中国戦。 【 改善されていた部分が2つ。しかし改善すべき部分も2つ。 】
試合 :W杯アジア最終予選 第7戦
開催日:2022年1月27日
結果 :日本代表勝利
スコア:「2-0」
得点者:大迫勇也(PK) 伊東純也


★ 選手評価。日本代表。中国戦。2022年1月27日。W杯アジア最終予選。第7戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 奥川雅也が先発フル出場で1得点。4つの得点シーンを詳細に解説しつつ「4-1-2-1-2」の特性を語る。 【 ビーレフェルト vs グロイター・フルト 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 何を意識すれば何をすべきか見つかるのか? フィールドに立った時に確認し意識すべき事。あるいは、何を意識して観ればサッカーを観る力が上がるのか? 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 「森保ジャパン。カタールW杯アジア最終予選。前半戦総括。森保ジャパンでは何を成長させるのか? 何を成長させられる機会なのか?」+「規律重視と自主性重視、どちらが日本のサッカーには適しているのでしょうか?」。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。オマーン戦。2021年11月17日。W杯アジア最終予選。第6戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ Timely Football Theory (TFT) 【9】 ~ システム・トランジションで問題を解決する ~ 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
日本は、

FW 南野拓実 大迫勇也 伊東純也
MF 守田英正 田中碧
MF 遠藤航
DF 長友佑都 谷口彰悟 板倉滉 酒井宏樹
GK 権田修一

こういう「4-1-2-3」。

中国が退いていたので、という事もあるし、実質的に日本は「4-3-1-2」もしくは「4-3-2-1」、つまりは、後ろには「4-3」の7枚がいるので、当然、日本はボールを持って試合を進める事ができて、そして1つ改善されていた部分として見えていたのは、守田と遠藤と田中が回転したり入れ替わったり、大迫が落ちてきたりして、右のハーフスペースの2列目のところに誰もいない状態を作らないようにしていた、という部分。従ってPKを得た場面では、田中が最終ラインの中央のところへ落ちたので、3CBの右のようになった板倉がボールを持って上がり、その間に、遠藤が右のハーフスペースの位置、守田が中央の位置へと移動して、板倉→守田→遠藤→右アウトレーンの高い位置の酒井→右ハーフレーンで相手のDFラインの裏へと抜け出した伊東、という事だったのだが、これは良い連動性だったと思う。

しかし、その後の前半は、日本の選手たちは眠ってしまって、
超スローテンポ、超スローリズムに、どんどんとなってしまい、
そして、いくつかのアイデアは見えていたが、
なかなか、やはりセットプレーからは得点を取るに至らず、
結局、危なげはなかったが、前半はスコア「1-0」の1点リードで終了。


後半、まだ両チーム共にギアが上がらない立ち上がりで、
しかし日本は後半13分に大迫と長友との交代で前田と中山を入れ、

FW 南野拓実 前田大然 伊東純也
MF 守田英正 田中碧
MF 遠藤航
DF 中山雄太 谷口彰悟 板倉滉 酒井宏樹
GK 権田修一

こういうメンバーにして、これは、
どちらかと言えば守備強化の狙いだったと思うが、
後半16分、中山のスローインから南野が落として中山がクロス、
その高精度のクロスに伊東が頭で合わせて日本が2点目を奪う。

これで2点をリードした日本は後半28分、
遠藤との交代で久保を入れ、

FW 前田大然
MF 南野拓実 久保建英 伊東純也
MF 守田英正 田中碧
DF 中山雄太 谷口彰悟 板倉滉 酒井宏樹
GK 権田修一

こういう「4-2-3-1」へと変更。

これは、リードも2点になったし、中国が間延びし始めていたので久保が活きそうな感じにもなったし、この「4-2-3-1」の形も試してみたい、という事だったと思う。そういう意味では、ここは、もし1点を返されたとしても3点目を取りに、という意図だったのではないかと思う。もちろん、それでも、イケイケになって、という事ではないが。


という事で日本は後半40分、
南野と伊東との交代で原口と堂安を入れ、

FW 前田大然
MF 原口元気 久保建英 堂安律
MF 守田英正 田中碧
DF 中山雄太 谷口彰悟 板倉滉 酒井宏樹
GK 権田修一

こういうメンバーに最後はして、
そのままスコア「2-0」で勝利を収めた。

まず、セットプレーコーチを入れたのにも関わらず、相変わらずセットプレーからは得点を奪えなかったが、アイデアは増えていたし、南野がシュートした惜しい形もあったので、そこに1つの前進はあったと思う。更には、守田と遠藤と田中が回転したり入れ替わったり、大迫が落ちてきたりして、右のハーフスペースの2列目のところに誰もいない状態を作らないようにしていた、という部分も1つの改善点で、そういう意味では2つの前進があったと思う。

ただ、良くなかった部分としては、やはり、先制点を奪った後、テンポとリズムを落とし過ぎで、もちろん、スタミナ管理という意図もあったとは思うのだが、もう少しハイペースを保たないと、強い相手には難しくなってしまうと思う。更には、やはり、相手のMFラインやDFラインのブレイクが、どうしてもパスでだけになりがちな傾向が強いので、そこは改善すべき部分だと思う。縦パスからだけではなくドリブルからでもスイッチを入れてもらいたい。


このブログは皆様の応援で継続されています。
「参考になった」「面白かった」「賛同できる」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


★ 選手評価。日本代表。中国戦。2022年1月27日。W杯アジア最終予選。第7戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 奥川雅也が先発フル出場で1得点。4つの得点シーンを詳細に解説しつつ「4-1-2-1-2」の特性を語る。 【 ビーレフェルト vs グロイター・フルト 】 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

★ 何を意識すれば何をすべきか見つかるのか? フィールドに立った時に確認し意識すべき事。あるいは、何を意識して観ればサッカーを観る力が上がるのか? 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 「森保ジャパン。カタールW杯アジア最終予選。前半戦総括。森保ジャパンでは何を成長させるのか? 何を成長させられる機会なのか?」+「規律重視と自主性重視、どちらが日本のサッカーには適しているのでしょうか?」。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。オマーン戦。2021年11月17日。W杯アジア最終予選。第6戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ Timely Football Theory (TFT) 【9】 ~ システム・トランジションで問題を解決する ~ 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

関連記事
【2022/01/28 11:35】 | 森保ジャパン試合 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<中国戦を語る。先制点を奪うまでの日本はどうでしたか? 日本が優勢に立てた理由は何だったのでしょうか? なぜ先制点の後の日本は停滞したのでしょうか? | ホーム | 中国戦に挑む森保ジャパン。吉田と冨安の不在を乗り越えたい。>>
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2022/01/28 13:07】 | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/5275-91c269e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |