GKのテア・シュテーゲンにも強いプレッシャーを与える事は必要。ヘタフェのボルダラス監督の間違い。アシストをハイペースで量産している今のメッシ。 【 バルセロナ vs ヘタフェ 】
試合 :ラ・リーガ 第24節
開催日:2020年2月15日
結果 :バルセロナ勝利
スコア:「2-1」
得点者:グリーズマン S・ロベルト アンヘル


★ 「4-1-2-3」対「5-3-1-1」。イアゴ・アスパスの動きが鍵だった先制点。「5-3-1-1」→「5-4-1」→「4-4-2」。R・マドリードの2得点が生まれた理由。「4-4-2」→「4-1-4-1」。セルタの2点目が生まれた理由。 【 R・マドリード vs セルタ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 岡崎慎司は先発フル出場し前半22分に得点。前半で2得点できた理由。後半は一変。「4-4-2」→「5-1-3-1」。岡崎は献身的な守備と得点で大きな存在感。岡崎とミケル・リコとモスケラが軸。 【 ウエスカ vs アルメリア 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 柴崎岳は先発フル出場。右サイドからの攻撃で2得点。連勝は7でストップ。狙われた左WBと左CBの間の裏。柴崎のパフォーマンスは良かったと思う。より柴崎が活きるためのダブルボランチの関係性は。 【 デポルティーボ vs ジローナ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!


このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
■ 【 バルセロナ 】

FW アンス・ファティ グリーズマン メッシ
MF アルトゥール F・デ・ヨング
MF ブスケツ
DF J・アルバ ウムティティ ピケ S・ロベルト
GK テア・シュテーゲン

FW ビダル グリーズマン メッシ
MF ラキティッチ F・デ・ヨング
MF ブスケツ
DF ジュニオル ウムティティ ピケ S・ロベルト
GK テア・シュテーゲン


■ GKのテア・シュテーゲンにも強いプレッシャーを与える事は必要。

前節のベティスもそうしたように、マンツーマン的なハイプレスは、バルサ対策としては一定の効果がある。但し、GKのテア・シュテーゲンにも強いプレッシャーを与える事は必要で、この試合のヘタフェのように、他の10人にはマンツーマンで付いて、GKのテア・シュテーゲンにはいかない、という方法であると、結局は、GKのテア・シュテーゲンから良いパスが出てしまい、特にバルサの前線はメッシを筆頭に個としての力が高いから、マンツーマンで付いていても止められない。前半34分にメッシのアシストでグリーズマンが得点を奪うと、前半39分にもメッシが起点となった展開から最後はS・ロベルトが決めてバルセロナが2点を先取。そのまま前半はバルセロナの2点リードで終了。


■ ヘタフェのボルダラス監督の間違い。

バルサ対策としては、オールコート・マンツーマン・ディフェンスでハイプレスをしながらも、それと同時にゾーン・プレス・ディフェンスもやらなければならなくて、その1つは、GKにも強いプレッシャーを与えなければならない、という事と、やはりボールを奪うためには、それから、やはり前線の個の力の強い選手たちに対応するためには、1人の選手に対して複数で対応しなければならないからで、そこにヘタフェのボルダラス監督の間違いがあったように思う。もちろん、それでも高い位置でボールを奪えて、という事による得点チャンスも作れていたし、アンス・ファティは封じる事ができていたが、やはり、メッシを封じられないと大きな意味はなく、結局2失点、となってしまう事になる。


■ アシストをハイペースで量産している今のメッシ。

後半は、2点リードして、ヘタフェの攻撃にもあまり威力を感じなかったので、バルセロナが余裕を持って試合を進める展開となり、その油断みたいなものよって、後半21分にアンヘルに決められて失点してしまったバルセロナだが、その失点で目を覚まして、やや危ない感じはあったが、結局はバルセロナがスコア「2-1」で勝利を収めた。最近は決定力を欠いて得点は取れない状態のメッシではあるが、アシストはハイペースで量産しており、まだ攻撃は「戦術メッシ」の威力は健在。それと引き換えに守備面が犠牲となったり、そして、それをカバーできる力が足りない状況ではある、という事はあるのだが、きちんと正解の方法で戦ってインテンシティでも上回らないとバルサは倒せないと思う。


このブログは皆様の応援で継続されています。
「参考になった」「面白かった」「賛同できる」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


★ 「4-1-2-3」対「5-3-1-1」。イアゴ・アスパスの動きが鍵だった先制点。「5-3-1-1」→「5-4-1」→「4-4-2」。R・マドリードの2得点が生まれた理由。「4-4-2」→「4-1-4-1」。セルタの2点目が生まれた理由。 【 R・マドリード vs セルタ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 岡崎慎司は先発フル出場し前半22分に得点。前半で2得点できた理由。後半は一変。「4-4-2」→「5-1-3-1」。岡崎は献身的な守備と得点で大きな存在感。岡崎とミケル・リコとモスケラが軸。 【 ウエスカ vs アルメリア 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 柴崎岳は先発フル出場。右サイドからの攻撃で2得点。連勝は7でストップ。狙われた左WBと左CBの間の裏。柴崎のパフォーマンスは良かったと思う。より柴崎が活きるためのダブルボランチの関係性は。 【 デポルティーボ vs ジローナ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

関連記事
【2020/02/18 11:35】 | 海外リーグ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<第28節終了時点(全42節)でのラ・リーガ2部の状況をザックリと。 | ホーム | 久保建英はベンチスタート。後半7分から久保が途中出場し攻撃を活性化させる。久保が進化するためには軸足の強化が必要なのではないだろうか。 【 マジョルカ vs アラベス 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4695-87df32f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |