岡崎慎司も香川真司もスタメン出場し岡崎は1得点。岡崎が活きる攻撃をしていたウエスカ。インテンシティで負けていたサラゴサ。岡崎も香川もシーズンの後半戦での更なる活躍に期待したい。 【 ウエスカ vs サラゴサ 】
試合 :ラ・リーガ2部 第21節
開催日:2019年12月22日
結果 :ウエスカ勝利
スコア:「2-1」
得点者:岡崎慎司 ソロ ジョスエ


★ 個の能力としての課題。「3-4-2-1」(「5-4-1」)で戦う場合の問題点。森保監督の采配について。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。韓国戦。2019年12月18日。EAFF E-1サッカー選手権 第3戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。香港戦。2019年12月14日。EAFF E-1サッカー選手権 第2戦。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。中国戦。2019年12月10日。EAFF E-1サッカー選手権 第1戦。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!


このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
■ 【 ウエスカ 】

FW 岡崎慎司
MF S・ゴメス ユージェニ ミケル・リコ フェレイロ
MF モスケラ
DF ルイジーニョ プリド ジョスエ ペドロ・ロペス
GK A・フェルナンデス

FW 岡崎慎司
MF フェレイロ ユージェニ フアン・カルロス ラバ
MF モスケラ
DF ルイジーニョ プリド ジョスエ ハビ・ガラン
GK A・フェルナンデス


■ 【 サラゴサ 】

FW L・スアレス
MF 香川真司 プアド ソロ
MF エグアラス ラウル・グティ
DF ニエット クレメンテ ギティアン デルマース
GK ラトン

FW L・スアレス
MF プアド 香川真司 ソロ
MF エグアラス ラウル・グティ
DF ニエット クレメンテ ギティアン デルマース
GK ラトン

FW L・スアレス
MF イグべケメ プアド ソロ
MF エグアラス ラウル・グティ
DF ニエット クレメンテ ギティアン デルマース
GK ラトン

FW L・スアレス ソロ
MF 
MF イグべケメ ハビ・ロス
DF ニエット クレメンテ グリッポ ラウル・グティ
GK ラトン


■ 岡崎慎司も香川真司もスタメン出場し岡崎は1得点。

前半16分のS・ゴメスからのクロスを岡崎が決めたシーンはオフサイドだったが、前半20分、再びS・ゴメスから岡崎にクロスが入り、それはオフサイドにはならずに岡崎が決めてウエスカが先制点。そして、前半46分にはプアドからのパスを受けたソロが決めてサラゴサが同点に追い付いたが、それでも流れはサラゴサには傾かず、後半24分、セットプレー、ファーサイドでモスケラが折り返したボールをCBのジョスエがヘディングで決めてウエスカが2点目。その後、サラゴサは2人の退場者を出し、アラゴン・ダービー、シンジ・ダービーともなった今節の試合は、岡崎の得点もあったウエスカが勝利を収めた。


■ 岡崎が活きる攻撃をしていたウエスカ。

岡崎がスタメンではなかった最初の試合は勝利したが、その後の2試合はスコア「0-2」で負けていて、今節の試合に向けて岡崎を休ませていた、という可能性もあるが、やはり、エスクリーチェと岡崎では、攻守においてパフォーマンスに差があると思う。効果的なプレーができている回数には差があるので。そして、この試合のウエスカについては、いつもよりもシンプルにクロスを岡崎に合わせていくような攻撃が多く、それが機能していたし、それが岡崎の得点、活躍にもつながっていたと言えると思う。ハイプレス、高速トランジションで主導権を握り続け、この試合は、スコア以上のウエスカの快勝だったと思う。


■ インテンシティで負けていたサラゴサ。

一方のサラゴサは、最近は調子を取り戻していたのだが、最初は香川が左SH、プアドがトップ下、そして、途中から香川がトップ下、プアドが左SH、と変えて相手を惑わせる作戦も成功せず、前半の終了間際には上手く一瞬の隙を突いて1点は奪ったが、完全にウエスカのハイプレス、高速トランジションに負けてしまい、後半の終盤には2人も退場者を出してしまったし、スコア「2-2」の同点にできるチャンスもあったが、内容的にも負けていたと思う。そういう意味では、サラゴサも、もう少しインテンシティを高くして、特に守備面の強度を高めないと、今の感じだと、昇格できるかどうかギリギリな感じがする。


■ 岡崎も香川もシーズンの後半戦での更なる活躍に期待したい。

岡崎については、2部は試合数も多いし、プレースタイルからも、先発フル出場をシーズン通して、という事は難しいとは思うのだが、フィジカル・コンディションが良ければ、そして、この試合のような岡崎が活きるような攻撃をチームを続けてくれれば、間違い無く良いパフォーマンスを発揮できると思うので、そうである事に期待したい。そして、香川に関しては、後半12分での交代は、やや早過ぎたかなとは思うが、フィジカル・コンディションの事もあるし、ウエスカのインテンシティの高い守備に苦戦していた印象もあったので、という感じだったが、バーを叩く惜しい直接FKもあったし、そこまで悪いパフォーマンスだったとは思わないので、この試合は残念だったが、シーズンの後半戦も期待したい。


このブログは皆様の応援で継続されています。
「参考になった」「面白かった」「賛同できる」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


★ 個の能力としての課題。「3-4-2-1」(「5-4-1」)で戦う場合の問題点。森保監督の采配について。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。韓国戦。2019年12月18日。EAFF E-1サッカー選手権 第3戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。香港戦。2019年12月14日。EAFF E-1サッカー選手権 第2戦。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。中国戦。2019年12月10日。EAFF E-1サッカー選手権 第1戦。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

関連記事
【2019/12/23 11:35】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<ウエスカと岡崎慎司の2019-20シーズン前半戦を考察。 | ホーム | 久保建英は7試合連続スタメン出場。攻撃も守備も3枚の関係性でやれるようにしたい。久保は攻撃に関しては良いパフォーマンスだった。 【 マジョルカ vs セビージャ 】>>
コメント
ご苦労さまでございます。

全てが整った中で最高の試合になったと思います。

サラゴサはどっちかというとポゼッション向きのチームかなと。
プレッシングを回避して、早めにフィードを前へつけたくて香川を替えたのか、でもうまくいきませんでしたね。

かえって展開を落ち着ける場所がなくなって、ウエスカペースの動きのある時間帯が増えてしまっと思います。(退場者も二人出ましたし)

2部なんで望む補強は難しいでしょうけど、上下動できる中盤と、セカンドストライカーみたいな選手が獲れると面白いかなと。
442のSHでの香川は結構いいなと感じました。
【2019/12/23 21:41】 URL | きゃらばん #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4642-a26cd002
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |