苦難のチャビ監督。難しい舵取り。 【 バルセロナ vs ベティス 】
試合 :ラ・リーガ 第16節
開催日:2021年12月4日
結果 :ベティス勝利
スコア:「0-1」
得点者:フアンミ


★ 「森保ジャパン。カタールW杯アジア最終予選。前半戦総括。森保ジャパンでは何を成長させるのか? 何を成長させられる機会なのか?」+「規律重視と自主性重視、どちらが日本のサッカーには適しているのでしょうか?」。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。オマーン戦。2021年11月17日。W杯アジア最終予選。第6戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。ベトナム戦。2021年11月11日。W杯アジア最終予選。第5戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。オーストラリア戦。2021年10月12日。W杯アジア最終予選。第4戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。サウジアラビア戦。2021年10月7日。W杯アジア最終予選。第3戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。中国戦。2021年9月7日。W杯アジア最終予選。第2戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。オマーン戦。2021年9月2日。W杯アジア最終予選。第1戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ Timely Football Theory (TFT) 【9】 ~ システム・トランジションで問題を解決する ~ 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
バルセロナは、

FW コウチーニョ メンフィス アブデ
MF ガビ ニコ
MF ブスケツ
DF J・アルバ ラングレ アラウホ デスト
GK テア・シュテーゲン

こういう「4-1-2-3」だったが前半36分、
脳震盪のガビとの交代でリキ・プッチを入れ、

FW コウチーニョ メンフィス アブデ
MF リキ・プッチ ニコ
MF ブスケツ
DF J・アルバ ラングレ アラウホ デスト
GK テア・シュテーゲン

こういうメンバーに。

という事で、このメンバーであると、守備面が不安なバルセロナだが、やはり、右サイドのアブデとデストの所、そこは右CBのアラウホが頑張らないと厳しくなり、そして左サイドもJ・アルバが上がって左CBのラングレが1枚になっていると厳しくなり、という事は、実際にも感じられていたが、ハイプレスと、何とか最後のところで頑張って、失点は防ぐ事ができていた。そして攻撃に関しては、左サイドはJ・アルバのオーバーラップから、右サイドはアブデの単独突破から、という事で、そこは良かったと思うのだが、CFのメンフェスと右インテリオールのニコが、もう少し効いたプレーをしないと、という感じだった。後は、どうやってデストを攻撃面で活かすのか、だったと思う。


バルセロナは後半14分、
コウチーニョとニコとの交代で、
デンベレとF・デ・ヨングを入れ、

FW アブデ メンフィス デンベレ
MF リキ・プッチ F・デ・ヨング
MF ブスケツ
DF J・アルバ ラングレ アラウホ デスト
GK テア・シュテーゲン

こういうメンバーに。

これでバルセロナは攻撃が活性化し、特にデンベレが右サイドで個での優位性を見せて攻撃を活性化させ、尚且、後半からのバルセロナは右SBのデストも攻撃参加を増やしていたのだが、それもあってバルセロナが主導権を握る展開に。しかし、ベティスも粘りの守備を見せて失点を防ぎ、少しずつデンベレも対応されるようになってきて、ギアを上げて攻めるバルセロナ、守ってカウンター狙いのベティス、バルセロナの方が優勢か? という感じだったのだが、後半34分、先制点を奪ったのはベティスだった。カウンターから一気にラングレの裏を取り、最後はフアンミが決める形でバルセロナは失点。


これで苦しくなったバルセロナは後半37分、
アブデとラングレとの交代で、
L・デ・ヨングとピケを入れ、

FW メンフィス L・デ・ヨング デンベレ
MF リキ・プッチ F・デ・ヨング
MF ブスケツ
DF J・アルバ ピケ アラウホ デスト
GK テア・シュテーゲン

こういう配置とメンバーに。

という事だったのだが、結局そのままスコア「0-1」で終了し、
1得点も奪えなかったバルセロナがホームでベティスに敗れた。

守備に関しては、個の力として不安視されていた所、そこがやはり、という感じだった。アブデとデストの所、それから、ラングレに関しては、前に対しては強さを発揮していたのだが、やはり、後ろを取られてしまうと、スピード不足なので一気に持って行かれてしまう、左SBが横にいる状態であれば、左SBがラングレの裏をカバーできるので、という事であるのだが、どうしても、3バックの左CBのようになり、そこにラングレが1枚、という状況での守備対応になってしまうと、この試合の失点シーンのようになってしまうし、そういうシーンは以前からも散見されていた。そして、攻撃に関しては、やはり、なかなかメンフェスはメッシのようには、という事は当然あるし、コウチーニョ、リキ・プッチ、デスト、L・デ・ヨング、パフォーマンス不足なのは否めない。


このブログは皆様の応援で継続されています。
「参考になった」「面白かった」「賛同できる」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


★ 「森保ジャパン。カタールW杯アジア最終予選。前半戦総括。森保ジャパンでは何を成長させるのか? 何を成長させられる機会なのか?」+「規律重視と自主性重視、どちらが日本のサッカーには適しているのでしょうか?」。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。オマーン戦。2021年11月17日。W杯アジア最終予選。第6戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。ベトナム戦。2021年11月11日。W杯アジア最終予選。第5戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。オーストラリア戦。2021年10月12日。W杯アジア最終予選。第4戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。サウジアラビア戦。2021年10月7日。W杯アジア最終予選。第3戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。中国戦。2021年9月7日。W杯アジア最終予選。第2戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。オマーン戦。2021年9月2日。W杯アジア最終予選。第1戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ Timely Football Theory (TFT) 【9】 ~ システム・トランジションで問題を解決する ~ 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

関連記事
【2021/12/05 11:35】 | 海外リーグ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<久保建英がアディショナルタイムの決勝弾でA・マドリードを沈める。 【 A・マドリード vs マジョルカ 】 | ホーム | 結局は、最終的には1つの理想形に収束する。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/5221-c04ffd44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |