ハイプレスで主導権を握ったベティス。セットプレーからも得点を生むメッシ。攻撃は「戦術メッシ」の威力。 【 ベティス vs バルセロナ 】
試合 :ラ・リーガ 第23節
開催日:2020年2月9日
結果 :バルセロナ勝利
スコア:「2-3」
得点者:カナーレス(PK) F・デ・ヨング フェキル ブスケツ ラングレ


★ 柴崎岳は先発フル出場で7連勝に貢献。新戦力も活躍。勝ちパターンが生まれている。機能性を高めている重要なポイントの1つ。柴崎とノラスコアインになってから機能している理由。柴崎のプレーは変化または進化している。 【 アルコルコン vs デポルティーボ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 香川真司はスタメン出場だったが前半36分で交代。L・スアレスと香川とプアドの関係性。サラゴサの攻撃について。更にサラゴサの攻撃について。サラゴサの守備について。なぜ香川は前半36分で交代となったのか。 【 サラゴサ vs フエンラブラーダ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 岡崎慎司はベンチスタート。ウエスカが苦戦した理由は前節と同じ。岡崎は後半9分から出場。最後まで耐え切れず。そこまで悪くはないパフォーマンスだった岡崎。森保ジャパンぽい事がウエスカもできれば。 【 ジローナ vs ウエスカ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 岡崎慎司の出場は無し。ウエスカが苦戦した理由の1つには。3得点を奪ったポンフェラディーナの攻撃面の狙いとは。ウエスカが苦戦した理由の2つには。今節は出番が与えられなかった岡崎だが。ウエスカの攻撃の機能性を下げた一因は。 【 ポンフェラディーナ vs ウエスカ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 柴崎岳は先発フル出場で6連勝に貢献。気になる左サイド。左WBのモジェホからのクロスを右WBのボヴェダ。「5-4-1」だったのか「5-3-2」だったのか。柴崎のパフォーマンスを大きく引き上げているアグレッシブさ。森保ジャパンでも必要な事とは。 【 デポルティーボ vs ラス・パルマス 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 森保ジャパンのようだったヌマンシア。前半のサラゴサが苦戦した理由。後半は対応してきたサラゴサ。後半のサラゴサはどう修正したのか。香川真司の出場は無かったが興味深い試合だった。森保ジャパンについても言える同じ事。 【 サラゴサ vs ヌマンシア 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!


このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
■ 【 バルセロナ 】

FW グリーズマン メッシ
MF ビダル
MF F・デ・ヨング ブスケツ S・ロベルト
DF ジュニオル ラングレ ウムティティ セメド
GK テア・シュテーゲン

FW グリーズマン メッシ
MF アルトゥール
MF F・デ・ヨング ブスケツ S・ロベルト
DF J・アルバ ラングレ ウムティティ セメド
GK テア・シュテーゲン

FW メッシ
MF 
MF ラキティッチ アルトゥール F・デ・ヨング S・ロベルト
DF J・アルバ ウムティティ ブスケツ セメド
GK テア・シュテーゲン


■ ハイプレスで主導権を握ったベティス。

ベティスは「4-1-2-3」、バルセロナは「4-3-1-2」だったが、ベティスはオールコートマンツーマン的にハイプレスを仕掛け、それでバルセロナのビルドアップを苦しくさせ、ポゼッションさせない作戦を遂行。そして、それが功を奏し、前半6分にはPKを得てベティスが先制点を奪う。更には、前半9分にはDFラインの裏へ走ったF・デ・ヨングへメッシからのパスが通ってバルセロナが得点を奪ったが、前半26分にはビダルからボールを奪ってショートカウンター、最後はフェキルがシュートを決めてベティスが2点目を奪う。という事で、ここまでは完全にベティスの流れだったと言える。


■ セットプレーからも得点を生むメッシ。

しかし、前半48分、セットプレーでメッシ→ブスケツ、という形でバルセロナが再び同点に追い付くと、後半は時間の経過と共に疲労が強くなってベティスがハイプレスをできなくなると、流れは少しずつバルセロナの方に傾くようになり、後半27分、セットプレーでメッシ→ラングレ、という形でバルセロナが逆転。その後、後半31分にはフェキルが退場となり、後半34分にはラングレが退場となり、どちらも10人になっての戦いとなったが、そのまま試合はスコア「2-3」で終了。バルセロナが逆転を勝利を収めた。最近のメッシは得点は取れないが、2試合で5アシストとアシストを量産している。


■ 攻撃は「戦術メッシ」の威力。

この試合のバルセロナはメッシとグリーズマンを2トップ、ビダルをトップ下にした「4-3-1-2」だったが、これは「4-1-2-3」のベティスへの対策として、という事だったような気がする。しかし、ピケが累積警告で出場停止で、2CBがラングレとウムティティだった、という事もあったと思うが、エイバル的なベティスのハイプレスに苦しめられ、更には、いつもよりは守備はしていた感じだったが、それでもやはり、あまりメッシは守備はしないので、右サイドは、ベティスは左SBと左インテリオールと左ウイングの3枚、バルセロナはS・ロベルトとセメドの2枚、という状態になりやすく、そこをフェキルにドリブルで仕掛けられ、という事でも苦しくなっていた。ただ、それでもやはりバルセロナにはメッシがいて、メッシが3アシスト、その内の2つはセットプレー、という事で、攻撃は「戦術メッシ」の威力は、まだまだ凄いな、という試合でもあった。


このブログは皆様の応援で継続されています。
「参考になった」「面白かった」「賛同できる」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


★ 柴崎岳は先発フル出場で7連勝に貢献。新戦力も活躍。勝ちパターンが生まれている。機能性を高めている重要なポイントの1つ。柴崎とノラスコアインになってから機能している理由。柴崎のプレーは変化または進化している。 【 アルコルコン vs デポルティーボ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 香川真司はスタメン出場だったが前半36分で交代。L・スアレスと香川とプアドの関係性。サラゴサの攻撃について。更にサラゴサの攻撃について。サラゴサの守備について。なぜ香川は前半36分で交代となったのか。 【 サラゴサ vs フエンラブラーダ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 岡崎慎司はベンチスタート。ウエスカが苦戦した理由は前節と同じ。岡崎は後半9分から出場。最後まで耐え切れず。そこまで悪くはないパフォーマンスだった岡崎。森保ジャパンぽい事がウエスカもできれば。 【 ジローナ vs ウエスカ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 岡崎慎司の出場は無し。ウエスカが苦戦した理由の1つには。3得点を奪ったポンフェラディーナの攻撃面の狙いとは。ウエスカが苦戦した理由の2つには。今節は出番が与えられなかった岡崎だが。ウエスカの攻撃の機能性を下げた一因は。 【 ポンフェラディーナ vs ウエスカ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 柴崎岳は先発フル出場で6連勝に貢献。気になる左サイド。左WBのモジェホからのクロスを右WBのボヴェダ。「5-4-1」だったのか「5-3-2」だったのか。柴崎のパフォーマンスを大きく引き上げているアグレッシブさ。森保ジャパンでも必要な事とは。 【 デポルティーボ vs ラス・パルマス 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 森保ジャパンのようだったヌマンシア。前半のサラゴサが苦戦した理由。後半は対応してきたサラゴサ。後半のサラゴサはどう修正したのか。香川真司の出場は無かったが興味深い試合だった。森保ジャパンについても言える同じ事。 【 サラゴサ vs ヌマンシア 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

関連記事
【2020/02/12 11:35】 | 海外リーグ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「4-4-2」→「4-1-3-2」。「4-4-2」→「3-4-2-1」と「4-1-3-2」→「4-1-4-1」。個の力という前提条件が無ければ。 【 A・マドリード vs グラナダ 】 | ホーム | 久保建英は後半20分から出場。迫る降格。上手いだけではない選手になってもらいたい久保。 【 エスパニョール vs マジョルカ 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4690-38fc8bda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |