「4-1-2-3」→「4-4-2」。結局は力負けの逆転負け。どのような「4-1-2-3」での堅守カウンターなのか。 【 清水エスパルス vs FC東京 】
試合 :J1 第1節
開催日:2020年2月23日
結果 :FC東京勝利
スコア:「1-3」
得点者:ティーラシン ディエゴ・オリヴェイラ(PK) アダイウトン レアンドロ(PK)


★ 岡崎慎司は先発フル出場&また幻のゴール。「4-1-4-1」対「4-1-4-1」。審判の判定にも泣かされて敗戦。「4-1-4-1」→「4-4-2」。岡崎のパフォーマンスについて。ラファ・ミルとの関係性。 【 ラージョ・バジェカーノ vs ウエスカ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 柴崎岳はスタメン出場&香川真司はベンチ入り。前半で2失点した原因。後半は柴崎が退場となりサラゴサが3点目。後半の途中からサラゴサがシステムを変更した理由。香川真司について。柴崎岳について。 【 サラゴサ vs デポルティーボ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 「4-1-2-3」対「5-3-1-1」。イアゴ・アスパスの動きが鍵だった先制点。「5-3-1-1」→「5-4-1」→「4-4-2」。R・マドリードの2得点が生まれた理由。「4-4-2」→「4-1-4-1」。セルタの2点目が生まれた理由。 【 R・マドリード vs セルタ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 岡崎慎司は先発フル出場し前半22分に得点。前半で2得点できた理由。後半は一変。「4-4-2」→「5-1-3-1」。岡崎は献身的な守備と得点で大きな存在感。岡崎とミケル・リコとモスケラが軸。 【 ウエスカ vs アルメリア 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
■ 【 清水エスパルス 】

FW ティーラシン
MF 西澤健太 後藤優介 金子翔太
MF 中村慶太 西村恭史
DF 石毛秀樹 立田悠悟 ヴァウド 奥井諒
GK ヴォルピ

FW ティーラシン
MF ジュニオール・ドゥトラ 鄭大世 金子翔太
MF 中村慶太 六平光成
DF 石毛秀樹 立田悠悟 ヴァウド 奥井諒
GK ヴォルピ


■ 【 FC東京 】

FW レアンドロ ディエゴ・オリヴェイラ 田川亨介
MF 高萩洋次郎 三田啓貴
MF 橋本拳人
DF 中村帆高 森重真人 渡辺剛 室屋成
GK 林彰洋

FW アダイウトン ディエゴ・オリヴェイラ
MF レアンドロ 橋本拳人 アルトゥール・シルバ 紺野和也
DF 中村帆高 森重真人 渡辺剛 室屋成
GK 林彰洋


■ 「4-1-2-3」→「4-4-2」。

ポゼッション率が高いか低いかは、チームのスタイル、戦い方に左右される事も多いので、清水エスパルスの方がポゼッション率が高かったとしても、それイコール優勢だった、とはならないが、「4-1-2-3」だった時のFC東京の攻撃の威力はイマイチな感じで、後半2分、攻め上がろうとした時にボールを奪われてショートカウンター、清水エスパルスがティーラシンの得点で先制点を奪う。しかし、後半10分、三田との交代でアダイウトンを入れてシステムを「4-4-2」へと変更、それから、後半16分、高萩との交代でダブルボランチの1枚にアルトゥール・シルバを入れると、そこから流れが変化。


■ 結局は力負けの逆転負け。

2トップにした事で攻撃が威力を持つようになり、後半32分、PKを獲得してFC東京が同点に追い付く。更には、後半35分、レアンドロ→ディエゴ・オリヴェイラ→アダイウトン、と繋がった見事なカウンター攻撃でFC東京が逆転。そして、その後は、西村との交代で六平、西澤との交代でジュニオール・ドゥトラ、後藤との交代で鄭大世、という交代策で攻めた清水エスパルスだったが、後半47分、逆に再びFC東京がPKを獲得して3点目。清水エスパルスは、先制点を奪えたところまでは良かったのだが、相手のシステム変更にも対応できなかったし、結局は力負けの逆転負け、というような感じだった。


■ どのような「4-1-2-3」での堅守カウンターなのか。

FC東京については、今季からは「4-1-2-3」にトライするようだが、それで堅守カウンターのスタイルであると、どちらかと言えば「4-1-4-1」もしくはMFのラインがフラットな「4-5-1」の方になりがちになると思うから、そうすると、1トップである状態、最前線に1枚だけの状態から、どうやってカウンター攻撃を繰り出すのか、という事において、もう少し縦のコンパクト性を高めてDFラインを上げるとか、「4-1-2-3」と考えて、前の「3」と中盤の「1-2」、その2つのユニット間のリンクをどうやってやるのか、更には、サイドのウイングとインテリオールとSBのユニット、そこの機能性も重要になるし、という部分などを、もう少し高める必要性があると思う。


このブログは皆様の応援で継続されています。
「参考になった」「面白かった」「賛同できる」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


★ 岡崎慎司は先発フル出場&また幻のゴール。「4-1-4-1」対「4-1-4-1」。審判の判定にも泣かされて敗戦。「4-1-4-1」→「4-4-2」。岡崎のパフォーマンスについて。ラファ・ミルとの関係性。 【 ラージョ・バジェカーノ vs ウエスカ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 柴崎岳はスタメン出場&香川真司はベンチ入り。前半で2失点した原因。後半は柴崎が退場となりサラゴサが3点目。後半の途中からサラゴサがシステムを変更した理由。香川真司について。柴崎岳について。 【 サラゴサ vs デポルティーボ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 「4-1-2-3」対「5-3-1-1」。イアゴ・アスパスの動きが鍵だった先制点。「5-3-1-1」→「5-4-1」→「4-4-2」。R・マドリードの2得点が生まれた理由。「4-4-2」→「4-1-4-1」。セルタの2点目が生まれた理由。 【 R・マドリード vs セルタ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 岡崎慎司は先発フル出場し前半22分に得点。前半で2得点できた理由。後半は一変。「4-4-2」→「5-1-3-1」。岡崎は献身的な守備と得点で大きな存在感。岡崎とミケル・リコとモスケラが軸。 【 ウエスカ vs アルメリア 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

関連記事
【2020/02/26 18:45】 | Jリーグ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<立ち位置を変化させる。交代策で勝利を呼び込む。ベンチ外でも存在感があったシメオネ監督。 【 A・マドリード vs ビジャレアル 】 | ホーム | 大迫勇也はスタメン出場し後半45分までプレー。とりあえず目立ってはいなかった大迫。降格の危機。 【 ブレーメン vs ドルトムント 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4705-aca9b1bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |