AFC U23選手権のメンバーについて。これからは増々以って即興性という能力を高めないと難しくなってくると思う。
小島亨介 大迫敬介 谷晃生
古賀太陽 立田悠悟 渡辺剛 町田浩樹 岡崎慎 橋岡大樹
杉岡大暉 菅大輝 遠藤渓太 相馬勇紀
田中碧 松本泰志 田中駿汰 齊藤未月
森島司 旗手怜央 食野亮太郎 田川亨介
小川航基 上田綺世


★ 選手評価。U22ジャマイカ戦。2019年12月28日。国際親善試合。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ ボローニャと冨安健洋の2019-20シーズン前半戦を考察。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 森保ジャパンの問題点とそれを解決するための方法。南アフリカW杯の時の岡田ジャパンもヒントになる。まずはゾーンプレスディフェンスを機能させるべし。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 個の能力としての課題。「3-4-2-1」(「5-4-1」)で戦う場合の問題点。森保監督の采配について。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。韓国戦。2019年12月18日。EAFF E-1サッカー選手権 第3戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。香港戦。2019年12月14日。EAFF E-1サッカー選手権 第2戦。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。中国戦。2019年12月10日。EAFF E-1サッカー選手権 第1戦。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!


このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
海外でプレーする選手が増える=個の力が上がる、という事ではあるが、海外でプレーする選手が増える=代表への招集が難しくなる、という事でもあるから、そのジレンマへの対応は避けられないと言えると思う。ただ、そこに関しては2つ思う事があって、1つには、近年は日本人選手の海外への移籍数が一気に増えた、特に若い世代の選手たちの欧州クラブへの移籍数は、ここ数年で一気に増えたので、という事と、2つには、東京五輪に出場したいから海外のクラブへ移籍した選手も多いと思うのだが、という事。

日本人の若い世代の選手たちの欧州クラブへの移籍数が増えた理由は、欧州クラブの青田買いで儲けたい思考が拡大している、特に今の日本人選手たちは獲得費用が安いので、売る時には大なり小なり儲けを出せる可能性が高く、という事であると思うのだが、とにかく、一気に増えたのは予想外で、それは4年前や3年前には予想できなかった事であるから、それでチーム作りのプランが崩れてしまった、という難しさが東京五輪チームには生まれていると思う。兼任による難しさよりも、そこの難しさの方が大きいと思う。

それから、東京五輪に出場したいから海外のクラブへ移籍した選手も多いと思うのだが、という事についても、海外のクラブへ移籍した事によって代表への招集に応じ難くなってしまう、というのは、おそらく選手たちにしても想定外になっていると思うし、それで連携面の不足が理由で東京五輪のメンバーに選ばれなかったとしたら、本末転倒になってしまう選手もいると思うし、やはり個の力不足は、そのチームのポテンシャルの最大値を下げてしまうと思うから、メダルを狙うには、それだと難しくなってしまうと思う。

そういう意味では、今回の「AFC U23選手権」に、ほぼ海外組の選手たちを招集できなかったのは、かなり痛い。やはり、想定してきたプラン的にもタイミング的にも、ここで森保監督が考えるベストメンバーを招集して、という事はあったと思う。招集できる可能性が高いメンバーでのチーム作りを進めた方が良いのか、あくまでも海外組の選手たちをファーストチームだと考えての五輪での戦いを想定した方が良いのか、その二者択一は難しい。もはやそこは、結果論のみで、というぐらいの難度があると言える。

ただ、1つ言える事は、増々以って代表チームというのは、即興性が重要になってきている、そして、大会前の完成度や成熟度も重要だが、それと同じぐらい、大会が始まってから、大会中にいかに完成度や成熟度を上げられるのか、という事も重要な要素であり、そうである事を考えると、個人的には、あくまでも海外組の選手たちをファーストチームだと考えて、という方が良いような気がしている。結果もそうだが、即興性という能力を高める、そのためにも、と思う。結局はフル代表でも、その能力は重要になるので。


このブログは皆様の応援で継続されています。
「参考になった」「面白かった」「賛同できる」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


★ 選手評価。U22ジャマイカ戦。2019年12月28日。国際親善試合。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ ボローニャと冨安健洋の2019-20シーズン前半戦を考察。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 森保ジャパンの問題点とそれを解決するための方法。南アフリカW杯の時の岡田ジャパンもヒントになる。まずはゾーンプレスディフェンスを機能させるべし。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 個の能力としての課題。「3-4-2-1」(「5-4-1」)で戦う場合の問題点。森保監督の采配について。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。韓国戦。2019年12月18日。EAFF E-1サッカー選手権 第3戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。香港戦。2019年12月14日。EAFF E-1サッカー選手権 第2戦。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。中国戦。2019年12月10日。EAFF E-1サッカー選手権 第1戦。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

関連記事
【2019/12/30 11:35】 | 東京五輪日本代表 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<今年のサッカー、あるいは、今年の日本のサッカーから感じた3つのキーワード。 | ホーム | ジャマイカ戦(U22) 【 やろうとしてできる試合と、やろうとしてもできない試合。戦い方は、ほぼ確立されている。戦い方の問題点、鍵になる部分というのは同じ。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4649-19ab1cf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |