早いタイミングで入り込み過ぎてしまっていた。配置の変更が功を奏さず。そこにあるジレンマ。 【 バルセロナ vs バレンシア 】
試合 :ラ・リーガ 第14節
開催日:2020年12月19日
結果 :引き分け
スコア:「2-2」
得点者:ディアカビ メッシ(PK) アラウホ マキシ・ゴメス


★ 日本化の正体とは? W杯において、常にグループステージを突破する、更には、ベスト8以上を目指す、そのためのプロジェクトとは? 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ プロジェクトを再考しリスタートすべし。個の力の責任(義務)=育成(教育)の責任(義務)=組織(社会)の責任(義務)。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 個の戦術能力を高めよ。多くの日本人選手たちに足りていない能力はここであり、世界のトップレベルとの差が大きくなっているのはここである。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。メキシコ戦。2020年11月17日。オーストリア遠征。国際親善試合。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。パナマ戦。2020年11月13日。オーストリア遠征。国際親善試合。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ Timely Football Theory (TFT) 【8】 ~ TFTの【1】から【6】までを図解。TFT【3】【4】もTFT【2】もやるのがトレンドになりつつある? ~ 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ Timely Football Theory (TFT) 【7】 ~ どこでTFT【5】やTFT【6】の質の差が生まれてくるのか。そのロジックと重要な部分を解説。 ~ 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
■ 【 バルセロナ 】

FW ブレイスウェイト メッシ グリーズマン
MF コウチーニョ ペドリ
MF ブスケツ
DF J・アルバ アラウホ ミンゲサ デスト
GK テア・シュテーゲン

FW ブレイスウェイト
MF コウチーニョ グリーズマン メッシ
MF ブスケツ ペドリ
DF J・アルバ アラウホ ミンゲサ デスト
GK テア・シュテーゲン

FW ブレイスウェイト
MF J・アルバ メッシ トリンコン
MF F・デ・ヨング ピャニッチ
DF ラングレ アラウホ ミンゲサ デスト
GK テア・シュテーゲン


■ 早いタイミングで入り込み過ぎてしまっていた。

CF、1トップのメッシが、2列目というよりも、2.5列目ぐらいの位置まで下がり、そこからプレーをスタートさせる形から、インテリオールのコウチーニョやペドリがCFの位置に入ったりメッシより高い位置を取って、ウイングのグリーズマンやブレイスウェイトもCFの位置に入ったり外からの斜めの動きでPA内に入ったり、という事なのだが、今回の試合に関して言えば、早いタイミングで入り込み過ぎてしまって、故に、動きが少なくなって交通渋滞を起こしてしまっていたり、インテリオールのコウチーニョとペドリの関係性が上手くいってなかった感じがした。ただ、グリーズマンが右サイドで裏を取ってPK、という形での得点は生まれたので、そこまで悪い感じではなかったのではないだろうか。


■ 配置の変更が功を奏さず。

むしろ、後半から、ブレイスウェイトとグリーズマンの2トップ、あるいは、ブレイスウェイトが1トップでトップ下にグリーズマン、そして、コウチーニョを左、メッシを右、という配置に変えたのだが、そちらの方が微妙な印象だった。コウチーニョは左サイドに出てからの方が良かった感じだったが、メッシは前半の方が活きていた感じで、攻撃の基準点をメッシからグリーズマンに変更したのか、あるいは、基準点は変えていないがメッシを右サイドにしたのか、という部分も曖昧だったし、従って結局は、後半28分にはグリーズマンとの交代でトリンコンを入れて、再びメッシを中央に戻す、という采配になった。


■ そこにあるジレンマ。

ただ、あまりトリンコンは効果的なプレーができていないし、1トップにブレイスウェイトやグリーズマンを置いて、トップ下にメッシ、という配置になった時には、メッシとブレイスウェイト、メッシとグリーズマン、というところの関係性が、メッシとスアレスのような関係性にはなれなくて、それで機能性が落ちてしまう印象もある。もちろん、そこに関しては、恒常的にやらせるようにすれば、という事はあると思うのだが、そうするとペドリかF・デ・ヨングは使い難くなるし、システムも、「4-1-2-3」よりも「4-4-2」の方に近くなるので、バルサが目指している方向性とは異なってくる問題がある。


このブログは皆様の応援で継続されています。
「参考になった」「面白かった」「賛同できる」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


★ 日本化の正体とは? W杯において、常にグループステージを突破する、更には、ベスト8以上を目指す、そのためのプロジェクトとは? 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ プロジェクトを再考しリスタートすべし。個の力の責任(義務)=育成(教育)の責任(義務)=組織(社会)の責任(義務)。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 個の戦術能力を高めよ。多くの日本人選手たちに足りていない能力はここであり、世界のトップレベルとの差が大きくなっているのはここである。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。メキシコ戦。2020年11月17日。オーストリア遠征。国際親善試合。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。パナマ戦。2020年11月13日。オーストリア遠征。国際親善試合。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ Timely Football Theory (TFT) 【8】 ~ TFTの【1】から【6】までを図解。TFT【3】【4】もTFT【2】もやるのがトレンドになりつつある? ~ 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ Timely Football Theory (TFT) 【7】 ~ どこでTFT【5】やTFT【6】の質の差が生まれてくるのか。そのロジックと重要な部分を解説。 ~ 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

関連記事
【2020/12/22 18:45】 | 海外リーグ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<武藤嘉紀と乾貴士がスタメン。攻撃は良くなってきているが。 【 エイバル vs R・マドリード 】 | ホーム | 久保建英の出場は無し。信頼を勝ち取るのは、どの選手か。 【 オサスナ vs ビジャレアル 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4893-f53c461f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |