戦い方を変えなかったのは不思議。戦力差だけではなかったと思う。それで早く時差を埋めてもらいたい。 【 川崎フロンターレ vs 大分トリニータ 】
試合 :J1 第9節
開催日:2020年8月8日
結果 :川崎フロンターレ勝利
スコア:「2-0」
得点者:三笘薫 レアンドロ・ダミアン


★ Timely Football Theory (TFT) 【3】 ~ システム論としてのハイプレス ~ 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ Timely Football Theory (TFT) 【2】 ~ 第三勢力としてのカテナチオの復活 ~ 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ Timely Football Theory (TFT) 【1】 ~ 下がり続けて逆振れもするビルドアップ ~ 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 香川真司スタメン。香川が活躍できた理由は? 昇格プレーオフへ向けて弾みの勝利。後半はどのような感じだった? エグアラスの代わりを果たした香川。そこをもっと改善させて守備力を高めないと。 【 サラゴサ vs ポンフェラディーナ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 岡崎慎司ベンチスタート。パリッとしない感じの前半。岡崎が後半8分から出場し得点に絡む。3枚同時交代が功を奏す。主力FWとしてウエスカを自動昇格と優勝に導いた岡崎。優勝で有終の美も課題は明確なウエスカ。 【 ヒホン vs ウエスカ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 柴崎岳スタメン。前半のデポルティーボの攻撃が機能しなかったのはなぜ? 柴崎フル出場も敗戦で再び降格圏内へ。ミランデスの守備を褒めた方が良い試合だったかもしれない。柴崎のパフォーマンスについては? 降格危機のデポルティーボ。 【 ミランデス vs デポルティーボ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
■ 【 川崎フロンターレ 】

FW 三笘薫 レアンドロ・ダミアン 小林悠
MF 大島僚太 脇坂泰斗
MF 田中碧
DF 登里享平 谷口彰悟 ジェジエウ ジオゴ・マテウス
GK チョン・ソンリョン

FW 三笘薫 レアンドロ・ダミアン 旗手怜央
MF 守田英正 大島僚太
MF 田中碧
DF 登里享平 谷口彰悟 ジェジエウ ジオゴ・マテウス
GK チョン・ソンリョン

FW レアンドロ・ダミアン
MF 齋藤学 旗手怜央 宮代大聖
MF 守田英正 田中碧
DF 車屋紳太郎 谷口彰悟 ジェジエウ ジオゴ・マテウス
GK チョン・ソンリョン


■ 【 大分トリニータ 】

FW 高澤優也
MF 田中達也 島川俊郎 長谷川雄志 渡大生
DF 香川勇気 三竿雄斗 鈴木義宜 刀根亮輔 小出悠太
GK ムン・キョンゴン

FW 高澤優也
MF 小林成豪 島川俊郎 長谷川雄志 三平和司
DF 田中達也 香川勇気 鈴木義宜 刀根亮輔 高山薫
GK ムン・キョンゴン

FW 伊佐耕平
MF 高澤優也 佐藤和弘 長谷川雄志 三平和司
DF 小林成豪 香川勇気 鈴木義宜 刀根亮輔 高山薫
GK ムン・キョンゴン


■ 戦い方を変えなかったのは不思議。

「5-4-1」で人数かけて守って、サイドを使って速攻、それが大分トリニータの狙いだろう、と思ったのだが、マイボール時には遅攻、サイドからの攻撃もできておらず、後ろから繋ぐサッカーはコンセプトなのだと思うが、やはり、明らかに上手くいってなかったので、その戦い方を変えなかったのは、不思議だったというのか、何というのか・・・。それが自分たちのサッカーである、もしくは、状況的に運動量を使う戦い方は難しいと思うから、という事だったのかもしれないが、個人的には、大分トリニータの戦い方は、かなり首をひねらざるを得ない感じだった。特に攻撃については、かなり不思議な感じだった。


■ 戦力差だけではなかったと思う。

せめて、2失点していた、前半で2点のリードを奪われていたわけだから、後半のスタートぐらいからは、やはり戦い方を変えてもらいたかった。左サイドを攻撃的にして、それで少し攻撃的に、という采配だったと思うのだが、それで2点差を追い付けるような優劣の差ではなかったと思うし、例えば、「4-3-1-2」にして、マンツーマン気味にとか、後半だけでもハイプレスでとか、そういう引き出しは無かったのだろうか、と思う。交代できる人数も多くなっているわけだし、やはり、負けている時に思い切った采配をしないのは、かなり勿体ないと思う。戦力差はあったとは思うが、それだけではなかったと思う。


■ それで早く時差を埋めてもらいたい。

まさに、こういう試合を観てしまうと、「Timely Football Theory (TFT) 【1】 ~ 下がり続けて逆振れもするビルドアップ ~」、「Timely Football Theory (TFT) 【2】 ~ 第三勢力としてのカテナチオの復活 ~」、「Timely Football Theory (TFT) 【3】 ~ システム論としてのハイプレス ~」、この3つの有料記事を読んでもらいたい、と強く思うわけで、それで早く時差を埋めてもらいたい。日本のサッカーの場合、日本人としての特性とか、気候的な特性とか、そういう要素によって、なかなか難しい部分もあるが、セオリーは、そことは関係無い部分であるから、そこは、きっちりと落とし込んでもらいたい。


このブログは皆様の応援で継続されています。
「参考になった」「面白かった」「賛同できる」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


★ Timely Football Theory (TFT) 【3】 ~ システム論としてのハイプレス ~ 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ Timely Football Theory (TFT) 【2】 ~ 第三勢力としてのカテナチオの復活 ~ 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ Timely Football Theory (TFT) 【1】 ~ 下がり続けて逆振れもするビルドアップ ~ 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 香川真司スタメン。香川が活躍できた理由は? 昇格プレーオフへ向けて弾みの勝利。後半はどのような感じだった? エグアラスの代わりを果たした香川。そこをもっと改善させて守備力を高めないと。 【 サラゴサ vs ポンフェラディーナ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 岡崎慎司ベンチスタート。パリッとしない感じの前半。岡崎が後半8分から出場し得点に絡む。3枚同時交代が功を奏す。主力FWとしてウエスカを自動昇格と優勝に導いた岡崎。優勝で有終の美も課題は明確なウエスカ。 【 ヒホン vs ウエスカ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 柴崎岳スタメン。前半のデポルティーボの攻撃が機能しなかったのはなぜ? 柴崎フル出場も敗戦で再び降格圏内へ。ミランデスの守備を褒めた方が良い試合だったかもしれない。柴崎のパフォーマンスについては? 降格危機のデポルティーボ。 【 ミランデス vs デポルティーボ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

関連記事
【2020/08/09 11:15】 | Jリーグ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<なぜ岡崎慎司は海外では華麗なプレーをする選手だと評価されるのか。 | ホーム | 個人的に強く印象に残っている2010年以降の日本代表の3つの試合。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4769-fc3122b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |