勝利したバルセロナだが。 【 ビジャレアル vs バルセロナ 】
試合 :ラ・リーガ 第15節
開催日:2021年11月27日
結果 :バルセロナ勝利
スコア:「1-3」
得点者:F・デ・ヨング チュクウェゼ メンフィス コウチーニョ(PK)


★ 森保ジャパン。カタールW杯アジア最終予選。前半戦総括。森保ジャパンでは何を成長させるのか? 何を成長させられる機会なのか? 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。オマーン戦。2021年11月17日。W杯アジア最終予選。第6戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。ベトナム戦。2021年11月11日。W杯アジア最終予選。第5戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。オーストラリア戦。2021年10月12日。W杯アジア最終予選。第4戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。サウジアラビア戦。2021年10月7日。W杯アジア最終予選。第3戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。中国戦。2021年9月7日。W杯アジア最終予選。第2戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。オマーン戦。2021年9月2日。W杯アジア最終予選。第1戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ Timely Football Theory (TFT) 【9】 ~ システム・トランジションで問題を解決する ~ 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
バルセロナは、

FW ガビ メンフィス アブデ
MF ニコ F・デ・ヨング
MF ブスケツ
DF J・アルバ ピケ アラウホ E・ガルシア
GK テア・シュテーゲン

こういう「4-1-2-3」。

マンツーマン的な、相手に合わせた守備をチャビ監督がしていたのは少し意外だったのだが、問題だったのは右サイドで、攻撃の時はアブデがビジャレアルの左SBであるペドラサを苦しませていたが、逆に守備の時はアブデがペドラサへの対応に苦戦するような感じで、そこの攻防が1つのポイントになっていたと思う。そこでの両チームの攻撃方法は、バルセロナのアブデは単独で仕掛ける感じ、ビジャレアルのペドラサは左SHのモイゴメスとの連携で、という感じだったが、攻防の優劣としては同じような感じで、そういう意味では攻撃面でアブデが、かなり頑張っていたと思う、という印象の前半だった。


そして後半3分、そのアブデのクロスがファーに飛んだところから、
J・アルバが折り返してメンフィスがGKの目の前でボールに触り、
最後は、その後ろにいたF・デ・ヨングが決めてバルセロナが先制点。

しかし、その後にビジャレアルがエストゥピニャンとチュクウェゼを入れ、
そしてバルセロナは後半21分にアブデとの交代でデンベレを入れ、
更にバルセロナは後半26分に負傷したJ・アルバとの交代でミンゲサを入れ、

FW ガビ メンフィス デンベレ
MF F・デ・ヨング ニコ
MF ブスケツ
DF ミンゲサ ピケ アラウホ E・ガルシア
GK テア・シュテーゲン

こういうメンバーに、という事だったのが、
後半31分、スローインからボールを奪われてショートカウンターを受け、
最後はチュクウェゼに決められてバルセロナは同点に追い付かれてしまう。

ちなみに、後半はニコとF・デ・ヨングの左右が逆になっていた時間帯があったのだが、相手の2CBの右にプレスをかけるのはニコであるよりもF・デ・ヨングの方が良い、と考えたのか、それとも他に理由があったのかはわからないが、やはりF・デ・ヨングは右であった方が、特に攻撃面では活きると思うし、実際、その後にニコとF・デ・ヨングの左右は元に戻していて、クーマン監督もF・デ・ヨングを左で使う事が少なくなかったが、バランサーやパスの出し手としての役割の方を、という事なのだろうか。


という事で、同点に追い付かれてしまったバルセロナだが、
後半35分にニコとの交代でコウチーニョを入れ、

FW コウチーニョ メンフィス デンベレ
MF ガビ F・デ・ヨング
MF ブスケツ
DF ミンゲサ ピケ アラウホ E・ガルシア
GK テア・シュテーゲン

こういう配置とメンバーにして、それでも2点目は遠く、
という感じだったのが、後半43分にメンフィスが決め、
更に後半49分にはPKをコウチーニョが決め、
終わってみればスコア「1-3」でのバルセロナの勝利だった。

まず守備に関しては、後半が特にそうだったのだが、ビジャレアルの2トップの1枚であるトリゲロスが下がる動きをした時に、そのトリゲロスの担当はピケだったが、当然、ピケが付いていかないとトリゲロスがフリーになってしまうし、付いていけばピケのところがスペースになってしまうし、という部分を、バルセロナは最後まで修正できず、結局は、トリゲロスが最後のところで決めきれなかったりしたので救われたが、それで2失点、3失点、という事になっていたとしても不思議ではなかったとは思う。

そして攻撃に関しては、やはり1つは先制点のシーンもそうだったように、F・デ・ヨングが右のインテリオールで右のウイングをサポートしたり、右サイドで縦にゴール前へと入って行く、という事があった方が得点は生まれやすくなると思う、という部分で、確かにアブデやデンベレは単騎で仕掛けて突破できる力を持ってはいるのだが、やはり右ウイングをサポートしたり、右インテリオールに飛び出したりボールを運べたりできる選手がいないと、という感じがある。ニコも、それができる選手ではあるとは思うのだが、まだF・デ・ヨングと比べると、という感じであるのは否めないので。


このブログは皆様の応援で継続されています。
「参考になった」「面白かった」「賛同できる」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


★ 森保ジャパン。カタールW杯アジア最終予選。前半戦総括。森保ジャパンでは何を成長させるのか? 何を成長させられる機会なのか? 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。オマーン戦。2021年11月17日。W杯アジア最終予選。第6戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。ベトナム戦。2021年11月11日。W杯アジア最終予選。第5戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。オーストラリア戦。2021年10月12日。W杯アジア最終予選。第4戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。サウジアラビア戦。2021年10月7日。W杯アジア最終予選。第3戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。中国戦。2021年9月7日。W杯アジア最終予選。第2戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。オマーン戦。2021年9月2日。W杯アジア最終予選。第1戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ Timely Football Theory (TFT) 【9】 ~ システム・トランジションで問題を解決する ~ 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

関連記事
【2021/12/01 11:35】 | 海外リーグ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<浅野選手は、どうすれば、もっと活躍できるようになるのでしょうか? | ホーム | 柴崎岳スタメン。好調を維持。 【 レガネス vs ラス・パルマス 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/5217-03108e15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |