久保建英はベンチスタート。後半7分から久保が途中出場し攻撃を活性化させる。久保が進化するためには軸足の強化が必要なのではないだろうか。 【 マジョルカ vs アラベス 】
試合 :ラ・リーガ 第24節
開催日:2020年2月15日
結果 :マジョルカ勝利
スコア:「1-0」
得点者:クチョ・エルナンデス


★ 岡崎慎司は先発フル出場し前半22分に得点。前半で2得点できた理由。後半は一変。「4-4-2」→「5-1-3-1」。岡崎は献身的な守備と得点で大きな存在感。岡崎とミケル・リコとモスケラが軸。 【 ウエスカ vs アルメリア 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 柴崎岳は先発フル出場。右サイドからの攻撃で2得点。連勝は7でストップ。狙われた左WBと左CBの間の裏。柴崎のパフォーマンスは良かったと思う。より柴崎が活きるためのダブルボランチの関係性は。 【 デポルティーボ vs ジローナ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!


このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
■ 【 マジョルカ 】

FW ブディミール
MF ダニ・ロドリゲス S・セビージャ A・フェバス クチョ・エルナンデス
MF イドリス・ババ
DF アグべニェヌ ライージョ ヴァリエント ポソ
GK M・レイナ

FW ブディミール
MF クチョ・エルナンデス ダニ・ロドリゲス 久保建英
MF S・セビージャ イドリス・ババ
DF クトリス ライージョ ヴァリエント セドラル
GK M・レイナ


■ 久保建英はベンチスタート。

マジョルカは「4-1-4-1」でアラベスは「4-4-2」。マジョルカの守備は、右SBのポソのところが危うかったり、2列目の「4」のところを抜けられて、アンカーのイドリス・ババの横のところを起点にされたりすると危なくて、ちょっと緩い感じもあったのだが、アラベスの2トップが、得点力はあるのだが、起点となれる能力としては物足りなくて、それに助けられてギリギリセーフという感じだった。そして、攻撃についても、個のドリブル頼み、という感じで、やや厳しい感じだったのだが、前半30分頃にPKを獲得。しかし、そのPKはS・セビージャが失敗してしまい、前半はスコアレスで終了。


■ 後半7分から久保が途中出場し攻撃を活性化させる。

という事で、後半7分、マジョルカはA・フェバスとの交代で久保を投入し、システムも「4-2-3-1」へと変更。そして、右SHではありながら、やや中央から左サイド寄りで多く久保はプレーし、いきなり左サイドでダニ・ロドリゲスの得点をアシスト、と思われたのだが、これはVAR判定で久保にパスを出したクチョ・エルナンデスがハンド、という事で取り消しに。しかし、2つの得点チャンスを逃し、流れが良くない感じのマジョルカだったが、後半18分、久保とポソで右サイドの高い位置で起点を作り、そこからボランチ経由でボールが左サイドへと展開されると、左サイドからのクロスをクチョ・エルナンデスが決めてマジョルカが先制点を奪う。その後は、右SBをポソから守備的なセドラルに代えたマジョルカが守り切り、何とか連敗は3でストップさせた。


■ 久保が進化するためには軸足の強化が必要なのではないだろうか。

攻撃に関しては、久保がいた方が良くなるのは、ずっと明白なのだが、久保がチャンスを作っても決められない、決定力不足、更には、久保も得点力、決定力に関しては不足している、という部分が大きな問題で、この試合の得点をきっかけにクチョ・エルナンデスが覚醒してくれれば、という事に大きな期待を持ちたい。そうなれば、久保のアシスト数は大きく伸びてくると思う。ただ、得点に関しては、軸足の方、つまりは、久保は左利きなので右足だが、そちらをもう少し鍛えないと、強いシュートが打てないような気がする。やはり、左方向へ鋭く切り返すためにもそうであるし、左足でのシュートにパワーを乗せるためには、軸足となる右足の強さ、踏ん張れる強さ、それが必要なのではないだろうか。



このブログは皆様の応援で継続されています。
「参考になった」「面白かった」「賛同できる」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


★ 岡崎慎司は先発フル出場し前半22分に得点。前半で2得点できた理由。後半は一変。「4-4-2」→「5-1-3-1」。岡崎は献身的な守備と得点で大きな存在感。岡崎とミケル・リコとモスケラが軸。 【 ウエスカ vs アルメリア 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 柴崎岳は先発フル出場。右サイドからの攻撃で2得点。連勝は7でストップ。狙われた左WBと左CBの間の裏。柴崎のパフォーマンスは良かったと思う。より柴崎が活きるためのダブルボランチの関係性は。 【 デポルティーボ vs ジローナ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

関連記事
【2020/02/17 11:35】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<GKのテア・シュテーゲンにも強いプレッシャーを与える事は必要。ヘタフェのボルダラス監督の間違い。アシストをハイペースで量産している今のメッシ。 【 バルセロナ vs ヘタフェ 】 | ホーム | 「4-4-2」あるいは「4-2-3-1」同士で激しくバトル。殴り合いのゲームは痛み分け。それぞれの局面や1対1のところがポイントに。 【 バレンシア vs A・マドリード 】>>
コメント
サッカー選手ならやはり両足使える選手を目指すべきだと思いますね。
特に左利きの選手はなぜか右足が不自由な選手が多く、
ゴール前で決定的なシーンでも右足だったためにミスしてしまう。
またわざわざ左足に持ち替えようとして時間がかかってしまうというシーンが多く見られ、非常にもどかしい気持ちになることがありますね。
(本田、最近だと堂安とか、右足が弱点だと分かりきっているのに、なぜ修練しないのか?)

左足がどんなに優れていても片足だけだと動きも読まれやすくなりますし、
何より身体のバランスにも良くないですよ。
私自身、サッカー選手の経験はないですが、両足両手利きに近く、それによる身体のバランスの優位性。動きの質の違いというのを分かっているので、
片足しか使えない選手を見ると、非常にもったいないと思います。

海外勢に比べて小柄な日本人選手にとっては身体のバランスはボディーコンタクトで勝つ上で欠かせない生命線です。
なのでサッカー選手のみなさん、またはなろうとしている
人はぜひ両利きを目指してください。
戦術や連携も大事ですが、まずは自分の身体からです。
【2020/02/18 12:51】 URL | えいすけ #CofySn7Q[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4694-435528c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |