この試合のR・マドリードの問題点は? 【 R・マドリード vs R・ソシエダ 】
試合 :ラ・リーガ 第25節
開催日:2021年3月1日
結果 :引き分け
スコア:「1-1」
得点者:ポルトゥ ヴィニシウス


★ 久保建英が目指すべき選手は、リオネル・メッシ? ダビド・シルバ? ルカ・モドリッチ? しかし、見るべきはJ・フェリックスやルマールであると思う理由。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 世界(特に欧州)のサッカーと日本のサッカーに違いは感じますか? 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 「ライン間」ではなく「ライン裏」と表現するべきなのではないか。必然的に良い攻撃を生み出すために。 有料:100円:サポートによる支援もお願いします!

★ サッカーの分析などを行うにおいて、常に心掛けている事はありますか? 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 南野拓実のサウサンプトン移籍に思う日本(のサッカー)の現状の問題点。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ Timely Football Theory (TFT) 【9】 ~ システム・トランジションで問題を解決する ~ 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
R・マドリードは、

FW イスコ マリアーノ アセンシオ
MF クロース モドリッチ
MF カゼミーロ
DF マンディ ナチョ ヴァラン ルカス・V
GK クルトワ

こういう「4-1-2-3」。

一方のR・ソシエダは、

FW オヤルサバル イーサック ポルトゥ
MF ゲバーラ ダビド・シルバ
MF スビメンディ
DF モンレアル ル・ノルマン スベルディア ゴロサベル
GK レミーロ

こういう「4-1-2-3」だったが、
ゲバーラとスビメンディのところは入れ替わっている事も少なくなく、
守備時は「4-4-2」になっている時もあるので、
そういう意味では、ゲバーラとスビメンディは2ボランチだった、
という事でも大きく間違ってはいないが、
中盤3枚の形というのは逆三角形を保とうとしていたので、
基本的には「4-1-2-3」でやっていたと思う。

また、そのあたりはR・マドリードも同じだったと言えて、
クロースが後ろに残ってカゼミーロとモドリッチが上がっている、
というシーンも少なくない。

前半は、ややR・マドリードが優勢だったが、
どちらのチームにも得点は生まれず終了。


後半、もっと人に対してしっかり付くなど、
インテンシティ、ギアを上げてきたR・ソシエダ。

そして、後半10分、左からのクロスを、
ポルトゥが決めてR・ソシエダが先制点を奪う。

これで1点のビハインドとなったR・マドリードは、
後半16分、イスコとマリアーノとアセンシオとの交代で、
ヴィニシウスとウーゴ・ドゥーロとロドリゴを入れ、

FW ヴィニシウス ウーゴ・ドゥーロ ロドリゴ
MF クロース モドリッチ
MF カゼミーロ
DF マンディ ナチョ ヴァラン ルカス・V
GK クルトワ

こういうメンバーに。

一方のR・ソシエダは、ポルトゥが負傷し、
後半27分、ポルトゥとの交代でバレネチェアが入り、

FW オヤルサバル イーサック バレネチェア
MF ゲバーラ ダビド・シルバ
MF スビメンディ
DF モンレアル ル・ノルマン スベルディア ゴロサベル
GK レミーロ

こういうメンバーに。

後半31分、なかなか得点を奪えないR・マドリードは、
モドリッチとの交代でフェデ・ヴァルベルデを入れ、

FW ヴィニシウス ウーゴ・ドゥーロ ロドリゴ
MF クロース フェデ・ヴァルベルデ
MF カゼミーロ
DF マンディ ナチョ ヴァラン ルカス・V
GK クルトワ

こういうメンバーに。

そして、後半37分、1点リードのR・ソシエダは、
イーサックとゴロサベルとの交代で、
カルロス・フェルナンデスとサニャンを入れ、

FW カルロス・フェルナンデス
MF オヤルサバル ゲバーラ スビメンディ ダビド・シルバ
DF モンレアル サニャン ル・ノルマン スベルディア バレネチェア
GK レミーロ

こういう「5-4-1」にして、
更には、後半40分、R・ソシエダは、
ダビド・シルバとの交代でアイエン・ムニョスを入れ、

FW カルロス・フェルナンデス
MF オヤルサバル ゲバーラ スビメンディ アイエン・ムニョス
DF モンレアル サニャン ル・ノルマン スベルディア バレネチェア
GK レミーロ

こういうメンバーにして、
完全に逃げ切りの態勢に。

しかし、後半44分、右からのクロスをヴィニシウスが決め、
そのままスコア「1-1」の引き分けで試合は終了した。


1つあったのは、左ウイングのイスコは、
ほぼアウトレーンに開いている事がないので、
そうすると左SBのマンディはオーバーラップするしかなく、
つまり、インナーラップができなくて、
そこでパターンが単調化する、という事。

そして2つには、両SBを高い位置に張らせる、
というのは、当然、少なからずのリスクは生まれるので、
結局のところ、左ウイングの位置にヴィニシウスを入れて、
その左ウイングのヴィニシウスがアウトレーンの高い位置、
そこに張っている事が多くなった後半16分からの方が、
マンディも活きたし、攻守に良くなったと言える。

ヴィニシウスは決定力などに問題があって、
この試合では同点ゴールを決めたが、
シュートが相手DFにリフレクトして、という幸運もあって、
という事だったので、やはり、そこはあるのだが、
基本的には左ウイングの選手をアウトレーンに張らせた方が、
それはもちろん、スタート・ポジションとして、という事だが、
その方が機能性は高くなるように思う。


このブログは皆様の応援で継続されています。
「参考になった」「面白かった」「賛同できる」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


★ 久保建英が目指すべき選手は、リオネル・メッシ? ダビド・シルバ? ルカ・モドリッチ? しかし、見るべきはJ・フェリックスやルマールであると思う理由。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 世界(特に欧州)のサッカーと日本のサッカーに違いは感じますか? 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 「ライン間」ではなく「ライン裏」と表現するべきなのではないか。必然的に良い攻撃を生み出すために。 有料:100円:サポートによる支援もお願いします!

★ サッカーの分析などを行うにおいて、常に心掛けている事はありますか? 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 南野拓実のサウサンプトン移籍に思う日本(のサッカー)の現状の問題点。 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ Timely Football Theory (TFT) 【9】 ~ システム・トランジションで問題を解決する ~ 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

関連記事
【2021/03/05 11:35】 | 海外リーグ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<Timely Football Theory (TFT)。これを読めばサッカーを深く理解できる! かも? もしあれば質問も受け付けています。 | ホーム | 遠藤航が2G2Aの大活躍。 【 シュツットガルト vs シャルケ 】>>
コメント
大久保嘉人について
いつも、楽しく拝読させていただいております。

質問なのですが、大久保嘉人はなぜ、セレッソに復帰してから点をとれるようになったのでしょうか?

私見では、周りのレベルが上がったので良いパスが来ること、ゴールに専念できることが大きいのかと思っています。

是非、fcksa55さんの見解をお願いします。
【2021/03/05 13:20】 URL | 12ju1061 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/4971-a85cc7fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |