日本vsチェコ U-20W杯
決勝T1回戦の相手はチェコ。2点先行しながら同点に追い着かれてPK戦へ。チェコの選手も1人外しましたが、日本は1人目の安田と4人目の森島が外して「4-3」、PK戦の末敗れました。

記事を読む前に、
◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○
へのクリックをお願い致します。
○ 試合&日本分析

さすがに決勝Tに入ると、予選リーグの時のようにはいかず、攻守においてチェコのフィジカルの強さに、日本は思うようなプレーができませんでした。フィジカルで激しく削られることを避けようと、速いタイミングでパスをつなごうとして、それがミスになっていたことも多く感じました。それに加えてチェコはゴール前を固めていましたから、なかなか崩してのシュートチャンスは無かったのですが、前半にCKから先制し、後半早々にPKから2点目を奪うことができて、これで日本の勝利を疑いませんでした。しかし、後半中盤以降はチェコのフィジカルの激しさに日本選手は体力を奪われ、ズルズルとDFラインが下がり、かなり危険な香りが漂う展開となっていました。そしてPKを2本立て続けに与えてしまうという、何とも表現し難い結果。体力的に苦しくなって、PA内への侵入を容易に許し、1対1でも対応できなくなっていました。激しいフィジカルアタックで体力を削られてしまったこと、これがこの試合の敗因だと言えると思います。また、チェコは明らかにPKを狙って奪いにきていたのですが、それに対応することができませんでしたね。同年代ですから、日本にはその辺りのマリーシアが少し足りなかったかなと思います。そして、体力的な消耗の激しさを感じて、吉田監督は早め早めの交代采配を行ない、チェコの選手が1人退場したこともあって、「2-2」の同点のまま延長戦までは頑張りましたが、PK戦で力尽きてしまった、そういう感じでした。しかし、延長戦後半は惜しかった! 決定的チャンスが2度3度あって、どれか1つでも決まっていれば・・・。

選手評価(10点満点)

森島:8点:ポストプレーも良く競り負けていなかった。
河原:5点:献身的な走りは評価。しかし決定力も欲しい。
柏木:6点:予選の時よりは動きが良かった。
梅崎:8点:延長戦でも運動量衰えず。
田中:6点:2点目となるPK獲得。
青山:6点:アンカーとしていつも通りの活躍。
安田:4点:安田のボールロスやミスからピンチを招く。
内田:5点:1対1の対応が軽い場面も。
槙野:6点:先制点のゴールは見事。守備でも頑張った。
福元:6点:同点とされるPKを与えてしまう。
林 :6点:安定してた。全てPKなので仕方ない。
青木:5点:PKを与えてしまった。
藤田:4点:あまり効果的な働きできず。
香川:6点:将来を期待できるパフォーマンス。

○ 試合後記

運動量のことではない体力。フィジカル勝負の体力。ここですよね~ 世界と日本の間にある「差」というのは。でも、だからと言って日本の場合は、同じようにフィジカルを鍛え、パワーで負けないようにしようとしても、なかなか「差」は埋まらないものですよね。そこで出てくるのが、以前にも主張しましたが、柔よく剛を制すの柔道、相手の力を利用して自分の力とする古武道と合気道、という「体術」の必要性ということになります。チェコと日本を比べた場合、運動量は当然日本の方が高く、前半はそれによってチャンスも作りましたが、後半はフィジカルチェックでガンガン日本の体力が奪われて、日本の運動量も封じられてしまいましたから、そこで上手く相手のフィジカルチャージを避けるような、フィジカルコンタクトの技術、というものが必要になってくると考えています。これも以前に提唱したことですが、

「ボール扱いの技術、だけでなく、フィジカルコンタクトの技術、も重要である」

ということで、日本がこれから先、世界と肩を並べて戦う為には、必ず身につけなければならない要素だと考えています。

少しでも面白いと感じましたら

◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○

への応援クリック投票をポチッと宜しくお願い致します。
関連記事
【2007/07/13 12:45】 | ユース代表 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<UAE戦 アジア杯07’予選リーグ | ホーム | モウリーニョサッカーとは?>>
コメント
はねだのさん、コメントありがとうございます。

御要望頂きました内容に関する記事も、
この記事の前にアップしましたが、
御参考になりましたでしょうか?

Jリーグの審判の基準の問題もあると思いますが、
基本的には選手たちが、
世界と戦う為の「フィジカルコンタクトの技術」の重要性、
というのを意識しているのかが問題かなと思っています。
相手のバランスを崩す、
というフィジカルコンタクトができれば、
体格に勝る相手とも対等に戦えるのではないかと思っています。
【2007/07/13 18:33】 URL | 管理者 jube #-[ 編集] | page top↑
記事を読んで全くその通りだなと感じました。しかも体術の面でも負けてる感じはしました。そのような体術を身に付けるにはやっぱりJリーグのレフェリングを世界基準にしないといけないのですかね。アルゼンチンとかは世界でもファールを取らない方のようですが・・・
でもその基準のおかげでJリーグに攻撃的なチームが多いような気もしますから微妙な感じもしますけど・・・
【2007/07/13 18:03】 URL | はねだの #XbnZBJT2[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/529-4b27f1d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |