森保ジャパンと似たような戦い方で似たような問題点があったチャビ監督の初戦。
結論から先に言うと、森保ジャパンの「4-1-2-3」と似ていた。左ウイングに右利きのカビを置いて、南野よりはアウトレーンに張っている事が多かったが、やはり、どちらかと言えば、縦にドリブルするよりもハーフレーンに入って、という感じだったし、それで左SBのJ・アルバがアウトレーンを上がって、というのが、左サイドでの狙いの形だったと思う。そして、それで左サイドから崩し、または、左サイドに相手を片寄らせて、右サイドへと大きく展開する。それが一番に見えていた攻撃の形だった。


★ 森保ジャパン。カタールW杯アジア最終予選。前半戦総括。森保ジャパンでは何を成長させるのか? 何を成長させられる機会なのか? 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。オマーン戦。2021年11月17日。W杯アジア最終予選。第6戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。ベトナム戦。2021年11月11日。W杯アジア最終予選。第5戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。オーストラリア戦。2021年10月12日。W杯アジア最終予選。第4戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。サウジアラビア戦。2021年10月7日。W杯アジア最終予選。第3戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。中国戦。2021年9月7日。W杯アジア最終予選。第2戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。オマーン戦。2021年9月2日。W杯アジア最終予選。第1戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ Timely Football Theory (TFT) 【9】 ~ システム・トランジションで問題を解決する ~ 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
またその時に、右インテリオールのニコも左サイドに寄り気味で、それから、DFラインはE・ガルシアとピケとミンゲサで3枚、つまり、2CB+右SBで3バックの形にしている場合が多かったので、右ウイングのアコマシュまたはアブデは右サイドのアウトレーンの高い位置で孤立気味だったが、おそらくは、それも狙いの形で、そこは右ウイングの選手が単騎で仕掛けて、となっていたと思う。ただ、伊東は縦に仕掛けるタイプだが、アコマシュあるいはアブデは左利きで中へ行くタイプ、という違いはあった。

それから、左インテリオールはF・デ・ヨングだったが、やはりビルドアップの時は、最初は2列目の位置にいても下がってボールを受けて前を向いて、という動きが多かったし、それでアウトレーンの高い位置のガビにボールが入れば2列目の位置まで上がったり相手のDFラインの裏まで走ったり、または、それでガビが中に入って行けばF・デ・ヨングは3列目のままで、という感じでプレーしていた。但し、F・デ・ヨングの良さが飛び出しである事を考えた場合には、やや窮屈な感じにはなっていたと言える。

残りはCFのメンフィスとアンカーのブスケツであるが、CFのメンフィスは積極的に相手のDFラインの裏を狙いつつ、中央だけではなく左右に大きく動いてポストプレーをしたりボールを引き出したり、という感じでプレーし、そして、アンカーのブスケツに関しても、ただ中央の3列目の位置でパス配給をするだけではなく、サイドからのマイナスのクロスを相手のPA付近からミドルシュート、という形を狙っていて、それが2回ぐらいあった。それは3ボランチ的な人選だったので、という事もあったと思う。


という事だったので、やはり冒頭にも書いたように、とても森保ジャパンの「4-1-2-3」と似ていて、右ウイングが右利きで縦に行くようなタイプだったら、ほぼ同じだったとも言える。従って、そういう意味では、相手が「4-1-4-1」から守備時は「5-4-1」になる戦い方だったので、なかなかポゼッションはしていても中央に縦パスを差し込むのは難しく、それが1得点に終わった原因の1つだったと思うのだが、しかし、サイドからの攻撃というのは、ある程度は機能していて、という事だった。

要するに、相手が中央を人数もかけてガッチリと守るような戦い方をしていたら、なかなか中央を起点にしたり中央突破で得点を取るのは難しく、であるならば、やはり攻撃はサイドから、という事になるのは当然であるし、そもそもとして、得点を取るのは難しくなる、という事。この試合のバルサもそうだったが、やはり、それでセットプレーからも得点を取れないならば、当然、勝つにしてもロースコアになってしまうし、更には、チャンスの数も多くは作れないから、それで決定力を欠けば、という事も、そう。

そして、そういう意味では、この試合のバルサの問題点は森保ジャパンのそれと同じで、右SBのミンゲサが3CBの右CB化して、右ウイングのサポートしない、あるいは、それが遅れるのであれば、右インテリオールのニコの位置、役割はどうだったのか、とか、あるいは、ミンゲサにサポートさせる場合でも、やはり右インテリオールのニコが右にいないと、という事もあったし、それから、そういう事も含めて、飛び出しが得意なF・デ・ヨングが右のインテリオールだった方が良かったと思うし、という部分。


このブログは皆様の応援で継続されています。
「参考になった」「面白かった」「賛同できる」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


★ 森保ジャパン。カタールW杯アジア最終予選。前半戦総括。森保ジャパンでは何を成長させるのか? 何を成長させられる機会なのか? 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。オマーン戦。2021年11月17日。W杯アジア最終予選。第6戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。ベトナム戦。2021年11月11日。W杯アジア最終予選。第5戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。オーストラリア戦。2021年10月12日。W杯アジア最終予選。第4戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。サウジアラビア戦。2021年10月7日。W杯アジア最終予選。第3戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。中国戦。2021年9月7日。W杯アジア最終予選。第2戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。オマーン戦。2021年9月2日。W杯アジア最終予選。第1戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ Timely Football Theory (TFT) 【9】 ~ システム・トランジションで問題を解決する ~ 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

関連記事
【2021/11/23 11:35】 | ショートコラム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<柴崎岳スタメン。鳥肌モノのミドルシュートを決める。 【 サラゴサ vs レガネス 】 | ホーム | チャビ新監督の初陣は勝利だったが攻守に難しさ有り。 【 バルセロナ vs エスパニョール 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/5209-a57d30a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |