欧州クラブ経由日本代表行き。それが効果的且つ効率的。1つのサイクルが4年である事の難しさ。
■ 欧州クラブ経由日本代表行き。それが効果的且つ効率的。

ナショナルチームというのは海外のチームと戦う。
従って、普段から海外のチームでプレーできている選手たちで、
ナショナルチームを構成した方が良いのは当然だと言える。
海外のチームで主力だったり、活躍できている選手であれば尚更にそう。
そして、海外のクラブとは言っても主に欧州のクラブの事であるが、
現在は欧州が世界中のトップクラスの選手たちの集積地であるのだから、
その地で常にプレーできている選手たちがブランドなのは明白。


★ 個の能力としての課題。「3-4-2-1」(「5-4-1」)で戦う場合の問題点。森保監督の采配について。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。韓国戦。2019年12月18日。EAFF E-1サッカー選手権 第3戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。香港戦。2019年12月14日。EAFF E-1サッカー選手権 第2戦。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。中国戦。2019年12月10日。EAFF E-1サッカー選手権 第1戦。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!


このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
そこについて今は疑いの余地が無い。
もし能力は同じだったとしても、海外の選手たちとの戦いに慣れている、
その経験が多い、という事のアドバンテージは確実にある。
もちろん、国内組の選手たちにも、それを経験できる場はある。
代表試合であったり、Jのクラブが海外のクラブと試合をする事もあるし、
ACLならアジアの他のクラブと、そして、CWCに出場できれば、
アジア外の海外のクラブと試合をする事もできる。

しかし、機会の数としては、圧倒的に少ない。
特に欧州や南米の強豪国との試合となれば、機会の数は圧倒的に少ない。
W杯の開催が4年に1回であるから4年を1つの期間とすれば、
国内組の選手たちが4年間で得られる、その経験の数は、
海外でプレーできている選手たちの1年分にも満たないと思う。
更には、数だけではなく密度も重要で、
感覚というのは、密度が低いほど失ってしまう。

特に、その経験を代表試合で、というのは、とても効率が悪い。
もちろん、代表試合だからと言って、
全ての試合が結果重視であるべき、という事ではない。
テストのための試合や、調整のための試合であるべき場合も当然ある。
しかし、対海外の経験を積ませる、という事のために使うのは、
とても非効率で、とても非効果的であると言える。
やはり、欧州クラブ経由日本代表行き、それが効果的且つ効率的だと思う。


■ 1つのサイクルが4年である事の難しさ。

最近よく思うのは、4年という単位の長さ。
W杯が4年に1回なので、代表チームは4年が1つのサイクルになるが、
大概にして1つのチームのサイクルは3年ぐらいであり、
4年間であると、その間に1つのサイクルが終わってしまう。
それどころか、情報テクノロジーの急速な発達により、
近年は、もっと、その1つのサイクルが短くなっているように感じる。
早ければ2年や1年で鮮度が落ちてしまう。

特に近年の日本代表は1つの完成形に至るまでが早い。
森保ジャパンは発足時、あるいは、その年度内に1つの完成形に至った。
それは西野ジャパンからスタートしていたので完成までが早かった。
ザックジャパンも、半年ぐらいでベースは完成していた。
そして、ハリルジャパンも、2年ぐらいで鮮度を失っていた。
完成が早いと、停滞化、マンネリ化するのも早い。
更には、対策されやすくなってしまい、難しくなってくる。

従って、その後はオプションやバリエーションを増やす、
という事を求められるようになるが、それは最適解とは違う事をやる、
あるいは、最適解とは異なるメンバーを使う、という事になるので、
結果も出難くなり、選考や起用や采配への不満も大きくなってしまう。
そもそも、1人の監督が持ち得る引き出しの数は限られる。
クロップにしても、グアルディオラにしても、モウリーニョにしても、
1つの完成形としての戦い方の方法論は、いつも同じである。

従って、彼らにしても、1つのチームでのサイクルは3年以内。
そうなってくると、W杯のような大会は、3年に1回、
あるいは、2年に1回、ぐらいのペースに変えた方が良いように感じる。
近年の時間の流れのペース感を考えると、4年は長く感じる。
その間に1回、場合によっては2回ぐらいピークを迎えてしまい、
停滞化、マンネリ化、中弛みが起こって、鮮度や勢いが保てなくなる。
おそらく、ここについても、時代変化への対応が必要になっていると思う。


このブログは皆様の応援で継続されています。
「参考になった」「面白かった」「賛同できる」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


★ 個の能力としての課題。「3-4-2-1」(「5-4-1」)で戦う場合の問題点。森保監督の采配について。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。韓国戦。2019年12月18日。EAFF E-1サッカー選手権 第3戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。香港戦。2019年12月14日。EAFF E-1サッカー選手権 第2戦。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。中国戦。2019年12月10日。EAFF E-1サッカー選手権 第1戦。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

関連記事
【2019/12/20 11:35】 | ショートコラム | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<乾貴士は先発フル出場し1得点。久々に攻撃面でも良いパフォーマンスを見せた。 【 エイバル vs グラナダ 】 | ホーム | 韓国戦 【 結果以上に内容は悪かった。これがセカンドあるいはサードチームの現在地。戦い方以前の問題。実力不足を認めるところからスタート。 】>>
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2019/12/22 10:56】 | #[ 編集] | page top↑
ドーハ以来の代表をみてもサイクルは2年だと思います。
ベースがそこそこあれば1年でだいたい出来上がる。
逆算して五輪まではあまり連携を煮詰める固定化は必要ないと思っています。
なので最初の2年は冒険的な監督も有りだろうとも。
【2019/12/20 14:49】 URL | ヤン #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4639-c500c538
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |