ドイツ戦。 【 森保ジャパンが日本のサッカーに素晴らしい新たな歴史を刻んだ。 】
試合 :W杯 グループステージ E組 第1戦
開催日:2022年11月23日
結果 :日本勝利
スコア:「2-1」
得点者:ギュンドアン(PK) 堂安律 浅野拓磨


★ 選手評価。日本代表。ドイツ戦。2022年11月23日。W杯グループステージE組。第1戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。カナダ戦。2022年11月17日。国際親善試合。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 『森保ジャパン。カタールW杯アジア最終予選。貢献度ランキング。』+『森保監督の評価とカタールW杯アジア最終予選の戦術に関する考察。』 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 『森保ジャパン。カタールW杯アジア最終予選。後半戦総括。ここから必要になるのは「次の一手」、「更なる一手」である。』+『日本代表でゼロトップは機能するのでしょうか?』 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 「森保ジャパン。カタールW杯アジア最終予選。前半戦総括。森保ジャパンでは何を成長させるのか? 何を成長させられる機会なのか?」+「規律重視と自主性重視、どちらが日本のサッカーには適しているのでしょうか?」。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ Timely Football Theory (TFT) 【9】 ~ システム・トランジションで問題を解決する ~ 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
日本は、

FW 前田大然
MF 久保建英 鎌田大地 伊東純也
MF 田中碧 遠藤航
DF 長友佑都 吉田麻也 板倉滉 酒井宏樹
GK 権田修一

こういう「4-2-3-1」。

前半は横幅4枚で苦しかったと思う。やはり個人的には「4-1-4-1」で横幅5枚、5レーンを埋められるように、という戦い方の方が良かったと思う。横幅が4枚だと、どうしてもサイド、特に逆サイドは大きく空いてしまい、失点シーンで言えば、逆サイドに大きく展開されてしまった、ボールサイドで防ぎ切れなかった、という時点でアウトであり、また左右に大きく振られて中盤の中央が1枚なり誰もいなくなってしまう、という事も頻発していた。途中からは、鎌田というよりも前田が低い位置までプレスバックする事で、その穴を埋めるようにはなっていたが、それだと苦しい感じだった。但し、前半を1失点、1点差のビハインドで終えられた事は大きく、そうできた粘り強さと幸運は大きかったと思う。


1点ビハインドの日本は後半のスタートから、
久保との交代で冨安を入れ、

FW 前田大然
MF 鎌田大地 伊東純也
MF 長友佑都 田中碧 遠藤航 酒井宏樹
DF 冨安健洋 吉田麻也 板倉滉
GK 権田修一

こういう「3-4-2-1」へと変更。

このシステムに変更して攻撃的に戦うのはリスクを伴うので、個人的には、まだ、そうするのは早いのではないかと思ったのだが、後半は、まだ初戦ではフルパワーで戦わないリードもしたドイツが思った以上にギアを下げた感じであり、尚且つ、横幅を5枚にした事で守備で先手を取れる事も多くなり、このシステム変更は功を奏したと言えると思う。

日本は後半12分、
前田と長友との交代で、
浅野と三笘を入れ、

FW 浅野拓磨
MF 鎌田大地 伊東純也
MF 三笘薫 田中碧 遠藤航 酒井宏樹
DF 冨安健洋 吉田麻也 板倉滉
GK 権田修一

こういうメンバーに。


更に日本は後半26分、
田中との交代で堂安を入れ、

FW 浅野拓磨
MF 伊東純也 堂安律
MF 三笘薫 鎌田大地 遠藤航 酒井宏樹
DF 冨安健洋 吉田麻也 板倉滉
GK 権田修一

こういう配置とメンバーにした後、
後半30分には負傷した酒井との交代で南野を入れ、

FW 浅野拓磨
MF 南野拓実 堂安律
MF 三笘薫 鎌田大地 遠藤航 伊東純也
DF 冨安健洋 吉田麻也 板倉滉
GK 権田修一

こういう配置とメンバーに。

そして、その直後の後半30分、三笘からのパスを受けた南野がシュート、そのこぼれ球を堂安が押し込んで日本が同点に追い付く。最初は、あまり三笘を入れた効果というのは見られなかったが、このシーンでは三笘が起点になったところから、伊東のところは幸運な感じもあったが、その後に三笘が南野に良いパスを出し、また浅野も攻撃面で相手に脅威を与えられる存在になっていたので、まずは浅野と三笘を入れた事が効いての堂安と南野の投入が功を奏した、と言えると思う。後半はシステム変更と交代と森保監督の采配が当たった。


これで同点に追い付き、勢いを掴んだ日本は、後半38分、リスタート、板倉からの一本のフィードで浅野が相手のDFラインの裏へと抜け出し、そのままGKノイアーのニアサイドをぶち抜くシュートを決めて日本が逆転。その後は「5-4-1」で守り、アディショナルタイムも守り切った日本がスコア「2-1」で逆転勝利。初戦で勝点3を獲得した。

勝利の1つのポイントは、前半を1失点、1点差のビハインドで終えられた事。それには幸運の要素もあったが、なかなか前線や中盤での守備が効かない状態で、最終的な局面での体を張った守備が良かったと言えると思う。ドイツが「4-2-3-1」から「3-2-4-1」のように変化して、それへの対応には大きく苦戦したが、結果は悪くなかった。

そして、そういう意味では後半も、前半にPKは与えてしまったが、GK権田がファインセーブを連発した事も大きく、またシステム変更でプレスが改善された事も大きく、やはり、それがあっての攻撃の機能、途中投入された攻撃的な選手たちの機能、同点からの逆転だったと言えると思う。もちろん堂安と浅野の決定力、それが高かかった事も大きかった。

実力的には間違い無くドイツが上でも、優勝を目的とするチームは、グループステージの初戦にはピークを持ってこないし、やはりアジア相手には心理的な油断だったり、余裕を持ち過ぎてしまう、という事はあると思っていたから、そこも含めて狙い通り、目論見通り、という試合になった思う。但し、まだ先は続くので、浮かれないでプレーし続けたい。

ちなみに、ドイツのブンデスリーガでプレーしている、または、していた、という選手たちも日本には多いので、それがアドバンテージになった、という事もあったのかもしれない。いずれにせよ、歴史的な快挙になった事は間違い無く、日本のサッカーに素晴らしい新たな歴史が刻まれたと言えると思う。この結果を無駄にしないよう、気を引き締めたい。


このブログは皆様の応援で継続されています。
「参考になった」「面白かった」「賛同できる」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


★ 選手評価。日本代表。ドイツ戦。2022年11月23日。W杯グループステージE組。第1戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。カナダ戦。2022年11月17日。国際親善試合。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 『森保ジャパン。カタールW杯アジア最終予選。貢献度ランキング。』+『森保監督の評価とカタールW杯アジア最終予選の戦術に関する考察。』 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 『森保ジャパン。カタールW杯アジア最終予選。後半戦総括。ここから必要になるのは「次の一手」、「更なる一手」である。』+『日本代表でゼロトップは機能するのでしょうか?』 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 「森保ジャパン。カタールW杯アジア最終予選。前半戦総括。森保ジャパンでは何を成長させるのか? 何を成長させられる機会なのか?」+「規律重視と自主性重視、どちらが日本のサッカーには適しているのでしょうか?」。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ Timely Football Theory (TFT) 【9】 ~ システム・トランジションで問題を解決する ~ 有料:200円:サポートによる支援もお願いします!

関連記事
【2022/11/24 09:06】 | 森保ジャパン試合 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<【1】。個人的に思うコスタリカ戦のプラン。森保ジャパン。 | ホーム | 個人的に思うドイツ戦のプラン。森保ジャパン。>>
コメント
4231は機能しているとは言えず、やはり基本フォーメーションはアンカーのあるシステムに早めに変えなければいけないように思います。
攻撃的なシステムの3421はしっかりハマったので、守備的なシステムの再構築を至急やってほしいですね
【2022/11/24 12:26】 URL | #-[ 編集] | page top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2022/11/24 12:09】 | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/5425-e329ed52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |