【後半】。森保ジャパンが目指している戦い方と現在地。
では次に、ビルドアップに関して。DF4+ボランチ2あるいは1、更には+GK1、という枚数でボールを回し、そこから前の4枚ないしは5枚へと縦パスを入れる、それが攻撃のスイッチであり、特に縦パスを差し込みたいのは2列目のハーフレーンにいる選手に対して。それができなそうな場合には、幅を取らせてあるアウトレーンの選手に入れ、そこから、やり直したり、そのアウトレーンの選手の単独突破なり、コンビネーションでの突破を望んでいる。更にビルドアップに関しては、SBのボランチ化も最近は組み込もうとしている。


★ 個人的に思う活躍度ランキング。日本代表。2024年開催アジアカップ2023。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。イラン戦。2024年2月3日。アジアカップ。ラウンド8。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。バーレーン戦。2024年1月31日。アジアカップ。ラウンド16。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ サッカーの観戦力を上げるための分析力向上方法。応用編。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ サッカーの観戦力を上げるための分析力向上方法。基礎編。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
しかしSBのボランチ化に関しては、それを決め事としてやろうとしたカタールW杯後すぐの親善試合では失敗した。つまり、それが有効である場合と有効ではない場合がある、という事と、それをやろうとするあまり、選手たちが、それだけになり、大前提としていた要素が飛んでしまった。特に縦パスの意識は壊滅的になった。ビルドアップは「崩しの発端」であり、ボールを回せれていれば良い、という事ではない。プレス回避はプレス回避であり、ビルドアップではない。それは連続的ではあるが、同時にやろうとすると無理が生ずる。

■ 個性が足りない。伝統が足りない。それが意味するところは? の記事はこちら。

更に言えば、良いビルドアップは、受ける側が良くないと生まれない。「スペースが塞がれていると感じたら、他の選手たちが2メートル、体の向きを変えてボールを要求する」。つまり、受け手が一瞬でもフリーになれるよう動く(もちろんフリーの状態なら動かなくても良い)、尚且つ、それを受け手の全員が行い、またそれを連続的に行う必要がある。良いビルドアップは受け手側が主導的に動かないと生まれない。ボールを引き出す動き、それ無しに良いビルドアップは生まれない。戦術云々ではない。それができているのかいないのか。

■ 兵は詭道なり。2つの方向性の個の力。集団活動においては何をすべきか? の記事はこちら。

それを、言われてないからできません、指示されてないからできません、決め事になっていないからできません、みたいな事では話にならない。それはセオリーで、その動き方の方法もしくは判断は個々が身に付けておくべき事であるし、フィジカルや技術などの問題で、それができないのであれば、それは日頃のトレーニングで、やれるようにするしかない。結局のところ、そこに個々のできるレベルの差があったり、個々のできている時とできていない時の差が大きい、というのが日本代表のビルドアップの現在地であり、戦術云々ではない。


このブログは皆様の応援で継続されています。
「参考になった」「面白かった」「賛同できる」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


★ 個人的に思う活躍度ランキング。日本代表。2024年開催アジアカップ2023。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。イラン戦。2024年2月3日。アジアカップ。ラウンド8。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。バーレーン戦。2024年1月31日。アジアカップ。ラウンド16。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ サッカーの観戦力を上げるための分析力向上方法。応用編。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ サッカーの観戦力を上げるための分析力向上方法。基礎編。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

関連記事
【2024/02/19 09:00】 | 森保ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<戦術は本当に重要な事を理解させるための糸口に過ぎず。 | ホーム | 【前半】。森保ジャパンが目指している戦い方と現在地。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/5707-7b3b515f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |