韓国戦前 対策と課題
決勝戦前にこの記事を書きたかったのですが、3位決定戦になってしまったことが残念です。しかし、3位と4位では差がありますから、結果は出してもらいたいですね。ということで韓国戦の対策と課題です。

記事を読む前に、
◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○
へのクリックをお願い致します。
○ 対策と課題

まず守備からですが、この大会の韓国は日本以上に得点力がありません。また、チョ・ジェジンは特徴が良く解っているFWですから、特に問題は無いと思います。イ・ドングにしても不調のようですから、こちらがミスしなければ危険は少ないと言えます。従がって、

① ビドゥカを封じた守備ができればOK

ということになります。韓国の攻撃で怖いのは、イ・チョンス、キム・ジョンウ、チェ・ソング、という3人の選手たちです。イ・チョンスは本調子ではないとは言え、油断できない選手なので、FW以上に注意しておく必要があると思います。それから、名古屋でプレーしているキム・ジョンウは、名古屋でもそうですが、中盤から飛び出してきてゴールを決める力があり、柏に在籍したことのあるチェ・ソングはスピードに乗ったドリブルに威力がありますので、そのことは事前に頭に入れておく必要があります。つまり、

② イ・チョンス、キム・ジョンウ、チェ・ソング、という3人を注意

ということですね。特にイ・チョンスには自由にプレーさせない守備が必要だと思います。また、イ・チョンスにはFKもありますので、その機会をなるべく与えないようにしたいですね。

攻撃については、韓国は1人1人が粘り強い守備をしてきますが、必ずしも組織立っていません。4バックの守備がルーズな一面もあり、ボールウォッチャ-になるところがあります。しかし、シュートコースのカバーや身体の寄せは速いので、

③ 細かいパス交換で崩し、シュートコースが見えたら即シュート

これで得点が取れるはずです。どの選手が出場してくるのか判りませんが、出場した選手にはこのことを意識してプレーして欲しいと思います。そして、

④ 韓国の左サイドを突く

これも有効なのではないかと思います。左サイドバックのキム・チウは積極的にオーバーラップしてきますので、その空いたスペースの裏を、日本のFWなりMFが活かせば、かなりのチャンスが作れるのではないかと思います。

⑤ 気迫で負けない

最後はもうこれですね。日韓戦では韓国のモチベーションが高く、日本は気迫で負けがちです。さらに、いま日本と韓国を比べて、どちらが精神的にも肉体的にもダメージを受けているかと言えば、日本の方だと思いますから、精神力で負けないようにしなければならないと思います。

以上、5つが韓国戦の対策と課題になります。サウジ戦では負けてしまった日本ですが、今までと同じサッカーで勝てると思います。但し、後半まで「0-0」などで粘られれば粘られる程、韓国の方に流れは傾くと考えられますから、日本は前半からガンガン得点を狙っていって欲しいと思います。そして後半は、3枚を使い切ってしまっても良いので、早い時間帯から疲労の濃くなった選手をドンドン代えて、最終戦らしい戦いを見せて欲しいと思います。

○ 後記

3位決定戦は「結構どうでもいい」という人もいるかと思いますが、もちろん気持は理解できますが(苦笑)、ここでズルズル負けない、勝つというモチベーションを持続させる、そういった精神力の強さが日本代表にあるのか、それを問える試合になると思いますから、我々のようなファンもモチベーションを落とさないようにしたいですね。オシムはスタメンを入れ替えてくるかもしれませんが、それをもって負けた言い訳にすることは許されません。日本はブラジルではないのですから、3位ならいらない、というような態度を取るのはまだ早過ぎます。3位なら予選免除という特典もあるので、しっかり、充実した内容と結果を出して欲しいと思います。

少しでも面白いと感じましたら

◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○

への応援クリック投票をポチッと宜しくお願い致します。
関連記事
【2007/07/28 07:00】 | オシムジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<韓国戦 アジア杯07’3位決定戦 | ホーム | 3失点の原因と責任&3点目を奪えなかった原因を分析>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/555-f80d24ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |