メッシとトリンコンが2得点ずつ奪って大勝。 【 バルセロナ vs アラベス 】
試合 :ラ・リーガ 第23節
開催日:2021年2月13日
結果 :バルセロナ勝利
スコア:「5-1」
得点者:トリンコン メッシ リオハ トリンコン メッシ ジュニオル


★ 南野拓実のサウサンプトン移籍に思う日本(のサッカー)の現状の問題点。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ Timely Football Theory (TFT) 【9】 ~ システム・トランジションで問題を解決する ~ 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ ゲームモデルや戦術やシステムは必要? 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 柴崎岳。岡崎慎司。乾貴士。久保建英。ラ・リーガ2020-21シーズン。前半戦総括。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 日本化の正体とは? W杯において、常にグループステージを突破する、更には、ベスト8以上を目指す、そのためのプロジェクトとは? 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ プロジェクトを再考しリスタートすべし。個の力の責任(義務)=育成(教育)の責任(義務)=組織(社会)の責任(義務)。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 個の戦術能力を高めよ。多くの日本人選手たちに足りていない能力はここであり、世界のトップレベルとの差が大きくなっているのはここである。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
バルセロナは、

FW グリーズマン メッシ トリンコン
MF リキ・プッチ イライクス
MF ブスケツ
DF ジュニオル ラングレ F・デ・ヨング ミンゲサ
GK テア・シュテーゲン

こういう「4-1-2-3」で、
但し、ビルドアップ時は、

FW グリーズマン メッシ
MF ジュニオル リキ・プッチ イライクス トリンコン
MF ブスケツ
DF ラングレ F・デ・ヨング ミンゲサ
GK テア・シュテーゲン

こういう「3-1-4-2」となり、
そして、それで押し込んだ時には、

FW グリーズマン メッシ トリンコン
MF ジュニオル リキ・プッチ イライクス ミンゲサ
MF ブスケツ
DF ラングレ F・デ・ヨング
GK テア・シュテーゲン

ミンゲサも上がって、こういう感じになり、
更には、メッシがセントラル・ドロップ・ダウンして、

FW グリーズマン トリンコン
MF ジュニオル リキ・プッチ イライクス ミンゲサ
MF ブスケツ メッシ
DF ラングレ F・デ・ヨング
GK テア・シュテーゲン

こういう「V・システム」になったり、
もしくは、メッシが右サイドのハーフレーン、
または、アウトレーンで待っていて、
そこからドリブルで中や縦へ仕掛けたり、
というような戦い方だった。

一方のアラベスは、

FW ルカス・ペレス ホセル
MF コルドバ ピナ バッタグリア エドガル・メンデス
DF ドゥアルテ ルジューヌ タチ マルティン
GK パチェコ

こういう「4-4-2」で、但し、
バルサの左SBのジュニオルが高い位置を取るので、
アラベスの右SHは低い位置まで下がり、

FW ルカス・ペレス ホセル
MF コルドバ ピナ バッタグリア
DF ドゥアルテ ルジューヌ タチ マルティン エドガル・メンデス
GK パチェコ

こういう「5-3-2」のようになっているシーンも多かった。

という事で、ボールを支配して攻めるバルセロナ、
リトリートして守ってカウンターのアラベス、
という展開だったのだが、攻めあぐねるバルセロナ、
時々、可能性が有りそうなカウンターも見せるアラベス、
という感じで試合は進み、しかし、前半29分、
トリンコンが決めてバルセロナが先制点。

そして、前半46分、メッシがニアを抜くシュートを決め、
前半はバルセロナの2点リードで終了。


後半は、両チーム共にスタートから選手を交代し、
アラベスは、コルドバとマルティンとの交代で、
リオハとラグアルディアを入れ、

FW ルカス・ペレス ホセル
MF リオハ ピナ バッタグリア エドガル・メンデス
DF ドゥアルテ ルジューヌ ラグアルディア タチ
GK パチェコ

こういうメンバーに。

一方のバルセロナも、
ブスケツとの交代でウムティティを入れ、

FW グリーズマン メッシ トリンコン
MF リキ・プッチ イライクス
MF F・デ・ヨング
DF ジュニオル ウムティティ ラングレ ミンゲサ
GK テア・シュテーゲン

こういうメンバーに。

という事だったのだが、後半12分、
トリンコンの先制点をアシストしていたイライクスだが、
そのイライクスのパスミスをリオハが奪い、
ショートカウンターでアラベスが1点を返す。

これでスコア「2-1」となり、まだ試合はわからない、
という状況で、後半19分、
バルセロナはイライクスとの交代でペドリを入れ、

FW グリーズマン メッシ トリンコン
MF リキ・プッチ ペドリ
MF F・デ・ヨング
DF ジュニオル ウムティティ ラングレ ミンゲサ
GK テア・シュテーゲン

こういうメンバーとなり、更には、後半27分、
バルセロナは、F・デ・ヨングとミンゲサとの交代で、
ピャニッチとデストを入れ、

FW グリーズマン メッシ トリンコン
MF リキ・プッチ ペドリ
MF ピャニッチ
DF ジュニオル ウムティティ ラングレ デスト
GK テア・シュテーゲン

こういうメンバーに。

一方のアラベスも、同じく後半27分、
ピナとの交代でペラ・ポンスを入れ、

FW ルカス・ペレス ホセル
MF リオハ バッタグリア ペラ・ポンス エドガル・メンデス
DF ドゥアルテ ルジューヌ ラグアルディア タチ
GK パチェコ

こういうメンバーに。

という事だったが、ここからはバルセロナのゴールラッシュ。

後半29分、再びトリンコン、
後半30分、再びメッシ、
そして最後は、後半35分、ジュニオルも決めて、
これでスコア「5-1」とバルセロナが大きくリード。

という事で、もう余裕になったバルセロナは、
後半36分、グリーズマンとの交代でデンベレを入れ、

FW デンベレ メッシ トリンコン
MF リキ・プッチ ペドリ
MF ピャニッチ
DF ジュニオル ウムティティ ラングレ デスト
GK テア・シュテーゲン

こういうメンバーに。

一方のアラベスも、後半36分、
ルカス・ペレスとホセルとの交代で、
ボルハ・サインスとデイヴェルソンを入れ、

FW ボルハ・サインス デイヴェルソン
MF リオハ バッタグリア ペラ・ポンス エドガル・メンデス
DF ドゥアルテ ルジューヌ ラグアルディア タチ
GK パチェコ

こういうメンバーとなり、という事だったが、
そのまま試合はスコア「5-1」で終了し、
バルセロナの大勝、という結果に終わった。


前半29分に先制点を奪うまでは、
攻めあぐねていたバルセロナだったが、
ミンゲサの個の仕掛けによる突破からのクロスから、
イライクスがファーサイドで折り返してトリンコン、
という形で先制点を奪うと、
その後にもVAR判定で取り消しにはなったが、
メッシの幻のゴールもあったり、
そして、前半46分、今度は幻にならずにメッシが決めて、
後半は1点を返される展開からスタートしたが、
ペドリを後半19分に入れた事で再び良い流れを取り戻し、
後半29分、ペドリのスルーパスでメッシが抜け出し、
そのこぼれ球をトリンコンが決め、
そして、後半30分、メッシが個の力で決め、
最後はジュニオルも得点を決める事ができ、
そういう意味では、1つ大きなミスはあったが、
イライクスも悪くはなかったと思うし、
更には、トリンコンが得点を取れるようになってきていたり、
ペドリが流れを良くする存在感を発揮したりと、
結果もそうだが、バルセロナとしては、
収穫の多い試合になったと思う。

メッシも好調を維持できている感じだった。

ただ、その一方で、やはりCBのところの不安定さ、
という部分に関しては、アラウホがいなくなってから、
更に増してしまっているような感じで、
メッシと「V・システム」による高い攻撃力で、
どこまで押し切れるのか、という部分の不安は拭えない。


このブログは皆様の応援で継続されています。
「参考になった」「面白かった」「賛同できる」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


★ 南野拓実のサウサンプトン移籍に思う日本(のサッカー)の現状の問題点。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ Timely Football Theory (TFT) 【9】 ~ システム・トランジションで問題を解決する ~ 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ ゲームモデルや戦術やシステムは必要? 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 柴崎岳。岡崎慎司。乾貴士。久保建英。ラ・リーガ2020-21シーズン。前半戦総括。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 日本化の正体とは? W杯において、常にグループステージを突破する、更には、ベスト8以上を目指す、そのためのプロジェクトとは? 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ プロジェクトを再考しリスタートすべし。個の力の責任(義務)=育成(教育)の責任(義務)=組織(社会)の責任(義務)。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 個の戦術能力を高めよ。多くの日本人選手たちに足りていない能力はここであり、世界のトップレベルとの差が大きくなっているのはここである。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

関連記事
【2021/02/16 11:35】 | 海外リーグ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<乾貴士スタメン。武藤嘉紀は後半34分から出場。 【 エイバル vs バジャドリード 】 | ホーム | 久保建英は後半13分から途中出場。チームと久保の問題点。 【 ヘタフェ vs R・ソシエダ 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4952-6b130d9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |