痛い引き分け。グループステージで敗退の危機。 【 バルセロナ vs ベンフィカ 】
試合 :CL グループE
開催日:2021年11月23日
結果 :引き分け
スコア:「0-0」
得点者:


★ 森保ジャパン。カタールW杯アジア最終予選。前半戦総括。森保ジャパンでは何を成長させるのか? 何を成長させられる機会なのか? 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。オマーン戦。2021年11月17日。W杯アジア最終予選。第6戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。ベトナム戦。2021年11月11日。W杯アジア最終予選。第5戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。オーストラリア戦。2021年10月12日。W杯アジア最終予選。第4戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。サウジアラビア戦。2021年10月7日。W杯アジア最終予選。第3戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。中国戦。2021年9月7日。W杯アジア最終予選。第2戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。オマーン戦。2021年9月2日。W杯アジア最終予選。第1戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ Timely Football Theory (TFT) 【9】 ~ システム・トランジションで問題を解決する ~ 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
バルセロナは、

FW メンフィス
MF ガビ ニコ
MF J・アルバ F・デ・ヨング ブスケツ ユスフ・デミル
DF ラングレ ピケ アラウホ
GK テア・シュテーゲン

こういう「3-4-2-1」。

状況を考えれば、ベンフィカは引き分けでも良かったので、ベンフィカは「3-4-2-1」というか「5-4-1」で守ってくるだろう、と予想して、チャビ監督のバルセロナは「4-1-2-3」ではなく「3-4-2-1」、というか「3-2-5」になるような感じで、つまり、システム的なミラーにしてマンツーマンのハイプレスで嵌め込み、それで圧倒する、というような作戦だったのではないかとは思うのだが、ボールを奪うという部分では上手く行っていたと思う。但し、ボールを奪う位置はハイゾーンというよりもミドルゾーンが多く、また、そこからのカウンター攻撃は上手く行かず、という事での無得点だった。やはりイメージとしては、ハイゾーンでボールを奪い返してポゼッションし続け、という事だったと思うのだが、ベンフィカの選手たちも個の力は高いので、ハイゾーンではボールを奪えず、というような感じだった。


なかなか攻撃が上手く行かないバルセロナは後半21分、
ユスフ・デミルとの交代でデンベレを入れ、

FW メンフィス
MF ガビ ニコ
MF J・アルバ F・デ・ヨング ブスケツ デンベレ
DF ラングレ ピケ アラウホ
GK テア・シュテーゲン

こういうメンバーに。

これで右サイドはデンベレの個の力だけで突破できるようになり、
攻撃が活性化されてデンベレのクロスからF・デ・ヨングのヘディングシュート、
という決定的なシーンは作ったが、それでも得点は奪えず時間は刻々と経過。

そして苦しくなったバルセロナは後半31分、
ラングレとアラウホとの交代でE・ガルシアとデストを入れ、

FW メンフィス
MF ガビ ニコ
MF デスト F・デ・ヨング ブスケツ デンベレ
DF J・アルバ ピケ E・ガルシア
GK テア・シュテーゲン

こういう配置とメンバーに。


という事だったが、結局、最後までバルセロナは得点を奪えず、
そのまま試合はスコア「0-0」の引き分けという結果で終わった。

攻撃に関しては、前半のところで書いた事以外では、やはり気になった事の1つはF・デ・ヨングで、前半の立ち上がりは左から中央へドリブルで入って行くシーンが2回ぐらい見られ、良い感じだと思ったのだが、その後は守備とパスを出すだけの存在になってしまい、ようやく後半21分にデンベレが入ってから、高い位置の中央や右サイドへ行くようになり、そこから飛び出して決定的なヘディングシュートを打ったり攻撃を活性化させるようになったのだが、やはり守備時は2ボランチの左なので、そこの位置では効果的な攻撃への関わりはできず、という感じだった。

そして、もう1つは3バックのサイドのラングレとアラウホで、ラングレは守備の部分でも危うさがあったし、なかなか攻撃でも効果的な関わりができず、アラウホは守備の部分では効いていたし、オフサイドで幻にはなったが高い位置へと出て行き相手のゴールネットを揺らしたシーンも1回はあったのだが、ビルドアップという部分では効果的な存在にはなれていなかった。ベンフィカは「5-4-1」で守るだけではなく「5-2-3」のような感じでハイプレスを仕掛ける時もあったので、その場合はともかく、ベンフィカが「5-4-1」になっている場合には、3バックのサイドのラングレとアラウホが、もっとビルドアップ時、攻撃時にボールを持ち運んだりインナーラップやオーバーラップのようなプレーをしないと、という感じだった。

守備に関しては、終了間際のカウンターでの危ないシーンは、前掛かりにならざるを得なかったので仕方がないとして、更には、ミドルゾーンでのプレスは、よく効いていてボールも頻繁に奪えていたので良かったと言えるのだが、やはり、もう少し高い位置で、という事はあっと思うし、後はセットプレーから危ないシーンがあり、テア・シュテーゲンが防がなければ先制点をベンフィカが、となっていたから、そのあたりを改善しないと、という事は言えたと思う。チャビが監督に就任し、ブースト的な感じで確実にメンタル的な部分の改善は見られるのだが、やはり、メッシがいなくなったダメージは大きく、そう簡単には、という感じであるのは否めない。


このブログは皆様の応援で継続されています。
「参考になった」「面白かった」「賛同できる」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


★ 森保ジャパン。カタールW杯アジア最終予選。前半戦総括。森保ジャパンでは何を成長させるのか? 何を成長させられる機会なのか? 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。オマーン戦。2021年11月17日。W杯アジア最終予選。第6戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。ベトナム戦。2021年11月11日。W杯アジア最終予選。第5戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。オーストラリア戦。2021年10月12日。W杯アジア最終予選。第4戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。サウジアラビア戦。2021年10月7日。W杯アジア最終予選。第3戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。中国戦。2021年9月7日。W杯アジア最終予選。第2戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。オマーン戦。2021年9月2日。W杯アジア最終予選。第1戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ Timely Football Theory (TFT) 【9】 ~ システム・トランジションで問題を解決する ~ 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

関連記事
【2021/11/25 11:35】 | 海外リーグ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<森保ジャパン。攻撃力不足あるいは得点力不足の原因とは? | ホーム | 柴崎岳スタメン。鳥肌モノのミドルシュートを決める。 【 サラゴサ vs レガネス 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/5211-575fc816
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |