メッシが素晴らしいダブルタッチから得点。 【 セビージャ vs バルセロナ 】
試合 :ラ・リーガ 第25節
開催日:2021年2月27日
結果 :バルセロナ勝利
スコア:「0-2」
得点者:デンベレ メッシ


★ 「ライン間」ではなく「ライン裏」と表現するべきなのではないか。必然的に良い攻撃を生み出すために。 有料:100円:サポートによる支援もお願いします!

★ オールコートのマンツーマンでのハイプレスはしていなかったリーズ。なぜサウサンプトンは3失点したのか? 後半13分から出場の南野拓実の評価は? 【 リーズ vs サウサンプトン 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ サッカーの分析などを行うにおいて、常に心掛けている事はありますか? 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 南野拓実のサウサンプトン移籍に思う日本(のサッカー)の現状の問題点。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ Timely Football Theory (TFT) 【9】 ~ システム・トランジションで問題を解決する ~ 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ ゲームモデルや戦術やシステムは必要? 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
バルセロナは、

FW デンベレ メッシ
MF J・アルバ ペドリ F・デ・ヨング デスト
MF ブスケツ
DF ラングレ ピケ ミンゲサ
GK テア・シュテーゲン

こういう「3-1-4-2」で、
もちろん、これは、

FW デンベレ メッシ
MF ペドリ ブスケツ F・デ・ヨング
DF J・アルバ ラングレ ピケ ミンゲサ デスト
GK テア・シュテーゲン

こういう「5-3-2」でもあるし、
尚且つ、やはりメッシはセントラル・ドロップ・ダウンするし、
ブスケツもセントラル・ドロップ・ダウンする事はあるので、
基本的には「4-1-2-3」での「V・システム」と変わらず、
ただ、

FW デンベレ メッシ
MF J・アルバ ペドリ F・デ・ヨング デスト
MF ブスケツ
DF ラングレ ピケ ミンゲサ
GK テア・シュテーゲン

こちらになれていればハイプレス&ポゼッションだが、

FW デンベレ メッシ
MF ペドリ ブスケツ F・デ・ヨング
DF J・アルバ ラングレ ピケ ミンゲサ デスト
GK テア・シュテーゲン

こちら、というか、

FW デンベレ
MF メッシ
MF ペドリ ブスケツ F・デ・ヨング
DF J・アルバ ラングレ ピケ ミンゲサ デスト
GK テア・シュテーゲン

こちらになっている時はカウンター攻撃が主体になるので、
という事が、この試合のバルセロナの1つのポイントだった。

一方、セビージャは、
ムニルとパプ・ゴメスの位置は、
入れ替わったりもしていたが、

FW L・デ・ヨング
MF ムニル ラキティッチ ジョルダン パプ・ゴメス
MF フェルナンド
DF エスクデロ D・カルロス クンデ ヘスス・ナバス
GK ボノ

こういう「4-1-4-1」だったが、
バルセロナがハイプレス&ポゼッションの状態に入ると、
守備一辺倒になってしまって、という感じだったし、
尚且つ、メッシと「V・システム」に対応できないなかで、
前半29分、カウンターのような感じで、
メッシのスルーパスを受けたデンベレが決めて、
前半はバルセロナの1点リードで終了する。


という事で、セビージャは、
1点のビハインドで迎えた後半のスタートから、
ムニルとパプ・ゴメスとD・カルロスとの交代で、
エン・ネシリとスソとレキクを入れ、

FW エン・ネシリ L・デ・ヨング
MF スソ
MF エスクデロ ラキティッチ ジョルダン ヘスス・ナバス
DF レキク フェルナンド クンデ
GK ボノ

こういう「3-4-1-2」へとシステムを変更して、
バルセロナの「3-1-4-2」に噛み合うようにして、
これで少し立て直したが、それでも、
メッシのセントラル・ドロップ・ダウンには対応できず、
再びバルセロナのペースとなり、
後半18分、セビージャは、
L・デ・ヨングとラキティッチとの交代で、
オスカル・ロドリゲスとオリヴェルを入れ、

FW エン・ネシリ
MF オスカル・ロドリゲス スソ
MF エスクデロ ジョルダン オリヴェル ヘスス・ナバス
DF レキク フェルナンド クンデ
GK ボノ

こういう「3-4-2-1」にして、という事だったが、
まだ「3-4-1-2」のままにしておいた方が良かったかなという感じだった。

一方のバルセロナは、
後半22分、ピケとの交代でアラウホを投入し、
更には後半26分、負傷したペドリとの交代でイライクスを投入し、

FW デンベレ メッシ
MF J・アルバ イライクス F・デ・ヨング デスト
MF ブスケツ
DF ラングレ アラウホ ミンゲサ
GK テア・シュテーゲン

こういうメンバーにして、という事だったが、
途中投入したアラウホが負傷してしまい、
後半37分、デンベレとアラウホとの交代で、
ブレイスウェイトとウムティティを入れ、

FW ブレイスウェイト メッシ
MF J・アルバ イライクス F・デ・ヨング デスト
MF ブスケツ
DF ウムティティ ラングレ ミンゲサ
GK テア・シュテーゲン

こういう配置とメンバーになり、そして、後半40分、
イライクスとのパス交換でPA内に侵入したメッシが、
左足で内側に蹴って右足にボールを当て、
それで前へ行くダブルタッチで相手を抜き、
最後も自身でこぼれ球を押し込んでバルセロナが2点目。

という事で、スコア「0-2」でバルセロナが勝利を収めた。


「3-1-4-2」にしてきて、
その形を保ったまま戦えるのであれば良いが、
「5-3-2」になってしまった時に、
それで良い攻撃や守備ができるのかどうか、
という事が心配だったのだが、
やはり、メッシと「V・システム」は威力を持っていて、
カウンター的に2得点を奪えたし、
守備も大きな崩れはなかったので、
バルセロナは、良い試合ができたと言えるのではないだろうか。


このブログは皆様の応援で継続されています。
「参考になった」「面白かった」「賛同できる」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


★ 「ライン間」ではなく「ライン裏」と表現するべきなのではないか。必然的に良い攻撃を生み出すために。 有料:100円:サポートによる支援もお願いします!

★ オールコートのマンツーマンでのハイプレスはしていなかったリーズ。なぜサウサンプトンは3失点したのか? 後半13分から出場の南野拓実の評価は? 【 リーズ vs サウサンプトン 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ サッカーの分析などを行うにおいて、常に心掛けている事はありますか? 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 南野拓実のサウサンプトン移籍に思う日本(のサッカー)の現状の問題点。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ Timely Football Theory (TFT) 【9】 ~ システム・トランジションで問題を解決する ~ 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ ゲームモデルや戦術やシステムは必要? 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

関連記事
【2021/03/01 11:35】 | 海外リーグ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<久保建英は後半40分から途中出場。惜しいシュートは1つあったが。 【 ヘタフェ vs バレンシア 】 | ホーム | 武藤嘉紀は後半25分から出場。乾貴士と岡崎慎司の出場は無し。 【 エイバル vs ウエスカ 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4967-37d5a0ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |