Timely Football Theory (TFT)。これを読めばサッカーの最先端を理解できる! かも?
トレンドは、過去から積み上げられてきたモノが、
タイムリーに変化し、体系化され、
新しいセオリーになったもの、あるいは、なりつつあるモノ。
それを誰よりも早く知って理解できた者が、
その時代の勝者になる得ると思う。
何となくではなく、きちんと、その原理原則を理解する事が、
そして、それで頭の中身を更新する事が、
常に勝者であるための必須条件であると思う。
是非とも、一読して頂きたい。


★ 久保建英ベンチスタート。個のクオリティの差だけではない部分もあり。久保は後半29分から途中出場。なぜ久保が入ってから少し攻撃が活性化したのか? 久保の評価は? バルセロナの評価は? 【 バルセロナ vs ビジャレアル 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 岡崎慎司スタメン。システムを変えてきたウエスカ。岡崎は後半35分に交代。5人交代もパフォーマンスは上がらず。岡崎の評価は? ウエスカの評価は? 【 バレンシア vs ウエスカ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 岡崎慎司スタメン。前半のウエスカの戦い方は? 昇格組の対戦はカディスに軍配。後半のウエスカの戦い方は? 岡崎の評価は? ウエスカの評価は? 【 ウエスカ vs カディス 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
■ Timely Football Theory (TFT) 【1】 ~ 下がり続けて逆振れもするビルドアップ ~

まず重要なのは「場所」の概念。
ビルドアップ=GKも含む最終ラインからの組み立て、
と考えている人もいるかもしれないが、
実はビルドアップは、 GKも含む最終ラインからの組み立て、という事に限定されない。
実は、そこが重要なところで、
むしろ近年は、逆振れしている傾向にある。

続きはこちら(有料:200円)


■ Timely Football Theory (TFT) 【2】 ~ 第三勢力としてのカテナチオの復活 ~

強者のサッカーだけを注目しがちだが、
当然、強者だけが存在しているわけではなく、
むしろ、弱者の方が圧倒的に多いわけで、
その弱者のサッカーのトレンドにも注目すべきだと思う。
突き抜けるために戦い方ではなく、生き残るための戦い方。
但し、戦う場所(位置)が違うだけで、
戦い方の基本的な考え方の部分は同じであり、
それを理解しているかどうかが重要。

続きはこちら(有料:200円)


■ Timely Football Theory (TFT) 【3】 ~ システム論としてのハイプレス ~

究極的にはシステムは関係無い。
しかし、それは机上の空論にも近い。
やはりとして、ハイプレス向きのシステムはある。
まずはその原理原則を理解する。
但し、ハイプレスは万能ではない。
基本的には、ハイリスク・ハイリターンである。
従って、最適解を捨てる事が最適解になる、
という事が、最近のトレンドでもある。

続きはこちら(有料:200円)


■ Timely Football Theory (TFT) 【4】 ~ ハイスピード(高速)・トランジション・サッカーとは何か? その定義と理論としての実現方法 ~

強者のサッカーの最先端とは何か?
それは「ハイスピード(高速)・トランジション・サッカー」である。
しかし単純に「攻守の切り替えが速い」という事ではない。
フェイズの移行も重要になってくる。
まず「ハイスピード(高速)・トランジション・サッカー」を理解し、
尚且つ、その理論としての実現方法を書いてみたい。
2つの事を落とし込む事が重要である。
そして、そのイメージとしては、例えるならば「魚群」。

続きはこちら(有料:200円)


■ Timely Football Theory (TFT) 【5】 ~ アウトレーンの活用が無ければハーフレーンの活用も無し ~

5レーン理論やポジショナルプレーにおいて、
ハーフスペース、ハーフレーンの重要性や有効性については、
かなり語られている事が多いと思うが、
当然、大外のレーン、アウトレーンについても重要である。
アウトレーンには、いくつかの特性があり、
それを理解し活用してこそのハーフレーンでもある。
尚且つ、それが1つのトレンドとしてのセオリー化もしつつあり、
それは知っておくべきだと思う。

続きはこちら(有料:200円)


■ Timely Football Theory (TFT) 【6】 ~ セントラル・ドロップ・ダウンとサイド・クライム・アップ。そして、セントラル・クライム・アップ ~

ビルドアップにおいて重要となる動き方と連動性。
そうする事の効果と機能性のポイント。
よく、中→サイド→中→サイド→中、とボールを動かせ、
と言われると思うのだが、そのための効果的な方法。
そして、なぜドロップ・ダウンと表現し、
クライム・アップと表現するのか、という事の意図と理由。
更には、これはトレンドに日本的なサッカーを掛け合わせたもので、
これが日本のサッカーのビルドアップの質を高めると思う。

続きはこちら(有料:200円)
  

このブログは皆様の応援で継続されています。
「参考になった」「面白かった」「賛同できる」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


★ 久保建英ベンチスタート。個のクオリティの差だけではない部分もあり。久保は後半29分から途中出場。なぜ久保が入ってから少し攻撃が活性化したのか? 久保の評価は? バルセロナの評価は? 【 バルセロナ vs ビジャレアル 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 岡崎慎司スタメン。システムを変えてきたウエスカ。岡崎は後半35分に交代。5人交代もパフォーマンスは上がらず。岡崎の評価は? ウエスカの評価は? 【 バレンシア vs ウエスカ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 岡崎慎司スタメン。前半のウエスカの戦い方は? 昇格組の対戦はカディスに軍配。後半のウエスカの戦い方は? 岡崎の評価は? ウエスカの評価は? 【 ウエスカ vs カディス 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

関連記事
【2020/09/30 12:19】 | ショートコラム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<イニエスタがゴラッソ。TFTの【5】と【6】。 【 ヴィッセル神戸 vs 名古屋グランパス 】 | ホーム | 乾貴士スタメン。武藤嘉紀も後半45分から出場。 【 エイバル vs A・ビルバオ 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4810-b008d387
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |