オーストラリア戦 対策と課題
準々決勝の相手は雪辱を晴らしたいオーストラリア。
対策と課題です。

記事を読む前に、
◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○
へのクリックをお願い致します。
○ オーストラリア戦 対策と課題

オーストラリア戦と言えばケーヒル。
日本人には忘れられない選手です(苦笑)
この大会でもやはり途中出場で活躍しており、
最大注意の選手です。
後半途中でケーヒルが入ってきたら、
「きた!きた!」と思わなければなりませんね。
ということで、

① ケーヒルが入った時のシュミレーションをしっかりしておく。

ということが必要だと思います。
ケーヒルはバイタルエリアでドリブルで仕掛けてきたり、
2列目からPA内に侵入してきて得点したりしますから、
特にボランチの選手が責任を持ってマークしておく必要があると考えられます。
センターバックよりもボランチがケアする。
そこがポイントだと思います。

次に今回のオーストラリアを見ていると、
かなり守備がルーズだと感じます。
また、気候条件もあってか、
中盤のプレスもそれほど激しくありません。
従がって、

② 個人技とダイレクトパスで崩す。

これが攻撃では有効だと思います。
FWとOMFのポジションの選手が、
個人技とダイレクトパスでガンガン仕掛けていけば、
意外とアッサリ崩せる可能性があります。
「速さ」というのをキーポイントに挙げる解説者などは多いですが、
要するにダイレクトパスを多用するということですね。
これはオシムサッカーの真骨頂でもありますから、
オーストラリア戦こそオシムサッカーが最大限に威力を発揮すると思います。

③ 遠藤と俊輔の直接FKを最大限に活かす。

また、FKのチャンスも必ず狙っていくべきだと思います。
特にバイタルエリアでの直接FKは、
意識してもらいにいくプレーをしても良いと思います。
それによって相手がバイタルエリアで激しくこなくなれば、
それはそれで日本とって有利になりますからね。
そして、直接狙えないFKの場合は、
低めを狙うと言うよりは、
素早くリスタートしてヘディングを狙って合わせていく方が、
ベストではないかと思います。
さらに、

④ ミドル・ロングシュートも打つ。

ということも有効だと考えられます。
オーストラリアのDFは裏に弱いですから、
前に誘い出せれば、
必ずチャンスが増えると思われます。

守備面では、
ビドゥカにポストプレーをさせないということも大切ですが、
むしろ、

⑤ サイドバックはあまり攻撃参加しない。

ということがオーストラリアの攻撃を封じる良い対策になると考えられます。
キューウェルなどサイド選手からセンタリングという、
単調な攻撃をオーストラリアは仕掛けてきますから、
日本はサイドバックがしっかり、
オーストラリアのサイド選手をケアし、
センタリングを上げさせなければ、
オーストラリアの攻撃は半分以上威力を失うと考えられます。
サイドバックが攻撃的に出て相手の攻撃を封じる、
という方法もありますが、
キューウェルなどは左サイドに張り出していたり、
守備にもそれほど戻らない感じですから、
リスクを減らす為にもマークから入った方がベストだと思っています。

以上、

① ケーヒルが入った時のシュミレーションをしっかりしておく。
② 個人技とダイレクトパスで崩す。
③ 遠藤と俊輔の直接FKを最大限に活かす。
④ ミドル・ロングシュートも打つ。
⑤ サイドバックはあまり攻撃参加しない。


という5つが私の考えるオーストラリア戦の対策と課題になります。
①と⑤は対策、
②③④は課題とも言えますね。
予選では②③④のようなプレーや意識がまだ低いので、
しっかり見せて欲しいと思います。

ちなみに、オーストラリア戦の戦い方として、

「後半勝負」

という御意見の人も多いように思いますが、
それはリスクが大きいと感じています。
どちらかと言えば、
そういう戦い方に熟練しているのはオーストラリアの方ですし、
後半勝負の戦い方は、
フィジカルとパワーに優れるオーストラリアの方が有利です。
従がって日本は前半勝負の方が良いと思います。
残り30分の状態でもしオーストラリアに先制されたら、
日本が逆転するのは難しいと思います。
従がって日本は、

「先んずれば人を制す=先制攻撃」

で、前半で試合を決めてしまうのが良いと思います。
体力勝負に持ち込まれない、
ということが大事だと思います。

○ 後記

なぜドイツW杯で日本は負けたのか? オシムは先日の記者会見で「オーストラリアの方が強かったから」と発言していましたが、これは正確な答えだとは思わない。なぜドイツW杯で日本は負けたのか? それは、

ヒディングとジーコの監督の差で負けた、

と私は思っています。無策で真っ向勝負のジーコ。交代采配などに優れる策士のヒディング。初心者監督と名将との間には歴然とした力差がありました。まあ、オシムとしてもそれは判っていることだと思いますが、まさか、監督の差で負けた、とはオシムの口からは言えないですからね・・・。

チームのプレースタイルが正反対のオーストラリアと日本なので、ハッキリと選手個々の実力差を計ることはできませんが、おそらく、イラン、韓国、日本、オーストラリア、という4ヶ国は、ベストメンバーを揃えた時(どれがベストメンバーかは別として)、選手個々の実力差は無いと思います。そうなってくれば、勝負を決するのは「監督の差」に他ならないのではないかと思います。

少しでも面白いと感じましたら

◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○

への応援クリック投票をポチッと宜しくお願い致します。
関連記事
【2007/07/21 11:50】 | オシムジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<オーストラリア戦 アジア杯07’準々決勝 | ホーム | データでグループリーグ予選を検証>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/544-2587eac0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |