U23森保ジャパンに求めたい3つの改善。
小島亨介 大迫敬介 谷晃生
古賀太陽 立田悠悟 渡辺剛 町田浩樹 岡崎慎 橋岡大樹
杉岡大暉 菅大輝 遠藤渓太 相馬勇紀
田中碧 松本泰志 田中駿汰 齊藤未月
森島司 旗手怜央 食野亮太郎 田川亨介
小川航基 上田綺世


★ 選手評価。サウジアラビア戦(U23)。2020年1月9日。AFC U23選手権 グループステージ 第1戦。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。U22ジャマイカ戦。2019年12月28日。国際親善試合。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ ボローニャと冨安健洋の2019-20シーズン前半戦を考察。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!


このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
■ ゴリゴリいけ。

上手くプレーしようとすると、上手くプレーできない。特に日本の選手たちには、上手いプレーをしよう、という傾向が強くあり、特に若い世代の選手たちというのは、そういう傾向が強くなればなる程、勝てなくなる。1対1では必ず勝負。シュートは打たなければ入らない。基本的には、まずはゴリゴリいって、それでダメなら考えれば良い。結局は、中途半端な上手さは通用しない。単発的に上手さを発揮しても、それは連続的にプレーできる事に劣る場合が多い。上手さで勝とうとするのではなく、戦って勝たないと勝てない。


■ 相手よりも多く速く動け。

運動量や走力だけの事を言っているのではない。特にはポジショニングであるが、あらゆるアクション、あらゆるリアクションにおいて、それが相手よりも多く速く、そこが上回っていないと勝てない。プレーの強度、インテンシティとは、デュエルのところ、競り合いのところ、そこだけを指しているのではない。常に優位性を保つために、相手よりも多く速く動けているのか、あらゆるアクション、あらゆるリアクションにおいて、それが相手よりも多く速く、という状態になっているのかどうか、そこも、かなり重要なファクター。


■ DFが得点を取れ。

3CBだけではなく、2WBも含めた5枚の事。クロスの時には、常に逆サイドのWBも相手のPA内に入って得点を取ろうとする、ぐらいでなければ攻撃は厳しくなる。更には、特に3CBの場合には、攻撃の時にはCBの1枚がSB化したりボランチ化したり、あるいは、CF化したり、という事でなければ攻撃は厳しくなる。ある意味では、CBがミドルシュートや相手PA内への侵入によって得点を奪う、というのは、必須な事あるとも言える。もちろん、セットプレーでの得点もそう。守ってパスを出したら終わり、ではない。


このブログは皆様の応援で継続されています。
「参考になった」「面白かった」「賛同できる」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


★ 選手評価。サウジアラビア戦(U23)。2020年1月9日。AFC U23選手権 グループステージ 第1戦。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。U22ジャマイカ戦。2019年12月28日。国際親善試合。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ ボローニャと冨安健洋の2019-20シーズン前半戦を考察。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

関連記事
【2020/01/11 11:35】 | 東京五輪日本代表 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<シリア戦(U23) 【 ゴリゴリやらないと。動きも少なくプレースピードも遅い。3CBの仕事は守ってパスを出したら終わりではない。 】 | ホーム | サウジアラビア戦(U23) 【 ミラーゲームにしてきたサウジアラビア。1つのミスで敗戦した日本。合格点は食野だけだった。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4661-5e94d91a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |