守備的にしたのに失点した。 【 ビジャレアル vs レバンテ 】
試合 :ラ・リーガ 第17節
開催日:2021年1月2日
結果 :ビジャレアル勝利
スコア:「2-1」
得点者:フェル・ニーニョ J・モレーノ セルジオ・レオン


★ 柴崎岳。岡崎慎司。乾貴士。久保建英。ラ・リーガ2020-21シーズン。前半戦総括。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 岡崎慎司スタメン。前半は何が起こっていたのか。岡崎フル出場も敗戦。なぜウエスカは1点を返せたのか。岡崎の評価は? ウエスカの評価は? 【 セルタ vs ウエスカ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 日本化の正体とは? W杯において、常にグループステージを突破する、更には、ベスト8以上を目指す、そのためのプロジェクトとは? 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ プロジェクトを再考しリスタートすべし。個の力の責任(義務)=育成(教育)の責任(義務)=組織(社会)の責任(義務)。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 個の戦術能力を高めよ。多くの日本人選手たちに足りていない能力はここであり、世界のトップレベルとの差が大きくなっているのはここである。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
■ 【 ビジャレアル 】

攻撃時は、

FW ジェレミ・ピノ フェル・ニーニョ J・モレーノ
MF トリゲロス モイ・ゴメス
MF パレホ
DF ペドラサ P・トーレス アルビオル ルベン・ペーニャ
GK アセンホ

こういう「4-1-2-3」から、
パレホがセントラル・ドロップ・ダウンして、
左右の両SBがサイド・クライム・アップする、
という形であるが、
守備時は、

FW フェル・ニーニョ J・モレーノ
MF ジェレミ・ピノ トリゲロス パレホ モイ・ゴメス
DF ペドラサ P・トーレス アルビオル ルベン・ペーニャ
GK アセンホ

こういう「4-4-2」になる、
という、いつもの戦い方だったが、
前半19分、パレホ→トリゲロス→ペドラサ、とボールが繋がり、
ペドラサからのクロスをフェル・ニーニョが決めて先制点。

レバンテは「5-3-2」で、
マークを徹底させる(その場合は「3-4-1-2」になるべきだが)、
というよりもゾーンで守る感じだったのだが、
そのせいもあってか、人に対する寄せが常に甘く、
先制点のシーンもそうだったし、2失点目もそうだったし、
他のピンチのシーンでも常にそうで、という事だった。

スコア「1-0」で折り返した後半のスタートから、
ビジャレアルは、
フェル・ニーニョとジェレミ・ピノとの交代で、
チュクウェゼとフォイスを入れ、

FW J・モレーノ
MF モイ・ゴメス パレホ トリゲロス チュクウェゼ
MF フォイス
DF ペドラサ P・トーレス アルビオル ルベン・ペーニャ
GK アセンホ

こういう布陣に変更。
そして、後半8分に2点目を奪うと、
後半22分、モイ・ゴメスとの交代でエストゥピニャンを入れ、

FW J・モレーノ
MF ペドラサ パレホ トリゲロス チュクウェゼ
MF フォイス
DF エストゥピニャン P・トーレス アルビオル ルベン・ペーニャ
GK アセンホ

こういう布陣に変更したが、
1点リードの状態で守備的にし、
そして、2点リードの状態で更に守備的にし、
攻撃はカウンター狙い、というような、
ハッキリとした采配だった。

ただ、守備時は、

FW J・モレーノ チュクウェゼ
MF モイ・ゴメス パレホ フォイス トリゲロス
DF ペドラサ P・トーレス アルビオル ルベン・ペーニャ
GK アセンホ

こうなるというよりも、

FW J・モレーノ トリゲロス
MF モイ・ゴメス パレホ フォイス チュクウェゼ
DF ペドラサ P・トーレス アルビオル ルベン・ペーニャ
GK アセンホ

こちらの感じになっている事が多く、
しかし、

FW J・モレーノ
MF ペドラサ パレホ トリゲロス チュクウェゼ
MF フォイス
DF エストゥピニャン P・トーレス アルビオル ルベン・ペーニャ
GK アセンホ

こうだったり、

FW J・モレーノ
MF J・コスタ パレホ トリゲロス チュクウェゼ
MF フォイス
DF エストゥピニャン P・トーレス アルビオル ルベン・ペーニャ
GK アセンホ

後半31分にJ・コスタが入り、
こういうメンバーになってからは、

FW J・モレーノ チュクウェゼ
MF J・コスタ パレホ フォイス トリゲロス
DF エストゥピニャン P・トーレス アルビオル ルベン・ペーニャ
GK アセンホ

守備時は、
こういう「4-4-2」になるように変えていた。

そして、後半28分、
ビジャレアルは1失点したのだが、
クロスに対しての守備の時には、
アンカーの選手、この時にはフォイスだったが、
その選手が2CBの間を守る、という事が、
ウナイ・エメリ監督のビジャレアルの1つの約束事になっていて、
やはり、以前の試合でもそうだったように、
このシーンでもフォイスが遅れてしまったので、という事だった。
気が付いてはいたのだが、という感じだった。

FW J・モレーノ
MF ペドラサ パレホ トリゲロス チュクウェゼ
DF エストゥピニャン P・トーレス フォイス アルビオル ルベン・ペーニャ
GK アセンホ

要するに、こういう感じならないといけないのに、
という事なのだが、まだフォイスは、それができていない。
もちろん、やっているシーンもあるのだが。

という事で、結果はスコア「2-1」でビジャレアルの勝利、
フェル・ニーニョとJ・モレーノの得点で、
という事だったが、ウナイ・エメリ監督としては、
守備的にしたのに失点した、という事が、
大きなインパクトとして残った試合だったのではないかと思う。

守備的にしたのに失点した、という事では、
レバンテもそうだったが。


このブログは皆様の応援で継続されています。
「参考になった」「面白かった」「賛同できる」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


★ 柴崎岳。岡崎慎司。乾貴士。久保建英。ラ・リーガ2020-21シーズン。前半戦総括。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 岡崎慎司スタメン。前半は何が起こっていたのか。岡崎フル出場も敗戦。なぜウエスカは1点を返せたのか。岡崎の評価は? ウエスカの評価は? 【 セルタ vs ウエスカ 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 日本化の正体とは? W杯において、常にグループステージを突破する、更には、ベスト8以上を目指す、そのためのプロジェクトとは? 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ プロジェクトを再考しリスタートすべし。個の力の責任(義務)=育成(教育)の責任(義務)=組織(社会)の責任(義務)。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 個の戦術能力を高めよ。多くの日本人選手たちに足りていない能力はここであり、世界のトップレベルとの差が大きくなっているのはここである。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

関連記事
【2021/01/09 01:20】 | 海外リーグ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ポイントはどこだったのか? 【 セルタ vs ビジャレアル 】 | ホーム | 「Vの字」型。 【 A・ビルバオ vs バルセロナ 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4912-8f606a6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |