堂安律スタメン。右SHとして後半39分までプレー。 【 マインツ vs フライブルク 】
試合 :ブンデスリーガ 第13節
開催日:2023年12月2日
結果 :フライブルク勝利
スコア:「0-1」
得点者:グレゴリッツ


★ 選手評価。日本代表。シリア戦。2023年11月21日。W杯アジア二次予選。第2戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。ミャンマー戦。2023年11月16日。W杯アジア二次予選。第1戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ サッカーの観戦力を上げるための分析力向上方法。応用編。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ サッカーの観戦力を上げるための分析力向上方法。基礎編。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
堂安は「4-4-2」の右SHとしてスタメン。但し、動きとしては「3-4-2-1」の右WBだった時と大きくは変わらない感じで、右SHなので右SBが上がったり逆サイドにボールがあれば中央へ、というのは、右WBだった時にも右シャドウと入れ替わって中央へ、というのはあったから、それと大きくは変わらない感じだったし、もし違いがあったとすれば、ワイドで縦へと仕掛ける事が、ほぼ無かった、という要素だと思う。

■ 個性が足りない。伝統が足りない。それが意味するところは? の記事はこちら。

前半はスコアレスで終了し、後半も膠着状態が続いていたが、後半24分、ロングスローからの流れで最後はグレゴリッツが決めてフライブルクが先制点を奪う。その後、堂安は後半39分に交代となり、追加点のチャンスもあったが決められず、また最終盤はマインツの猛攻を受けたフライブルクだったが、そのまま1点を守り切ったフライブルクがスコア「0-1」で勝利。ELも戦いながらフライブルクは中位にいる、という状況。

■ 兵は詭道なり。2つの方向性の個の力。集団活動においては何をすべきか? の記事はこちら。

どちらかと言えば、守備のシーンで見る事が多く、あまり攻撃ではボールが来ない感じだったが、ビルドアップとか、攻撃の組み立てに関わるタイプの選手ではないと思うし、やはり、どれぐらい相手のPA内や近くとか、最後のところでの仕事をするのか、という選手だと思うので、そこに期待を込めて観ていたのだが・・・、という感じの試合ではあった。タイ戦のメンバーにも選出されているし、調子を上げてもらいたいとは強く思う。


このブログは皆様の応援で継続されています。
「参考になった」「面白かった」「賛同できる」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


★ 選手評価。日本代表。シリア戦。2023年11月21日。W杯アジア二次予選。第2戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。ミャンマー戦。2023年11月16日。W杯アジア二次予選。第1戦。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ サッカーの観戦力を上げるための分析力向上方法。応用編。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ サッカーの観戦力を上げるための分析力向上方法。基礎編。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

関連記事
【2023/12/09 09:00】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<浅野拓磨スタメン。1回あった決定的なチャンスで外してしまう。 【 ホッフェンハイム vs ボーフム 】 | ホーム | 森保ジャパン。タイ戦(2024年1月1日)へ向けてのメンバーについて。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/5660-a492569f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |