マンツーマン対ゾーン。カウンター対ポゼッション。「1対3」と「5対6」。 【 ドイツ代表 vs スペイン代表 】
試合 :ネーションズリーグ リーグA グループ4 第1節
開催日:2020年9月3日
結果 :引き分け
スコア:「1-1」
得点者:ヴェルナー ガヤ


★ 香川真司スタメン。前半はどうだった? 得点チャンスを逃し続けると・・・。後半はどうだった? 香川の評価は? サラゴサについて。 【 サラゴサ vs エルチェ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 香川真司スタメン。前半30分からは数的有利になったが。香川は後半41分に交代。後半はどのような感じだった? 上々なパフォーマンスだった香川だが。香川を中心にした全員で得点を取るような攻撃を構築してもらいたい。 【 エルチェ vs サラゴサ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ Timely Football Theory (TFT) 【3】 ~ システム論としてのハイプレス ~ 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ Timely Football Theory (TFT) 【2】 ~ 第三勢力としてのカテナチオの復活 ~ 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ Timely Football Theory (TFT) 【1】 ~ 下がり続けて逆振れもするビルドアップ ~ 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 雑談。思考の断片。 有料:500円:サポートによる支援もお願いします!

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
■ 【 ドイツ代表 】

FW ヴェルナー サネ
MF ドラクスラー
MF ゴセンス クロース ギュンドアン ケーラー
DF リュディガー ズーレ エムレ・ジャン
GK トラップ

FW ヴェルナー
MF ドラクスラー サネ
MF ゴセンス クロース ギュンドアン ケーラー
DF リュディガー ズーレ エムレ・ジャン
GK トラップ

FW ドラクスラー
MF セルダル クロース コッホ エムレ・ジャン
DF ゴセンス リュディガー ズーレ ギンター ケーラー
GK トラップ


■ 【 スペイン代表 】

FW フェラン・トーレス ロドリゴ ヘスス・ナバス
MF チアゴ・アルカンタラ ファビアン
MF ブスケツ
DF ガヤ パウ・トーレス S・ラモス カルバハル
GK デ・ヘア

FW アンス・ファティ ロドリゴ フェラン・トーレス
MF ミケル・メリノ ファビアン
MF チアゴ・アルカンタラ
DF ガヤ パウ・トーレス S・ラモス カルバハル
GK デ・ヘア

FW アンス・ファティ ロドリゴ フェラン・トーレス
MF オスカル ミケル・メリノ
MF チアゴ・アルカンタラ
DF ガヤ パウ・トーレス S・ラモス カルバハル
GK デ・ヘア


■ マンツーマン対ゾーン。

ドイツは「3-4-1-2」。スペインは「4-1-2-3」。なので、システム的には噛み合っている状態。しかし、守備方法としては、ドイツはマンツーマン的なのに対し、スペインはゾーン的。従って、ドイツの守備の問題点は、どこかの1対1で負けてしまったり、スペインの選手たちが流動的に動いて、それでマークを外してしまったり、更には、スペインのGKからの一発のパスで、という事などもある。ただ、そういう事は起こらなかったので、効果的に守れていたドイツ。そして、スペインの守備の問題点は、やはりゾーンプレスなので大きなサイドチェンジに弱く、特に大きなサイドチェンジからドイツのWBにボールが渡ると危険だったのだが、とりあえず、何とか前半は守り切る事ができていた。


■ カウンター対ポゼッション。

しかし、前半5分、大きなサイドチェンジから左WBのゴセンスにボールが渡り、そこからのマイナス気味のクロスを2トップの1枚のヴェルナーが決めてドイツが先制点を奪う。そして、先制点を奪ったドイツは、システムを「3-4-1-2」から「3-4-2-1」、つまりは、「5-4-1」に変更して、守ってカウンターの態勢に。それで、しっかりと守りつつ、2トップの1枚から右SH(右シャドウ)になったサネがカウンターで何回かチャンスを作るなど、流れはドイツだった。しかし、ドイツが「5-4-1」になった、という事は、スペインにもプラスはあり、つまりは、ビルドアップがしやすくなって、特にドイツの右SHがサネからエムレ・ジャンになってからは、ドイツのカウンターの威力が大きく下がったので、そういう意味では、スペインは、より戦いやすくなったとも言える。


■ 「1対3」と「5対6」。

という事で、ドイツの1トップ対スペインの2CB+アンカー、という図式になったので、やはり、そうなってくると、スペインの2CBの1枚のS・ラモスが「俺の出番か?」という感じになって、まだ浅い時間帯には自重していたが、なかなか得点を奪えず、残り時間が少なくなっていくと、じわじわとS・ラモスが前へと行くようになり、後半のアディショナルタイム、セットプレーの流れで残っていた、という事もあったのだが、右からのクロスがS・ラモスとロドリゴがいたファーサイドへと飛び、ヘディングで折り返したのはロドリゴだったが、その折り返しをガヤが決めてスペインが同点に追い付く。その少し前にも、相手DFと競り合ったS・ラモスのファールでノーゴールではあったのだが、右からのクロスをS・ラモスの後ろにいたアンス・ファティがヘディングで決める、というシーンがあり、3トップ+2SB+S・ラモスになると6枚になって相手DFの5枚を上回るから、セットプレーの流れで残っていたにせよ、あるいは、ドイツが「5-4-1」にならなくても状況的に最後はS・ラモスは上がった可能性は高いが、やはり、S・ラモスの存在は攻守においてスペイン代表のストロングだとは思う。もちろん、諸刃の剣的な要素でもあるが。


このブログは皆様の応援で継続されています。
「参考になった」「面白かった」「賛同できる」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


★ 香川真司スタメン。前半はどうだった? 得点チャンスを逃し続けると・・・。後半はどうだった? 香川の評価は? サラゴサについて。 【 サラゴサ vs エルチェ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 香川真司スタメン。前半30分からは数的有利になったが。香川は後半41分に交代。後半はどのような感じだった? 上々なパフォーマンスだった香川だが。香川を中心にした全員で得点を取るような攻撃を構築してもらいたい。 【 エルチェ vs サラゴサ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ Timely Football Theory (TFT) 【3】 ~ システム論としてのハイプレス ~ 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ Timely Football Theory (TFT) 【2】 ~ 第三勢力としてのカテナチオの復活 ~ 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ Timely Football Theory (TFT) 【1】 ~ 下がり続けて逆振れもするビルドアップ ~ 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 雑談。思考の断片。 有料:500円:サポートによる支援もお願いします!

関連記事
【2020/09/05 11:45】 | 海外リーグ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ミラーゲーム。勝負の明暗を分けたのは? 両チームの問題点は? 【 セレッソ大阪 vs 浦和レッズ 】 | ホーム | 久保建英はトップ下で輝けるのか?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4788-e347f82d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |