バルセロナの敗因は? 【 バルセロナ vs A・ビルバオ 】
試合 :ラ・リーガ スーペルコパ 決勝
開催日:2021年1月17日
結果 :A・ビルバオ勝利
スコア:「2-2(0延長1)」
得点者:グリーズマン デ・マルコス グリーズマン ビジャリブレ ウィリアムズ


★ Timely Football Theory (TFT) 【9】 ~ システム・トランジションで問題を解決する ~ 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ ゲームモデルや戦術やシステムは必要? 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 柴崎岳。岡崎慎司。乾貴士。久保建英。ラ・リーガ2020-21シーズン。前半戦総括。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 日本化の正体とは? W杯において、常にグループステージを突破する、更には、ベスト8以上を目指す、そのためのプロジェクトとは? 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ プロジェクトを再考しリスタートすべし。個の力の責任(義務)=育成(教育)の責任(義務)=組織(社会)の責任(義務)。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 個の戦術能力を高めよ。多くの日本人選手たちに足りていない能力はここであり、世界のトップレベルとの差が大きくなっているのはここである。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
昨季のリーグ戦の上位の2チームと、
国王杯の決勝に残った2チーム、
つまり、バルセロナ、レアル・ソシエダ、
レアル・マドリード、アスレティック・ビルバオ、
という4チームで行われる今季のスーペルコパ。

その決勝戦、
バルセロナ対A・ビルバオの試合。

まずバルセロナは、

FW グリーズマン メッシ デンベレ
MF ペドリ F・デ・ヨング
MF ブスケツ
DF J・アルバ ラングレ アラウホ デスト
GK テア・シュテーゲン

こういうスタメンで、
一方のA・ビルバオは、

FW ラウル・ガルシア ウィリアムズ
MF ムニアイン ダニ・ガルシア ベンセドール デ・マルコス
DF バレンシアガ イニゴ・マルティネス ジェライ カパ
GK ウナイ・シモン

こういうスタメンだった。

という事で、
準決勝はハムストリングの違和感で欠場したが、
メッシが復帰したバルセロナ。
そして、準決勝でR・マドリードを倒してきたA・ビルバオ。
という事だったのだが、前半から見えていた、
この試合のポイントは以下の4つで、

① メッシは60~80%ぐらいにセーブしながらプレーしていた。

② バルサはハイプレスをせずブロックを作って守るなど慎重な戦い方だった。

③ A・ビルバオのFWのウィリアムズがバルサのCBに対して優位性を保っていた。

④ A・ビルバオのムニアインのリスタートのキックが冴えていた。

まずはやはり、①と②の要素により、
なかなかバルセロナは良い攻撃ができず、
ポゼッション率はバルセロナが少し上回るぐらいで試合は進み、
それでも、前半40分、
メッシが右の中盤のハーフスペースからJ・アルバに展開し、
そのJ・アルバからの折り返しをゴール前でメッシ、
そして、そのこぼれ球をグリーズマン、
という事でバルセロナが先制点を奪ったのだが、
その直後の前半42分、③の要素、
ウィリアムズが最前線でボールを受けてクロス、
そのクロスにデ・マルコスが合わせ、
すぐにA・ビルバオが同点に追い付く。

という事で、前半はスコア「1-1」の同点で終了。


バルセロナは、後半の開始から、
デストとの交代でミンゲサを入れ、

FW グリーズマン メッシ デンベレ
MF ペドリ F・デ・ヨング
MF ブスケツ
DF J・アルバ ラングレ アラウホ ミンゲサ
GK テア・シュテーゲン

こういうメンバーに変更。
更には、後半の途中からは、
デンベレとグリーズマンが位置を入れ替え、

FW デンベレ メッシ グリーズマン
MF ペドリ F・デ・ヨング
MF ブスケツ
DF J・アルバ ラングレ アラウホ ミンゲサ
GK テア・シュテーゲン

こういう配置に変更。
そして、後半32分、
この時のメッシは右サイドにいたが、
デンベレとJ・アルバの2人だけで左サイドを崩し、
J・アルバのクロスをグリーズマンが決めてバルセロナが2点目。

という事で、再び1点のビハインドとなったA・ビルバオは、
後半35分、カパとベンセドールとの交代でべスガとべレンゲルを入れ、

FW ラウル・ガルシア ウィリアムズ
MF ムニアイン べスガ ダニ・ガルシア べレンゲル
DF バレンシアガ イニゴ・マルティネス ジェライ デ・マルコス
GK ウナイ・シモン

こういうメンバーに変更し、
また続く後半38分には、
ラウル・ガルシアとバレンシアガとの交代でビジャリブレとレクエを入れ、

FW ビジャリブレ ウィリアムズ
MF ムニアイン べスガ ダニ・ガルシア べレンゲル
DF レクエ イニゴ・マルティネス ジェライ デ・マルコス
GK ウナイ・シモン

こういうメンバーにA・ビルバオは変更。
一方のバルセロナも、後半43分、
デンベレとペドリとの交代でブレイスウェイトとピャニッチを入れ、

FW ブレイスウェイト メッシ グリーズマン
MF ピャニッチ F・デ・ヨング
MF ブスケツ
DF J・アルバ ラングレ アラウホ ミンゲサ
GK テア・シュテーゲン

こういうメンバーへと変更。
しかし、④の要素、
途中にも何回かセットプレーから危ないシーンがあったのだが、
後半45分、ムニアインがキッカーのセットプレーから、
途中交代で入っていたビジャリブレが決め、
土壇場でA・ビルバオが再び同点に追い付く。

試合は延長戦へ。

そして、その延長前半4分、
③の要素、ウィリアムズのゴラッソが生まれ、
これでスコア「2-3」となり、
A・ビルバオがリードを奪う。

1点のリードを奪ったA・ビルバオは、延長前半5分、
イニゴ・マルティネスとの交代でウナイ・ヌニェスを入れ、

FW ビジャリブレ ウィリアムズ
MF ムニアイン べスガ ダニ・ガルシア べレンゲル
DF レクエ ウナイ・ヌニェス ジェライ デ・マルコス
GK ウナイ・シモン

こういうメンバーとなり、
そしてバルセロナも、延長前半6分、
ブスケツとの交代でリキ・プッチを入れ、

FW ブレイスウェイト メッシ グリーズマン
MF リキ・プッチ ピャニッチ
MF F・デ・ヨング
DF J・アルバ ラングレ アラウホ ミンゲサ
GK テア・シュテーゲン

こういう布陣に。
更には、バルセロナは延長後半の開始から、
ラングレとの交代でトリンコンを入れ、

FW ブレイスウェイト グリーズマン トリンコン
MF メッシ
MF リキ・プッチ ピャニッチ
DF J・アルバ F・デ・ヨング アラウホ ミンゲサ
GK テア・シュテーゲン

こういう感じの布陣に。
一方のA・ビルバオも延長後半の開始から、
ウィリアムズとの交代でモルシージョを入れ、

FW ビジャリブレ
MF ムニアイン
MF モルシージョ べスガ ダニ・ガルシア べレンゲル
DF レクエ ウナイ・ヌニェス ジェライ デ・マルコス
GK ウナイ・シモン

こういう感じの布陣に。

そして、もうバルサはアラウホも最前線に置くなどして、
誰もDFはいないぐらいの感じで攻めたのだが、
やはりセットプレーからやられそうになったりとか、
試合終了間際にはメッシが一発レッドカードで退場になったりとか、
という事で、A・ビルバオが逆転勝利を収めた。

バルセロナが、どういう戦い方をしていたのかは、
今のバルセロナの「V・システム」攻撃を解説。
この記事に書いた通りであるが、しかし攻撃については、

① メッシは60~80%ぐらいにセーブしながらプレーしていた。

② バルサはハイプレスをせずブロックを作って守るなど慎重な戦い方だった。

③ A・ビルバオのFWのウィリアムズがバルサのCBに対して優位性を保っていた。

④ A・ビルバオのムニアインのリスタートのキックが冴えていた。

やはり、この中の①の要素が、という事は否めなかったし、
そして守備については、
②だったのだが③の④の要素によって、という事だった。

優勝したA・ビルバオについては、
R・マドリードとバルセロナを薙ぎ倒した見事な優勝だったが、
インテンシティの高いハイプレス、
それも含めて、個々の選手たちのパフォーマンスが良く、
それが優勝できた大きな要素だったように思う。


このブログは皆様の応援で継続されています。
「参考になった」「面白かった」「賛同できる」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


★ Timely Football Theory (TFT) 【9】 ~ システム・トランジションで問題を解決する ~ 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ ゲームモデルや戦術やシステムは必要? 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 柴崎岳。岡崎慎司。乾貴士。久保建英。ラ・リーガ2020-21シーズン。前半戦総括。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 日本化の正体とは? W杯において、常にグループステージを突破する、更には、ベスト8以上を目指す、そのためのプロジェクトとは? 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ プロジェクトを再考しリスタートすべし。個の力の責任(義務)=育成(教育)の責任(義務)=組織(社会)の責任(義務)。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 個の戦術能力を高めよ。多くの日本人選手たちに足りていない能力はここであり、世界のトップレベルとの差が大きくなっているのはここである。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

関連記事
【2021/01/19 11:35】 | 海外リーグ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<久保建英と柴崎岳とホセ・ボルダラスとヘタフェ。 | ホーム | 今のバルセロナの「V・システム」攻撃を解説。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4923-69b67ff2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |