岡崎慎司スタメン。岡崎のアシストで先制点を奪うも逆転負け。 【 ウエスカ vs R・マドリード 】
試合 :ラ・リーガ 第22節
開催日:2021年2月6日
結果 :R・マドリード勝利
スコア:「1-2」
得点者:ハヴィ・ガラン ヴァラン ヴァラン


★ 南野拓実のサウサンプトン移籍に思う日本(のサッカー)の現状の問題点。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ Timely Football Theory (TFT) 【9】 ~ システム・トランジションで問題を解決する ~ 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ ゲームモデルや戦術やシステムは必要? 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 柴崎岳。岡崎慎司。乾貴士。久保建英。ラ・リーガ2020-21シーズン。前半戦総括。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 日本化の正体とは? W杯において、常にグループステージを突破する、更には、ベスト8以上を目指す、そのためのプロジェクトとは? 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ プロジェクトを再考しリスタートすべし。個の力の責任(義務)=育成(教育)の責任(義務)=組織(社会)の責任(義務)。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 個の戦術能力を高めよ。多くの日本人選手たちに足りていない能力はここであり、世界のトップレベルとの差が大きくなっているのはここである。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
R・マドリードを迎え撃つウエスカは、

FW ラファ・ミル 岡崎慎司
MF セオアネ ドゥンビア ミケル・リコ
DF ハヴィ・ガラン G・シルヴァ シオヴァス プリド マフェオ
GK アルバロ・F

こういう前節と同じスタメン。

一方、怪我人続出中のR・マドリードは、

FW ヴィニシウス ベンゼマ アセンシオ
MF クロース モドリッチ
MF カゼミーロ
DF マンディ ナチョ ヴァラン オドリオソラ
GK クルトワ

こういうスタメン。

前半の立ち上がりの時間帯に良さを見せたのはウエスカで、
何となく、ぎこちない感じのR・マドリードだったが、
その後はR・マドリードがボールを支配して押し込む展開が続き、
ウエスカは守り一辺倒の苦しい状態に。

ただ、サイドチェンジを繰り返して、
ウエスカの2枚のインテリオールや2トップを、
走らせて揺さぶる事はできていたのだが、
右サイドはオドリオソラのパフォーマンスもそうだし、
アセンシオとオドリオソラのコンビネーションも良くないし、
左サイドもヴィニシウスのパフォーマンスもそうだし、
やはりマンディはボールを受けた後のプレーが良くないので、
という感じで、あまり得点の匂いは感じさせていなかった。

一方のウエスカは、ラファ・ミルと岡崎の2トップが孤立状態で、
それは「5-3-2」で退かされてしまうので仕方ないので、
TFT【2】の戦い方の攻撃ができるかどうか、
という事が1つのポイントだったと言えるのだが、
なかなか思ったようにはいかずに、という前半だった。

ただ、ホームではあったが、ウエスカとしては、
とりあえず前半は攻撃よりも守備、
何とかスコアレスで、という事で良かったと思うので、
そして、実際、前半はスコアレスで終了したので、
立ち上がりは良かったし、悪くない前半だったと言えると思う。


後半、再び立ち上がりの時間帯に良さを見せたのはウエスカで、
よりTFT【2】の戦い方の攻撃を整えてきた感じがしたが、
後半3分、右サイドでミケル・リコ→岡崎と縦にボールが繋がり、
岡崎からのクロス性のパスを受けたハヴィ・ガランがシュートを決めて、
なんとウエスカが先制点を奪う事に成功。

しかし、その喜びも束の間、後半10分、
ベンゼマの直接FKからのこぼれ球をヴァランが押し込み、
すぐさまR・マドリードが同点に追い付く。

そして、同点に追い付かれてしまったウエスカは、
後半17分、岡崎との交代でエスクリチェを投入し、

FW ラファ・ミル エスクリチェ
MF セオアネ ドゥンビア ミケル・リコ
DF ハヴィ・ガラン G・シルヴァ シオヴァス プリド マフェオ
GK アルバロ・F

こういうメンバーに。

一方のR・マドリードも、後半22分、
オドリオソラとの交代でマルセロを入れ、

FW ヴィニシウス ベンゼマ アセンシオ
MF クロース モドリッチ
MF カゼミーロ
DF マルセロ ナチョ ヴァラン マンディ
GK クルトワ

こういう配置とメンバーに。

ここから少し試合は膠着状態となり、どちらのチームも、
次の一手、どうするのか、という感じになっていたのだが、
後半28分、ウエスカがドゥンビアとの交代でオンティベロスを入れ、

FW ラファ・ミル
MF オンティベロス エスクリチェ
MF ハヴィ・ガラン セオアネ ミケル・リコ マフェオ
DF G・シルヴァ シオヴァス プリド
GK アルバロ・F

こういう配置とメンバーにして、
得点を取りに出た、というのは少し驚きだった。

一方のR・マドリードも、後半33分、
マンディとヴィニシウスとの交代でマルビンとマリアーノを入れ、

FW マリアーノ ベンゼマ アセンシオ
MF クロース モドリッチ
MF カゼミーロ
DF マルセロ ナチョ ヴァラン マルビン
GK クルトワ

こういうメンバーに。

それでも、どちらのチームも、相手GKのファインセーブなどもあり、
なかなか得点は奪えなかったのだが、後半39分、
セットプレーから再びヴァランが押し込んでR・マドリードが逆転。

という事で、後半41分、ウエスカは、
ミケル・リコとG・シルヴァとの交代で、
フェレイロとフアン・カルロスを入れ、

FW ラファ・ミル エスクリチェ
MF オンティベロス フアン・カルロス セオアネ フェレイロ
DF ハヴィ・ガラン シオヴァス プリド マフェオ
GK アルバロ・F

最後は「4-4-2」か「4-1-3-2」にして攻めたのだが、
そのまま試合はスコア「1-2」で終了し、
岡崎のアシストはあったが、R・マドリードの逆転勝利という結果だった。


岡崎に関しては、守備時は当然そうだったのだが、
攻撃時も少し下がる動きをしたりとか、
そういう個としての工夫も見られていたし、
おそらく後半のサイドへと流れる動きは、
監督からの指示だったのではないかと思うのだが、
その動きがアシストにもつながったし、
更には、ロングフィードの空中戦の競り合いも頑張っていたので、
パフォーマンスとしては上々だったと言えると思う。

ラファ・ミルが右サイドで抜け出してクロス、
岡崎がニアに飛び込んで合わせる、という惜しいシーンもあった。

ウエスカというチームが、以前にも書いたように、
監督が交代になったとしても簡単には・・・、と予想できるので、
この先も岡崎は苦しむ事にはなると思うが、
そこで何を見せられるのか、という事には強く期待したい。


このブログは皆様の応援で継続されています。
「参考になった」「面白かった」「賛同できる」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


★ 南野拓実のサウサンプトン移籍に思う日本(のサッカー)の現状の問題点。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ Timely Football Theory (TFT) 【9】 ~ システム・トランジションで問題を解決する ~ 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ ゲームモデルや戦術やシステムは必要? 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 柴崎岳。岡崎慎司。乾貴士。久保建英。ラ・リーガ2020-21シーズン。前半戦総括。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 日本化の正体とは? W杯において、常にグループステージを突破する、更には、ベスト8以上を目指す、そのためのプロジェクトとは? 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ プロジェクトを再考しリスタートすべし。個の力の責任(義務)=育成(教育)の責任(義務)=組織(社会)の責任(義務)。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 個の戦術能力を高めよ。多くの日本人選手たちに足りていない能力はここであり、世界のトップレベルとの差が大きくなっているのはここである。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

関連記事
【2021/02/07 11:35】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<南野拓実が先発フル出場し前半30分にサウサンプトンでのデビュー戦で得点。しかし試合結果は3失点して敗戦。 【 ニューカッスル vs サウサンプトン 】 | ホーム | 久保建英の現状の問題点の1つはドリブル後のプレー。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4942-0ecaae52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |