鎌田大地は後半11分から出場。もどかしい時間が続いている。 【 ラツィオ vs カリアリ 】
試合 :セリエA 第14節
開催日:2023年12月2日
結果 :ラツィオ勝利
スコア:「1-0」
得点者:ペドロ


★ 選手評価。日本代表。シリア戦。2023年11月21日。W杯アジア二次予選。第2戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。ミャンマー戦。2023年11月16日。W杯アジア二次予選。第1戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ サッカーの観戦力を上げるための分析力向上方法。応用編。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ サッカーの観戦力を上げるための分析力向上方法。基礎編。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
ホームのラツィオは「4-1-2-3」、アウェイのカリアリは「3-5-1-2」で前半の途中からは「5-4-1」にしたような感じだった。前半8分にペドロが決めてラツィオが先制点。そして前半27分、カリアリのマクンブが退場となり、これでラツィオはリードもしているし楽に試合を進められるだろう、と思ったのだが、そういう感じにはならず、その後は膠着状態が続き、スコアは「1-0」、ラツィオの1点リードで前半は終了。

■ 個性が足りない。伝統が足りない。それが意味するところは? の記事はこちら。

後半11分、負傷したL・アルベルトが自ら交代をアピールして鎌田が出場。鎌田はL・アルベルトと同じ「4-1-2-3」の左インテリオールでプレー。ボールを受けようと意欲的に動いたり、相手DFラインの裏へ走ったりを繰り返していたのだが、あまりパスが来なかったり、来てもカットされてしまったりして、なかなか思うようにはいかない感じだった。簡単に言えば、まだフィットできていない、という状態であると言えると思う。

■ 兵は詭道なり。2つの方向性の個の力。集団活動においては何をすべきか? の記事はこちら。

終盤、カウンターでラツィオに追加点のチャンスはあったが決められず、更には同点に追い付かれていてもおかしくない決定的なピンチもあったりして、スコア「1-0」で勝つには勝ったラツィオではあるが、10人の相手に苦戦、という試合ではあったと思う。そういう意味では、やはり鎌田もアピールに成功できたとは言えず、チームに馴染むまでに時間がかかる選手ではあると思うのだが、とにかく現在は、もどかしい時間が続いている。


このブログは皆様の応援で継続されています。
「参考になった」「面白かった」「賛同できる」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


★ 選手評価。日本代表。シリア戦。2023年11月21日。W杯アジア二次予選。第2戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。ミャンマー戦。2023年11月16日。W杯アジア二次予選。第1戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ サッカーの観戦力を上げるための分析力向上方法。応用編。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ サッカーの観戦力を上げるための分析力向上方法。基礎編。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

関連記事
【2023/12/05 09:00】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<鎌田大地スタメン。しかし目立たず後半36分に交代。 【 ラツィオ vs ジェノア 】 | ホーム | 久保建英フル出場。それを乗り越えるチャレンジのフェーズ。 【 オサスナ vs R・ソシエダ 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/5657-b0790060
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |