再検証。アギーレジャパン。長くは続かないだろうという漠然とした印象、その正体とは?
2014年のブラジルW杯で惨敗した後、ザックから日本代表の監督を引き継いだのは、まずはハリルではなくアギーレだったわけだが、何となく、長くは続かないだろうという漠然とした印象を持ちつつも、落とし込もうとしていた戦い方、戦術というのは興味深くて、個人的には、ずっと頭の片隅に残り続けている。裁判沙汰になっている問題があったり、アジアカップでの成績が悪かったので、解任に大きな不満を感じたわけではないが、やはり、今だからこそ、少し書きたい事があるので、それを今回は書いてみたいと思う。


★ Timely Football Theory (TFT) 【3】 ~ システム論としてのハイプレス ~ 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ Timely Football Theory (TFT) 【2】 ~ 第三勢力としてのカテナチオの復活 ~ 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ Timely Football Theory (TFT) 【1】 ~ 下がり続けて逆振れもするビルドアップ ~ 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 香川真司スタメン。香川が活躍できた理由は? 昇格プレーオフへ向けて弾みの勝利。後半はどのような感じだった? エグアラスの代わりを果たした香川。そこをもっと改善させて守備力を高めないと。 【 サラゴサ vs ポンフェラディーナ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 岡崎慎司ベンチスタート。パリッとしない感じの前半。岡崎が後半8分から出場し得点に絡む。3枚同時交代が功を奏す。主力FWとしてウエスカを自動昇格と優勝に導いた岡崎。優勝で有終の美も課題は明確なウエスカ。 【 ヒホン vs ウエスカ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 柴崎岳スタメン。前半のデポルティーボの攻撃が機能しなかったのはなぜ? 柴崎フル出場も敗戦で再び降格圏内へ。ミランデスの守備を褒めた方が良い試合だったかもしれない。柴崎のパフォーマンスについては? 降格危機のデポルティーボ。 【 ミランデス vs デポルティーボ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
まず1つには、田中順也を「4-1-2-3」の「2」の左の位置、つまり、左のインテリオールの位置で使っていた事。結局そこは、田中のパフォーマンス不足もあって、主に香川が務める事になるわけだが、そこに田中を使う発想というのは、特に当時の日本のサッカー界においては、なかなか無かったと思う。田中順也は、タイプ的にはCFタイプ。ウイングもできるが、やはり、適性はCFだと思う。では、なぜ田中を左のインテリオールで使ったのか? おそらく、その理由は2つあると思っていて、1つには、「4-1-2-3」から「4-4-2」へ変化する攻撃の形を描いていたからなのではないかと思う。

そもそも「4-1-2-3」は「4-2-4」の4トップの中央の2枚、そこの1枚が下がってくる、という事からスタートしているわけだが、「4-1-2-3」をやる場合、そこはとても重要な要素で、例えばグアルディオラのサッカーでもクロップのサッカーでも、そこを意識した選手起用というのは見られる。そしてそれが、やがてゼロトップ的なものにもつながっていくわけであるが、なかなか日本のサッカーでは、それをやってすぐできるほどのベースが無かった(今でも無いと思うが)事と、やはり、戦術は個の力ありき、という事はあるので、パフォーマンスで勝る香川の方が、という事で方向転換された。

ただ、香川もトップ下タイプなので、「4-1-2-3」から「4-4-2」ではなく「4-2-3-1」に変化する、という事では、発想は似ていて、例えばそこのポジションでは、森岡、清武、なども起用されていたのだが、そういう変化のある戦い方、戦術を落とし込みたかったのは間違い無い。そして、2つには、変化あるいは流動性のある、という意味では、「4-1-2-3」でのウイングとインテリオールとサイドバック、そこのポジションの流動性も落とし込みたかったのではないかと思っていて、田中順也は左利きであり、ウイングでもプレーできるので、入れ替わる事もできる、という事だったと思う。

そしてもう1つ、システム的な変化、という事では、アンカーが下がって「4-1-2-3」から「5-4-1」(「3-4-2-1」)に変化する、というのもあって、ただこれだと、左のインテリオールには田中のようなタイプではなく香川のようなタイプを使った方が正解である、という事はあって、ここの、変化によって攻撃性を優先するのか守備性を優先するのか、そこにアギーレの二律背反性(ダブルスタンダード)があり、アンカーが森重や細貝のようなタイプの選手から長谷部になった事により、そこは少し緩和されたのだが、ただ、その二律背反性(ダブルスタンダード)が難しさを生んでいたとは思う。

という事で、冒頭に書いた、長くは続かないだろうという漠然とした印象、その正体とは、おそらく、変化や流動性のあるシステム、という事において、まだ当時の選手たちや日本のサッカーには、それをやってすぐできるほどのベースが無かった(今でも無いと思うが)、という事と、そして更には、変化によって攻撃性を優先するのか守備性を優先するのかの二律背反性(ダブルスタンダード)がアギーレの戦術にはあった、という事を、何となく個人的には感じていたからだと思う。ただ、やはり、流れの中でのシステム的な変化のある戦い方というのは、もはや、できるようになっていないと厳しい、とは強く思う。


このブログは皆様の応援で継続されています。
「参考になった」「面白かった」「賛同できる」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


★ Timely Football Theory (TFT) 【3】 ~ システム論としてのハイプレス ~ 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ Timely Football Theory (TFT) 【2】 ~ 第三勢力としてのカテナチオの復活 ~ 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ Timely Football Theory (TFT) 【1】 ~ 下がり続けて逆振れもするビルドアップ ~ 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 香川真司スタメン。香川が活躍できた理由は? 昇格プレーオフへ向けて弾みの勝利。後半はどのような感じだった? エグアラスの代わりを果たした香川。そこをもっと改善させて守備力を高めないと。 【 サラゴサ vs ポンフェラディーナ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 岡崎慎司ベンチスタート。パリッとしない感じの前半。岡崎が後半8分から出場し得点に絡む。3枚同時交代が功を奏す。主力FWとしてウエスカを自動昇格と優勝に導いた岡崎。優勝で有終の美も課題は明確なウエスカ。 【 ヒホン vs ウエスカ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 柴崎岳スタメン。前半のデポルティーボの攻撃が機能しなかったのはなぜ? 柴崎フル出場も敗戦で再び降格圏内へ。ミランデスの守備を褒めた方が良い試合だったかもしれない。柴崎のパフォーマンスについては? 降格危機のデポルティーボ。 【 ミランデス vs デポルティーボ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

関連記事
【2020/08/06 11:45】 | ショートコラム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<個人的に強く印象に残っている2010年以降の日本代表の3つの試合。 | ホーム | 状況把握(認知と理解)と意思決定(選択)、ここが悪い選手がいた場合には。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4767-ad4f45dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |