも、少しでも、という事が重要であるし、それができている状態で東京五輪に入って、東京五輪を戦いながら更に高めていく、その道筋を明確に描く事ができるようになれるかどうか、そこが、この先の残り時間、準備で重要になってくると思う。1つ、今回のE-1サッカー選手権での優勝は、失った自信を少し取り戻せた、というプラスはあったとは思う。しかし、取り戻しただけで、前進は無かったと、個人的には感じられた。


このブログは皆様の応援で継続されています。
「参考になった」「面白かった」「賛同できる」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


★ 選手評価。香港戦。2019年12月14日。EAFF E-1サッカー選手権 第2戦。 有料:200円:サポートもお願いします!

★ 選手評価。中国戦。2019年12月10日。EAFF E-1サッカー選手権 第1戦。 有料:200円:サポートもお願いします!

関連記事
【2019/12/18 11:35】 | なでしこジャパン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<韓国戦 【 結果以上に内容は悪かった。これがセカンドあるいはサードチームの現在地。戦い方以前の問題。実力不足を認めるところからスタート。 】 | ホーム | 香川真司のアシストで先制点。気になったのはコンパクト性の薄さ。フィジカル・コンディションとの戦いが重要になってくる。 【 サラゴサ vs ラシン 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4637-897c23be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |