ゼロ・トップ・システムの「3-4-2-1」でTFT【6】を機能させるロジック。
システムによっての違いは生まれるのだが、
ゼロ・トップ・システムの「3-4-2-1」であれば、
TFT【6】を機能させるロジックは、こういう事である、
という事を解説したいと思います。
ちなみに、1トップの位置が南野や鎌田ではなく大迫であっても、
誰であっても、これをやった方が良い、と個人的には思っています。


★ 選手評価。パナマ戦。2020年11月13日。オーストリア遠征。国際親善試合。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 久保建英ベンチスタート。ビジャレアルの攻撃が機能した重要なポイントは? 久保は後半41分から出場。学べるチームに入った久保。そこも久保の課題の1つ。ビジャレアルとウナイ・エメリ監督について。 【 ヘタフェ vs ビジャレアル 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 久保建英ベンチスタート。戦術的な狙いが成功しての先制点。久保は後半19分から出場。割と良いパフォーマンスだったが諸刃の剣だった久保。久保の動き方について。ウナイ・エメリ監督の戦術的な特性と久保との関係性。 【 ビジャレアル vs バジャドリード 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。コートジボワール戦。2020年10月13日。オランダ遠征。国際親善試合。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。カメルーン戦。2020年10月9日。オランダ遠征。国際親善試合。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ Timely Football Theory (TFT) 【8】 ~ TFTの【1】から【6】までを図解。TFT【3】【4】もTFT【2】もやるのがトレンドになりつつある? ~ 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ Timely Football Theory (TFT) 【7】 ~ どこでTFT【5】やTFT【6】の質の差が生まれてくるのか。そのロジックと重要な部分を解説。 ~ 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
●=相手の選手
〇=日本の選手

 ● ● ● ●
    ③
   ● ●
  〇   〇
 ●  ●  ●
①  〇 〇  ②
    ●
 〇  〇  〇

こういうスタートポジション状態から、

 ● ● ● ●
①       ②
   ● ●
  〇 ③ 〇
 ●  ●  ●
   〇 〇
    ●
 〇  〇  〇

上記のような感じに、
CFの③がセントラル・ドロップ・ダウンして、
①②のWBに高い位置を取らせる。

 ● ● ● ●
①       ②
 ● ● ● ●
  〇 ③ 〇
    ●
   〇 〇
    ●
 〇  〇  〇

そうすると、相手が「4-4」でブロックを作った状態になると、
上記のような感じになるわけですが、

 ● ● ● ●
①       ②
 ● ● ● ●
  〇 ③ 〇
    ●
   ④ 〇
    ●
 ⑤  〇  〇

後ろは「相手2対日本5」になっているので、
リスクマネージメントをしても、
日本は後ろの選手が2枚は攻撃参加する事ができる。

 ● ● ● ●
① 〇     ②
 ● ● ● ●
⑤ ④ ③ 〇
    ●
    〇
    ●
   〇 〇

従って、例えば④と⑤が上記のような感じで攻撃参加すれば、
サイドに4枚の人数をかけて攻める事ができる。

● ● ● ●
① 〇     ②
● ● ● ●
⑤ ④ ③ ⑥
   ●
   〇
   ●
  〇 〇

そして、その4枚という人数で突破する、崩す、という事もそうだが、
当然、そうなると相手は上図のように全体がボールサイドへとスライドするので、
という事は、②が完全にフリーとなるか、

● ● ● ● ●
① 〇     ②
● ● ●  
⑤ ④ ③ ⑥
   ●
   〇
   ●
  〇 〇

それをケアするために相手のSHが上図のように②に付けば、
今度は⑥がフリーになるので、
大きくサイドチェンジすればチャンスになる。

● ● ● ● ●
① 〇     ②
● ● ● ●
⑤ ④ ③ ⑥
   ●
   〇

  〇 〇

更に相手が上記のような感じで守ってきたら、
これはもう完全に日本が押し込める状態になっているので、
カウンターに注意して攻め続ければ良い。

● ● ● ●
① 〇     ②
● ● ● ●
⑤ ④ ③ ⑥
   ●
   〇
   ●
  〇 〇

● ● ● ● ●
① 〇     ②
● ● ●  
⑤ ④ ③ ⑥
   ●
   〇
   ●
  〇 〇

● ● ● ● ●
① 〇     ②
● ● ● ●
⑤ ④ ③ ⑥
   ●
   〇

  〇 〇

で、こういう3つの状態を作ったところから、
サイドチェンジして、

● ● ● ●
① ⑦ ③   ②
● ● ● ●
⑤ ④   ⑥
   ●
   〇
   ●
  〇 〇

● ● ● ● ●
① ⑦ ③   ②
● ● ●  
⑤ ④   ⑥
   ●
   〇
   ●
  〇 〇

● ● ● ● ●
① ⑦ ③   ②
● ● ● ●
⑤ ④   ⑥
   ●
   〇

  〇 〇

①⑦③がセントラル・クライム・アップ。
つまり、相手のゴール前へと侵入する。

これがTFT【6】の1つの形で、③のCFがセントラル・ドロップ・ダウンして、①②のWBと、④のボランチか⑤の3CBのサイド、あるいは、その両方をサイド・クライム・アップさせる。そして、それでサイドを攻略して、③のCFも含めた3人から4人ぐらいの選手たちがセントラル・クライム・アップしてフィニッシュ、という攻撃。

 ● ● ● ●
① ⑦     ②
 ● ● ● ●
⑤ ④ ③ 〇
    ●
    〇
    ●
   〇 〇

更には、上記のような状態になった時に起きやすいのは、

● ●● ●  ●
① ⑦     ②
●     ● ●
⑤ ④ ③ 〇
    ●
    〇
    ●
   〇 〇

●  ● ●  ●
① ⑦     ②
●     ● ●
⑤   ③ 〇
  ● ●
  ④ 〇
    ●
   〇 〇

● ●● ●  ●
① ⑦     ②
      ● ●
⑤   ③ 〇
  ● ●
  ④ 〇
    ●
   〇 〇

こんな感じに、相手のSBとCBの間にスペースが空きやすくなったり、
③のCFがフリーになりやすくなったり、
⑦か⑤か④の誰かはフリーになりやすくなったり、という状態で、
それから当然、

● ●  ● ●
① ⑦     ②
● ●   ● ●
⑤ ④ ③ 〇
    ●
    〇
    ●
   〇 〇

こうなったり、

● ● ●   ●
① ⑦     ②
● ●   ● ●
⑤ ④ ③ 〇
    ●
    〇
    ●
   〇 〇

こうなったりする可能性もあって、
もしこうなったら、③か②、あるいは、③と②は大チャンスになる。


このブログは皆様の応援で継続されています。
「参考になった」「面白かった」「賛同できる」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


★ 選手評価。パナマ戦。2020年11月13日。オーストリア遠征。国際親善試合。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 久保建英ベンチスタート。ビジャレアルの攻撃が機能した重要なポイントは? 久保は後半41分から出場。学べるチームに入った久保。そこも久保の課題の1つ。ビジャレアルとウナイ・エメリ監督について。 【 ヘタフェ vs ビジャレアル 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 久保建英ベンチスタート。戦術的な狙いが成功しての先制点。久保は後半19分から出場。割と良いパフォーマンスだったが諸刃の剣だった久保。久保の動き方について。ウナイ・エメリ監督の戦術的な特性と久保との関係性。 【 ビジャレアル vs バジャドリード 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。コートジボワール戦。2020年10月13日。オランダ遠征。国際親善試合。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。カメルーン戦。2020年10月9日。オランダ遠征。国際親善試合。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ Timely Football Theory (TFT) 【8】 ~ TFTの【1】から【6】までを図解。TFT【3】【4】もTFT【2】もやるのがトレンドになりつつある? ~ 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ Timely Football Theory (TFT) 【7】 ~ どこでTFT【5】やTFT【6】の質の差が生まれてくるのか。そのロジックと重要な部分を解説。 ~ 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

関連記事
【2020/11/16 11:45】 | 森保ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<正解は1つではない。ボランチの1枚がセントラル・ドロップ・ダウンする形でも良い攻撃の形は作る事ができた。 | ホーム | 「遠藤スゲー」は赤点分析。試合を正しくリーディング。パナマ戦を解説。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4857-07f7df9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |