皆様への質問。森保ジャパンと個の力について。
質問は全部で3問あります。
全ての質問に御答えいただかなくても構いません。
1つだけでも大歓迎ですので、
ぜひ、あなたの御意見を、お聞かせください。


★ 森保ジャパンのようだったヌマンシア。後半は対応してきたサラゴサ。香川真司の出場は無かったが興味深い試合だった。 【 サラゴサ vs ヌマンシア 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ クオリティの高さを持った個が、パターン化された中から生み出すもの、あるいは、パターン化を崩して生み出すもの、それが前提となるもの、欠かせないものであり、そこを軽視してしまうと成り立たない。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ なぜ結局は「個の力」なのか。そして日本のサッカーに欠けているチーム作りの重要なポイントとは。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!


このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 Q1 】 あなたが思う現時点での東京五輪代表メンバー18名を教えてください。できれば選出理由も、お願いします。



【 Q2 】 「組織を機能させるための個の力」「連携を生むための個の力」とは、どういう個の力だと思いますか?



【 Q3 】 「サラゴサ vs ヌマンシア」のヌマンシアは、まるで森保ジャパンでした。森保ジャパンの戦い方の問題点は、どこにあると思いますか?



それでは、前述も致しましたが、1つでも2つでも構いませんので、
コメントにて御意見をお寄せいただけると嬉しいです。
ぜひとも宜しくお願い致します。
尚、表示は許可制となっていますので、
表示されるまでに時間があります事を御了承下さい。
また、コメントに対してのコメントは表示致しませんので、
御理解の程、宜しく御願い致します。
今回も私からの返信は致しませんので、
自由に思うがままコメントをしていただけると嬉しいです。


このブログは皆様の応援で継続されています。
「参考になった」「面白かった」「賛同できる」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


★ 森保ジャパンのようだったヌマンシア。後半は対応してきたサラゴサ。香川真司の出場は無かったが興味深い試合だった。 【 サラゴサ vs ヌマンシア 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ クオリティの高さを持った個が、パターン化された中から生み出すもの、あるいは、パターン化を崩して生み出すもの、それが前提となるもの、欠かせないものであり、そこを軽視してしまうと成り立たない。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ なぜ結局は「個の力」なのか。そして日本のサッカーに欠けているチーム作りの重要なポイントとは。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

関連記事
【2020/01/30 11:50】 | 皆様への質問 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
<<「バルサらしさ」という事に苦しんだ監督エルネスト・バルベルデ。 | ホーム | 乾貴士はスタメン出場。乾は後半22分に交代。攻撃面でエンジンに火が付かない乾。 【 セルタ vs エイバル 】>>
コメント
【 Q1 】 あなたが思う現時点での東京五輪代表メンバー18名を教えてください。できれば選出理由も、お願いします。
CF 大迫(OA)
ST 堂安 久保
WB 杉岡 橋岡
DM 柴崎(OA) 齊藤未月
DF 板倉 中山 富安
GK 大迫
Sub 小島 田中碧 菅原 相馬 安部 三好 前田

まずCFから。東京五輪世代に大きな飛躍がなければ大迫一択かなと思います。個人的には小川航基は近年日本が悩んでる大迫2世として、上田綾世にはこれまでの日本にはあまりいなかった純血ストライカーとして期待していて、上田綾世、小川航基共にに出て欲しい気持ちで一杯ですが、現状納得できるような活躍は出来ていません。この二人の代わりに大迫の控えに入ってもらったのは前田大然です。「スピード」、この一つの「個」の力だけで2012年ロンドン五輪の永井の様な戦法をとれると共に守備への貢献度、献身性も優れていると思います。ただ大迫と代わるのではなく、大迫と一緒に1.5列目にも出れることも評価できます。
堂安、久保、安部は言わずもがな。この3人を超えるクオリティ、メンタル、インテリジェンスを兼ね備えている選手は今のところ東京五輪世代にはいないと断言出来ます。食野もいいのですが、普段活躍しているチームやリーグ、守備のインテンシティなどの理由からこの3人に割って入れないですし、基本的にドリブルでチャンスメイクする印象が強い上記の4人全員を選ぶより、パスでのチャンスメイクもできる三好を控えに加えました。
WBは単純に守備力。この前のU-23アジア選手権ではここから相手の守備を崩せなく、批判されたりしたと思いますが、五輪本番の南米や欧州のチーム相手なら引いて守ることの方が多いと思うので、CBも兼任できる守備力があり、外国人に負けないフィジカルを持つ杉岡と橋岡の両サイドとなっております。相手が引いて守ったり、どうしても責めないといけないときのために両サイドできて攻撃的な相馬と菅原が控えです。
ボランチは柴崎岳と齊藤未月。この世代の唯一の弱点と言ってもいいのがゲームメイカーの不在だと思います。自分には前線の「個」の弱さではなく、ゲームコントロール、戦術の方向性から長短、遅攻速攻の使い分け、ビルドアップの甘さの方が目立ったU-23アジア選手権だと言えます。言い出したらキリがないですが、タレント溢れる前線と屈強なディフェンス陣を繋ぐコンダクターとして柴崎岳、柴崎に足りない守備の部分で齊藤未月という布陣です。柴崎のポジションは大島僚太でも面白いと思います。田中碧は川崎のパスサッカーの体現者として、トゥーロンのブラジル戦の様な活躍を期待しています。
DFは海外で活躍する3人を並べました。余ったOA枠をここに使うのも考えましたが、この3人に経験値を積ませるのを優先しました。全員DMもできるのも魅力ですね。杉岡と橋岡は控えを兼任します。
GKはやはりJ1でレギュラーで出てる大迫で問題ないかと。余ったOA枠はここでもいいのですが(呼ぶなら代表復帰のため、中村航輔か引率役の川島永嗣)あとは年長者でチームキャプテンだった小島かなと思いました。

【 Q2 】 「組織を機能させるための個の力」「連携を生むための個の力」とは、どういう個の力だと思いますか?
「組織を機能させるための個の力」を考えたときに当たり前ですが、「組織」は「個」の集合体であり、「個」はどうあっても「組織」の一部です。ですので、その選手自身しか持ち合わせていない武器、スペシャリティが出発点となり、のちに組織の大きな歯車になるのではないでしょうか。違う言葉で言うと個人の長所がでなければ組織として輝けない。あまり上手く言えませんが、結論を言うと「組織を機能させるための個の力」は個々のストロングポイントであり、それをまとめる監督やキャプテン、ゲームメイカーのインテリジェンスだと思います。似たように「連携を生むための個の力」は「組織を機能させるため」どうまとめ、プレーに落とし込むかのインテリジェンスであり、それを「個」に伝えるコミュニケーション能力、キャプテンシーだと自分は思います。

【 Q3 】 「サラゴサ vs ヌマンシア」のヌマンシアは、まるで森保ジャパンでした。森保ジャパンの戦い方の問題点は、どこにあると思いますか?
「サラゴサ vs ヌマンシア」は残念ながら見れていないのですが、森保ジャパンの戦い方の一番の問題点としてはユーティリティー性の欠如だと自分は思います。ここで言うユーティリティー性はポジションを複数できると言う意味のユーティリティー性ではなく、相手の出方、戦術に対しての柔軟さの意味のユーティリティー性です。サッカーという競技は相手ありきなのでどうしても相手がどのようなプレーをしてそのリアクションをしないといけません。逆も然りです。自分、自チームのプレーに対して相手は何かしらのリアクションをとります。森保ジャパンは選手、監督共に相手のリアクションに対しての回答にアイデアがなく、複数ポジションなどできるはずなのにそのユーティリティー性を活かさず柔軟性に欠ける試合を多く行っているように思えます。じゃあ監督が相手のリアクションを想定した戦術を立てればいい、やパターン化すれば良いと言うかもしれませんが、常に戦況が変わる今のサッカーのピッチ上で監督の考えを待ったり、一貫性しかないパターン化された攻撃が通用するのかと言われたら自分は疑問に思います。
最近多い「森保監督の戦術がない」と監督一人の責任にするのではなくて、プレーのユーティリティー性、柔軟さは各選手たちも常に高めていかないといけないスキルだと思うので述べさせてもらいました。

長文失礼しましたー
【2020/01/31 15:59】 URL | T41GA #-[ 編集] | page top↑
【 Q1 】

GK:大迫、小島
CB:遠藤(OA)、冨安、板倉
SB:橋岡、杉岡、相馬
DH:柴崎(OA)、中山、田中碧、齋藤未月
OH:堂安、食野、久保
FW:大迫(OA)、小川、前田

CBとSBはとにかく複数ポジションをこなせるメンバーを軸に構成。守備を基調とし、攻撃的に出るときの切り札として相馬というイメージ。まずは引いてしっかり守れるメンバーを想定(セットプレー含む)。ボランチは柴崎と田中碧をメインに、攻撃的カードとして齋藤美月場合によって追加。

OHは堂安と久保のコンビを軸に、突破力のある食野。
FWは大迫ワントップ軸に、比較的万能タイプの小川と縦にはやい前田をチョイス。

【 Q2 】 → ドリブルやアジリティ、トラップ技術を高いレベルで持った上での、効果的で早い判断力。どんな技術を持っているかより、自分の技術をチームのなかでどう効果的に使えるか。

【 Q3 】 
攻撃時のバリエーションの少なさ。近くにいる選手を意識し過ぎて遠くの選手を見れない視野の狭さ、あるいは遠い選手へ送るパスの精度の低さ。
守備時のボールの取り所が決まってない。5バック時にボールホルダーにプレスできず、ずるずるラインが下がる悪い癖。約束事がはっきりとしていない。
【2020/01/30 18:55】 URL | Marlon #-[ 編集] | page top↑
【 Q1 】→森保監督という前提でごく普通に、なんの捻りもなく4-2-3-1で選出。3バック2シャドーにも対応可能ではあるけど理由なくやる必要なし。
☆→スタメン候補

GK:☆大迫、小島
CB:☆吉田(OA)、☆冨安、板倉
SB:☆橋岡、☆杉岡、相馬
DH:☆柴崎(OA)、☆中山、田中碧
OH:☆堂安、☆三好、☆食野、阿部、久保
FW:☆大迫(OA)、小川

GKは消去法。
CBは海外から3名。中山や橋岡も対応可能。
SBはWBがメインでないならこの2人でよし。セットプレーでの高さ含めてしっかり守れてWBだと課題の突破力も問題になりにくい。オフェンシブにいくなら相馬を抜擢。冨安や中山も対応可能。
DHは板倉をここで使うのもあり。中山は悩ましいが戦力より人のバランスで必要か。
OH3枚はこの5人に縦に強い相馬。
FWの控えは小川か前田か悩ましかったが、個で打開する可能性が強い小川に。

【 Q2 】 → 思考力、個人戦術力、言語化能力&コーチングやリーダーシップ

【 Q3 】 → 3-4-2-1をメインでやるなら、そのための選手選考になっておらず、チームが機能していないこと。森保監督が指揮する試合で今日はどうしようもないな、って試合はすべて3バック。相手の対策よりも自分たちの動きの確認で精一杯な印象が強い。4バック時はA代表、U-22のコロンビア後半戦やカタール戦後半などそこまでひどくない。(4バック時がとてもよい訳ではないが)。
【2020/01/30 17:54】 URL | tete #-[ 編集] | page top↑
A1
GK:大迫
CB:冨安、中山雄太、板倉
DM:遠藤航(OA)、柴崎岳(OA)
WB:相馬、杉岡
ST:堂安律、久保建英
CF:大迫勇也(OA)

控え:小島、橋岡、田中駿太、齊藤未月、安部裕葵、三好、前田大然

CFにはオーバーエイジが必要。大迫がダメでも岡崎を招集する。個人的にはディフェンスラインの安定よりもその前。ボランチを安定させ、中央を安定させたい。試合中の修正含めてリーダーシップも期待する。

ゴールキーパーは大迫、小島、オビの中から選ぶしかない。
3バックは冨安は確定。板倉と中山雄太と田中駿太と橋岡の中から2人選ぶ。個人的に田中駿太には期待していて、札幌でレギュラー取れれば3バック(中央)でスタメンでも。
ボランチはオーバーエイジが軸。田中駿太と中山雄太が次点。
ウイングバックは相馬と杉岡。相馬は攻守で実力を示したし、杉岡はこれまでを考えて、コンディションを上げれば世代では一番だと思う。
シャドーは堂安律、久保建英、安部裕葵、前田大然、齊藤未月
前田はロンドンの永井のように。
齊藤未月はシャドーでもボランチでも途中出場で運動量を。
1トップは大迫勇也が呼べるのであれば絶対。
【2020/01/30 15:27】 URL | #-[ 編集] | page top↑
大迫 前田・・・OA大迫は絶対選びたいですね。
久保 安部 堂安 食野・・・特に理由なし
原口 相馬 橋岡 菅原・・・杉岡が落第点だったのでOA原口を選びました。
田中碧 斎藤・・・ボランチは板倉や冨安もできると思うので枠的に二人に。
吉田 冨安 板倉 立田・・・CBはあの予選でだれが良かったのかが分からなかったためOA吉田を選びました。立田のところは正直今後の活躍次第ですぐ変わると思います。
小島 大迫・・・特に理由なし
【2020/01/30 12:38】 URL | とわ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4678-bb48aa2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |