「4-3-1-2」対「4-1-2-3」。1得点しても2失点してしまっては。結局はチームとしての力の差。 【 オサスナ vs R・マドリード 】
試合 :ラ・リーガ 第23節
開催日:2020年2月9日
結果 :R・マドリード勝利
スコア:「1-4」
得点者:ウナイ・ガルシア イスコ S・ラモス ルカス・V ヨヴィッチ


★ 柴崎岳は先発フル出場で7連勝に貢献。新戦力も活躍。勝ちパターンが生まれている。機能性を高めている重要なポイントの1つ。柴崎とノラスコアインになってから機能している理由。柴崎のプレーは変化または進化している。 【 アルコルコン vs デポルティーボ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 香川真司はスタメン出場だったが前半36分で交代。L・スアレスと香川とプアドの関係性。サラゴサの攻撃について。更にサラゴサの攻撃について。サラゴサの守備について。なぜ香川は前半36分で交代となったのか。 【 サラゴサ vs フエンラブラーダ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 岡崎慎司はベンチスタート。ウエスカが苦戦した理由は前節と同じ。岡崎は後半9分から出場。最後まで耐え切れず。そこまで悪くはないパフォーマンスだった岡崎。森保ジャパンぽい事がウエスカもできれば。 【 ジローナ vs ウエスカ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 岡崎慎司の出場は無し。ウエスカが苦戦した理由の1つには。3得点を奪ったポンフェラディーナの攻撃面の狙いとは。ウエスカが苦戦した理由の2つには。今節は出番が与えられなかった岡崎だが。ウエスカの攻撃の機能性を下げた一因は。 【 ポンフェラディーナ vs ウエスカ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 柴崎岳は先発フル出場で6連勝に貢献。気になる左サイド。左WBのモジェホからのクロスを右WBのボヴェダ。「5-4-1」だったのか「5-3-2」だったのか。柴崎のパフォーマンスを大きく引き上げているアグレッシブさ。森保ジャパンでも必要な事とは。 【 デポルティーボ vs ラス・パルマス 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 森保ジャパンのようだったヌマンシア。前半のサラゴサが苦戦した理由。後半は対応してきたサラゴサ。後半のサラゴサはどう修正したのか。香川真司の出場は無かったが興味深い試合だった。森保ジャパンについても言える同じ事。 【 サラゴサ vs ヌマンシア 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!


このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
■ 【 R・マドリード 】

FW イスコ ベンゼマ ベイル
MF F・バルベルデ モドリッチ
MF カゼミーロ
DF マンディ S・ラモス ヴァラン カルバハル
GK クルトワ

FW ヴィニシウス ヨヴィッチ ルカス・V
MF F・バルベルデ モドリッチ
MF カゼミーロ
DF マンディ S・ラモス ヴァラン カルバハル
GK クルトワ


■ 「4-3-1-2」対「4-1-2-3」。

オサスナは「4-3-1-2」でR・マドリードは「4-1-2-3」。オサスナとしては、R・マドリードの両SBに攻撃参加してもらって、広いスペースがある状態でR・マドリードの2CB+アンカー対オサスナの2トップ+トップ下、という3対3の状況を作り、カウンターで攻撃、というのが理想的。守備でリスクは生まれるが、そこは中央をガッチリと固めて守り、そして、攻撃も同数(3対3)ではあるが、広いスペースが生まれている状態であれば、という感じ。という事で、前半14分、CKからオサスナが先制点。


■ 1得点しても2失点してしまっては。

従って、そこまではオサスナの理想的な試合展開だったのだが、前半33分、ベイルのシュート(?)が予期せぬ感じでイスコの所へと飛び、イスコがシュートを決めてR・マドリードが同点に追い付く。更には、前半38分、CKからカゼミーロがファーでヘディングで折り返したボールをS・ラモスもヘディングで決めてR・マドリードが逆転。攻撃は理想通りにできていて先制点を奪ったオサスナだったが、不運&一瞬の油断とか、R・マドリードのセットプレーの強さとか、それで2失点してしまい、それでとても苦しくなった。


■ 結局はチームとしての力の差。

という事で、リードすればR・マドリードはあまり前に体重をかけなくなるので、R・マドリードの両SBに攻撃参加してもらって、広いスペースがある状態でR・マドリードの2CB+アンカー対オサスナの2トップ+トップ下、という3対3の状況を作り、カウンターで攻撃、という事はあまり望めなくなったオサスナは、システムを「4-3-1-2」から「4-4-2」へと変更。それで少しだけ「あれ?」となったR・マドリードだったが、よりウイングの守備が必要となったのでベイル→ルカス・V、という交代などで対応し、それで守備を安定させると、逆に今度は攻撃はカウンターからチャンスを作り、後半39分にはベンゼマのお膳立てでルカス・V、後半47分には高い位置でボールを奪ったショートカウンターで最後はヨヴィッチ、という事でR・マドリードが2得点を追加。オサスナが先制点を奪ったが、終わってみればスコア「1-4」でR・マドリードが勝利を収めた。


このブログは皆様の応援で継続されています。
「参考になった」「面白かった」「賛同できる」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


★ 柴崎岳は先発フル出場で7連勝に貢献。新戦力も活躍。勝ちパターンが生まれている。機能性を高めている重要なポイントの1つ。柴崎とノラスコアインになってから機能している理由。柴崎のプレーは変化または進化している。 【 アルコルコン vs デポルティーボ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 香川真司はスタメン出場だったが前半36分で交代。L・スアレスと香川とプアドの関係性。サラゴサの攻撃について。更にサラゴサの攻撃について。サラゴサの守備について。なぜ香川は前半36分で交代となったのか。 【 サラゴサ vs フエンラブラーダ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 岡崎慎司はベンチスタート。ウエスカが苦戦した理由は前節と同じ。岡崎は後半9分から出場。最後まで耐え切れず。そこまで悪くはないパフォーマンスだった岡崎。森保ジャパンぽい事がウエスカもできれば。 【 ジローナ vs ウエスカ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 岡崎慎司の出場は無し。ウエスカが苦戦した理由の1つには。3得点を奪ったポンフェラディーナの攻撃面の狙いとは。ウエスカが苦戦した理由の2つには。今節は出番が与えられなかった岡崎だが。ウエスカの攻撃の機能性を下げた一因は。 【 ポンフェラディーナ vs ウエスカ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 柴崎岳は先発フル出場で6連勝に貢献。気になる左サイド。左WBのモジェホからのクロスを右WBのボヴェダ。「5-4-1」だったのか「5-3-2」だったのか。柴崎のパフォーマンスを大きく引き上げているアグレッシブさ。森保ジャパンでも必要な事とは。 【 デポルティーボ vs ラス・パルマス 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 森保ジャパンのようだったヌマンシア。前半のサラゴサが苦戦した理由。後半は対応してきたサラゴサ。後半のサラゴサはどう修正したのか。香川真司の出場は無かったが興味深い試合だった。森保ジャパンについても言える同じ事。 【 サラゴサ vs ヌマンシア 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

関連記事
【2020/02/14 11:35】 | 海外リーグ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「4-4-2」あるいは「4-2-3-1」同士で激しくバトル。殴り合いのゲームは痛み分け。それぞれの局面や1対1のところがポイントに。 【 バレンシア vs A・マドリード 】 | ホーム | 「4-4-2」→「4-1-3-2」。「4-4-2」→「3-4-2-1」と「4-1-3-2」→「4-1-4-1」。個の力という前提条件が無ければ。 【 A・マドリード vs グラナダ 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4692-6f6db58e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |