香川真司は後半36分から出場。新加入選手が3人出場。国王杯のR・マドリード戦では良いパフォーマンスを見せた香川だが。 【 カディス vs サラゴサ 】
試合 :ラ・リーガ2部 第26節
開催日:2020年2月2日
結果 :引き分け
スコア:「1-1」
得点者:ソロ アレックス


★ 柴崎岳は先発フル出場で6連勝に貢献。気になる左サイド。左WBのモジェホからのクロスを右WBのボヴェダ。「5-4-1」だったのか「5-3-2」だったのか。柴崎のパフォーマンスを大きく引き上げているアグレッシブさ。森保ジャパンでも必要な事とは。 【 デポルティーボ vs ラス・パルマス 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 森保ジャパンのようだったヌマンシア。前半のサラゴサが苦戦した理由。後半は対応してきたサラゴサ。後半のサラゴサはどう修正したのか。香川真司の出場は無かったが興味深い試合だった。森保ジャパンについても言える同じ事。 【 サラゴサ vs ヌマンシア 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ クオリティの高さを持った個が、パターン化された中から生み出すもの、あるいは、パターン化を崩して生み出すもの、それが前提となるもの、欠かせないものであり、そこを軽視してしまうと成り立たない。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ なぜ結局は「個の力」なのか。そして日本のサッカーに欠けているチーム作りの重要なポイントとは。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!


このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
■ 【 サラゴサ 】

FW L・スアレス
MF プアド イグべケメ ラウル・グティ ソロ
MF エグアラス
DF ニエット エル・ヤミク ギティアン ビガライ
GK C・アルバレス

FW L・スアレス
MF ソロ プアド ラウル・グティ
MF ダニエル・トーレス エグアラス
DF ニエット エル・ヤミク ギティアン ビガライ
GK C・アルバレス

FW A・ペレイラ
MF プアド 香川真司 ラウル・グティ
MF ダニエル・トーレス エグアラス
DF ニエット エル・ヤミク ギティアン ビガライ
GK C・アルバレス


■ 香川真司は後半36分から出場。

カディスが「4-2-3-1」あるいは「4-4-2」、サラゴサが「4-1-4-1」だったので、お互いに守備の方が1枚多い状態である、という事でのシステムな有利不利は無い状態。という事で前半はスコアレスで終了。そして後半は、カディスが「4-2-3-1」あるいは「4-4-2」のままだったが、サラゴサは「4-2-3-1」あるいは「4-4-2」へと変更。従って、システムな有利不利は無い、という部分は同じなのだが、お互いに守備の方が1枚多い状態ではない、というように変わったので、より殴り合いの感じにはなり、後半1分、エル・ヤミクのロングフィードでソロが抜け出しサラゴサが先制点を奪ったのだが、後半36分に香川が入った後の後半39分、右サイドをドリブルで突破され、PA内でエグアラスが倒してしまってカディスのPK。という事での引き分けだった。


■ 新加入選手が3人出場。

アティエンサがウォーミングアップ中に負傷した、という事で、新加入のエル・ヤミクが出場していたが、1アシストなど、割と良いパフォーマンスだったと思う。グリッポとラスーレを放出したので、クレメンテを左CBと左SBの両方で、という感じになったのかもしれない。他には、ダニエル・トーレスとA・ペレイラが加入したが、ハビ・ロスが怪我したので、ダニエル・トーレスはボランチの1枚として、そして、A・ペレイラはFWやSHで、という感じだが、まだA・ペレイラとダニエル・トーレスは良いのかどうかわからない。ダニエル・トーレスはハビ・ロスとは違うタイプであるように思うし、まだA・ペレイラは特長なり良さがわからない。前回は右SH、今回は1トップの位置でプレーしたが、どちらかと言えば守備的な意図での投入であるような感じがしたが、どうだったのだろうか。


■ 国王杯のR・マドリード戦では良いパフォーマンスを見せた香川だが。

香川については、結果はスコア「0-4」での敗戦だったが、国王杯のR・マドリード戦では良いパフォーマンスを見せて、今回の試合、スタメンはともかく、途中出場で、という事には少し期待していたのだが、後半36分に投入されて後半39分に失点と、悪い流れの中でのプレーとなってしまい、1つ2つぐらいは良いプレーも見せたのだが、残念ながら、あまり良い活躍は見せられずに試合が終わってしまった。ただ、決定力はともかく、国王杯のR・マドリード戦ではシュートへの意欲が高く、フィジカル・コンディションも良さそうだったので、シーズンの後半戦はスタートしたばかり、まだ巻き返しには期待できるような気がする。プアドやソロが調子を落としたりする事もあると思うし、イグべケメは中央よりもサイドで使った方が良いと思うので、本当にそこは香川次第という事になると思う。


このブログは皆様の応援で継続されています。
「参考になった」「面白かった」「賛同できる」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


★ 柴崎岳は先発フル出場で6連勝に貢献。気になる左サイド。左WBのモジェホからのクロスを右WBのボヴェダ。「5-4-1」だったのか「5-3-2」だったのか。柴崎のパフォーマンスを大きく引き上げているアグレッシブさ。森保ジャパンでも必要な事とは。 【 デポルティーボ vs ラス・パルマス 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 森保ジャパンのようだったヌマンシア。前半のサラゴサが苦戦した理由。後半は対応してきたサラゴサ。後半のサラゴサはどう修正したのか。香川真司の出場は無かったが興味深い試合だった。森保ジャパンについても言える同じ事。 【 サラゴサ vs ヌマンシア 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ クオリティの高さを持った個が、パターン化された中から生み出すもの、あるいは、パターン化を崩して生み出すもの、それが前提となるもの、欠かせないものであり、そこを軽視してしまうと成り立たない。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ なぜ結局は「個の力」なのか。そして日本のサッカーに欠けているチーム作りの重要なポイントとは。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

関連記事
【2020/02/03 11:41】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<乾貴士は先発フル出場。チーム状態は上向きになってきてはいるが。PK獲得で1アシストするも2回の決定機で決められなかった乾。 【 エイバル vs ベティス 】 | ホーム | 久保建英は後半14分から出場。攻撃も守備もハーフスペースが鍵だと思う。攻撃を活性化させ3本のシュートを放った久保だが。 【 マジョルカ vs バジャドリード 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4682-85e8ffa0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |