サラゴサと香川真司の2019-20シーズン前半戦を考察。
1つ大きな出来事だったのは、ドゥワメナが病気でプレーできなくなってしまった事で、L・スアレスとドゥワメナが2トップ、その下、トップ下の位置に香川、という「4-3-1-2」で好スタートを切ったが、ドゥワメナの離脱をターニングポイントにサラゴサも香川もパフォーマンスが低下。攻撃的なサッカーを志向している事もあり、ドゥワメナの離脱で攻撃力が下がってしまうと、守備力の低さを攻撃力の高さで補えなくなり、開幕からの数試合の好調さはどこへ、という状態にサラゴサはなってしまった。そして、チーム状態がそうなると時期を同じくして、香川のパフォーマンスもフィジカル・コンディションに問題が発生するなどして低下。システム変更も試みたが、なかなかチームは復調しなかった。


★ 森保ジャパンの問題点とそれを解決するための方法。南アフリカW杯の時の岡田ジャパンもヒントになる。まずはゾーンプレスディフェンスを機能させるべし。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 個の能力としての課題。「3-4-2-1」(「5-4-1」)で戦う場合の問題点。森保監督の采配について。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。韓国戦。2019年12月18日。EAFF E-1サッカー選手権 第3戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。香港戦。2019年12月14日。EAFF E-1サッカー選手権 第2戦。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。中国戦。2019年12月10日。EAFF E-1サッカー選手権 第1戦。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!


このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
しかし、そもそも「4-3-1-2」と「4-2-3-1」を使い分けながら戦っていたが、「5-3-2」や「4-1-2-3」はしっくりとこず、イグべケメを左SHで起用した「4-2-3-1」にしたぐらいから復調の兆しが見え始め、そして、プアドの加入によって再び攻撃力を取り戻すと、一時期の低迷からは脱出。少し遅れて香川のフィジカル・コンディションも良くなり、第20節と第21節の2試合ではスタメンに復帰。まだ香川はフル出場できるような感じではないが、上昇気配を感じさせて今季の前半戦を終える事ができた。第21節のアラゴンダービー、岡崎と香川のシンジダービーともなったウエスカ戦は敗れてしまったが、順位的には好位置を保っており、まだ昇格の可能性は高いと言える。

香川については、そもそも香川が好調なパフォーマンスを発揮するのはシーズンの半分ぐらいである傾向が昔からあるし、近年は慢性的な怪我も抱えるようになっていると思うので、シーズンの後半も好不調の波がありながら、という感じになるのではないかと個人的には予想するが、フィジカル・コンディションが好調であれば、攻守両面でチームを牽引するような高いパフォーマンスを発揮できる選手であるのは間違い無く、チームへのフィット感、連携力、そこはシーズンの後半になれば更に高まってくると思うので、そういう意味でも期待できると思う。ひたすら相手のDFラインとMFラインの間で縦パスを受ける、という一辺倒では厳しくなると思うが、おそらくは、そのあたりも改善されてくると思うので。

ただ、香川とチーム、という事では、ポンボとパプナシュヴィリもそうなのだが、プアドも左SHとトップ下の両方でプレーできる選手で、特にプアドはトップ下でも良いパフォーマンスを発揮しているので、香川とプアド、どちらをトップ下にした方が良いのか、あるいは、どちらを左SHにした方が良いのか、という問題は発生しているように思う。それから、チームとしては、クロスに対する守備が弱かったり、全体的に守備の強度、インテンシティが、昇格を達成するためには少し足りない感じがあったりするので、そこの改善は必須になっているような気がする。香川にしても、インテンシティの高い試合の中で、どれだけ持続的に良いパフォーマンスを発揮できるのか、そこが鍵になってくると言えると思う。


このブログは皆様の応援で継続されています。
「参考になった」「面白かった」「賛同できる」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


★ 森保ジャパンの問題点とそれを解決するための方法。南アフリカW杯の時の岡田ジャパンもヒントになる。まずはゾーンプレスディフェンスを機能させるべし。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 個の能力としての課題。「3-4-2-1」(「5-4-1」)で戦う場合の問題点。森保監督の采配について。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。韓国戦。2019年12月18日。EAFF E-1サッカー選手権 第3戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。香港戦。2019年12月14日。EAFF E-1サッカー選手権 第2戦。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。中国戦。2019年12月10日。EAFF E-1サッカー選手権 第1戦。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

関連記事
【2019/12/25 11:35】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<デポルティーボと柴崎岳の2019-20シーズン前半戦を考察。 | ホーム | ウエスカと岡崎慎司の2019-20シーズン前半戦を考察。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4644-7c696ae0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |