サッカーとは? というよりも、スポーツとは? という事だと言えるが、それは、可能性を見せる、という事だと思う。
人としての可能性。人種としての可能性。
ある特定の地域で生まれたり育ったりした人たちの可能性。
もしくは、人生にはハードルが付き物であるが、
そのハードルを乗り越えられる可能性。

例えば球技ならば、ボールを扱う、という事に、既に困難さがある。
それを手ではなく足で行うならば尚更で、
サッカーというスポーツは、その難しい事に対して、
どれぐらいの乗り越えられる可能性があるのか、
そこにチャレンジしているスポーツでもあると言える。


★ Timely Football Theory (TFT) 【3】 ~ システム論としてのハイプレス ~ 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ Timely Football Theory (TFT) 【2】 ~ 第三勢力としてのカテナチオの復活 ~ 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ Timely Football Theory (TFT) 【1】 ~ 下がり続けて逆振れもするビルドアップ ~ 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 雑談。思考の断片。 有料:500円:サポートによる支援もお願いします!

★ 香川真司スタメン。香川が活躍できた理由は? 昇格プレーオフへ向けて弾みの勝利。後半はどのような感じだった? エグアラスの代わりを果たした香川。そこをもっと改善させて守備力を高めないと。 【 サラゴサ vs ポンフェラディーナ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 岡崎慎司ベンチスタート。パリッとしない感じの前半。岡崎が後半8分から出場し得点に絡む。3枚同時交代が功を奏す。主力FWとしてウエスカを自動昇格と優勝に導いた岡崎。優勝で有終の美も課題は明確なウエスカ。 【 ヒホン vs ウエスカ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 柴崎岳スタメン。前半のデポルティーボの攻撃が機能しなかったのはなぜ? 柴崎フル出場も敗戦で再び降格圏内へ。ミランデスの守備を褒めた方が良い試合だったかもしれない。柴崎のパフォーマンスについては? 降格危機のデポルティーボ。 【 ミランデス vs デポルティーボ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
それに加えてサッカーも、 直接的に相手のその行為を妨害できるスポーツであり、
つまり、ただでさえ足でボールを扱うのは難しい事であるうえに、
それを妨害してくる相手が存在している状況で、
という事にチャレンジしているスポーツであると言える。

他にも、これもサッカーというスポーツだけに限らないが、
オフサイドも含め反則という縛りもあるし、
時間という縛りもあるし、つまり、そういう困難さ、
ハードルに対して、どうやってそれを乗り越えて勝利を掴むのか、
あるいは、勝てなくても負けないのか、
それがあるから、面白い、興味深い、という事になってくる。

なぜならば、前述もしたように、人生にはハードルが付き物だからで、
それをどうやって乗り越えるのか、どうすれば乗り越えられるのか、
そして、その可能性が自分にはあるのか、という事について、
多くの人たちは、知りたい、学びたい、と思っているから。

ボールを扱う、更にそれを足で行う、という行動は、
何をするにしても伴う困難さ、その象徴的、疑似的な行動である。
そのような難しい行動は、どうやったら上手くできるようになるのか?
どのようなトレーニングが必要だったり効果的なのか、
どのような知識や技術や身体能力が必要なのか、
それを他の困難な行動と照らし合わせて変換して応用する。

例えば、サッカーボールの特性を理解し利用したり、
物理法則もあるし、ボールの勢いを吸収する受け方もあるし、
逆にボールの勢いを増させる蹴り方とか、
ボールを思い通りに動かすために、回転をかける、かけない、
などなど、様々な技術や方法が存在している。
特性を理解する、という事が、やはり大きなポイント。

それから、前述もしたように、それを妨害してくる相手がいる。
まさに、それは人生のハードル、困難さ、そのものだと思うのだが、
それを個の力で乗り越える、あるいは、集団(組織)の力で乗り越える、
その可能性や方法についての仮想的(シミュレーション的)な場として、
サッカーも含むスポーツというのは存在している。
結局は個だが、優れた個を育てるためには優れた集団という環境が必要である。

日本あるいは日本人が活躍すれば、
日本という国に帰属している、あるいは、日本人である自分にも、
その可能性やポテンシャルがあるのではないかと希望を抱く事ができる。
そのチャンスがあるのではないかと思える。
だから応援するし、活躍して欲しいと強く願う。

集団スポーツは、成功する組織とは?
という事を考察する良い対象にもなるし、
当然、そこにはリーダー論も含まれてくる。
セオリーがあり、型(マニュアル)も必要であるが、
属人的である必要もあり、時代によって変化をする必要もある。

「守破離」という言葉があるが、
ゲームモデルやプレーモデルの構築は「守」。
しかし、そこから「破」へと至るためには属人的である必要がある。
つまりは、その先にあるのが「離」、という事。
そして「離」とはすなわち、クオリティのあるオリジナリティがある、
という事であり、そこが目指すべき場所だと言える。


このブログは皆様の応援で継続されています。
「参考になった」「面白かった」「賛同できる」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


★ Timely Football Theory (TFT) 【3】 ~ システム論としてのハイプレス ~ 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ Timely Football Theory (TFT) 【2】 ~ 第三勢力としてのカテナチオの復活 ~ 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ Timely Football Theory (TFT) 【1】 ~ 下がり続けて逆振れもするビルドアップ ~ 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 雑談。思考の断片。 有料:500円:サポートによる支援もお願いします!

★ 香川真司スタメン。香川が活躍できた理由は? 昇格プレーオフへ向けて弾みの勝利。後半はどのような感じだった? エグアラスの代わりを果たした香川。そこをもっと改善させて守備力を高めないと。 【 サラゴサ vs ポンフェラディーナ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 岡崎慎司ベンチスタート。パリッとしない感じの前半。岡崎が後半8分から出場し得点に絡む。3枚同時交代が功を奏す。主力FWとしてウエスカを自動昇格と優勝に導いた岡崎。優勝で有終の美も課題は明確なウエスカ。 【 ヒホン vs ウエスカ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 柴崎岳スタメン。前半のデポルティーボの攻撃が機能しなかったのはなぜ? 柴崎フル出場も敗戦で再び降格圏内へ。ミランデスの守備を褒めた方が良い試合だったかもしれない。柴崎のパフォーマンスについては? 降格危機のデポルティーボ。 【 ミランデス vs デポルティーボ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

関連記事
【2020/08/11 11:20】 | ショートコラム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<個人的に強く歓喜した2010年以降の日本代表の3つの試合。 | ホーム | なぜ岡崎慎司は海外では華麗なプレーをする選手だと評価されるのか。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4771-012a3788
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |