後半。「諦めてしまっている人もいるかもしれないが」は何を指しているのか?
全員が、そういうサッカーをやってきたわけではないし、やっているわけでもないし、そういうサッカーが得意な人と得意ではない人、向き不向きもあるし、また、そういう選手たちも森保ジャパンでは救世主となってきたし、どちらかと言えば良い結果を出してきたのは森保監督が志向する方のサッカーであるし、W杯仕様の戦い方、という事を考えれば・・・、という事もあるので、とは思う。更には、ハリルジャパンから西野ジャパンになった時も、ポゼッション寄りに舵を切ったけど敗戦が続き、再びハリルのサッカーへの半分ぐらいの寄り戻しを行った事で立ち直ったわけで、そういう事を考えれば、とは思う。


★ 個人的に思う活躍度ランキング。日本代表。2024年開催アジアカップ2023。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。イラン戦。2024年2月3日。アジアカップ。ラウンド8。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。バーレーン戦。2024年1月31日。アジアカップ。ラウンド16。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ サッカーの観戦力を上げるための分析力向上方法。応用編。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ サッカーの観戦力を上げるための分析力向上方法。基礎編。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
そして結局は、どちらのサッカーであっても、インテンシティ、モチベーション、「熱量」が必要なのは変わらないし、戦い方はどうであれ結果を出さなければならない、という事もあるし、個に関して厳しい事を言わせてもらえれば、守田にはスタミナ不足を感じるし、三笘はプレーや守備が軽い時があり、そういう時に失点に繋がっている場合も少なくないし、それから板倉も連携の悪さを見せる試合がちょくちょくあって、それは戦い方が、という事を言いたいのかもしれないが、でも冒頭に書いたような事を考えれば・・・、とは思う。

■ なぜ人は「個の力に頼らない」「個の力を必要としない」システムという幻想を抱くのか? の記事はこちら。

どちらのサッカーであっても、インテンシティ、モチベーション、「熱量」が必要なのは変わらない、という事を冨安は言いたいのではないかと思うし、岡田さんが「美学に走ってしまう」と言ったのも、そういう意味だと思う。「目をそろえる」とか「目を合わせる」とか、これは風間さんがよく使う言葉だけど、やはりそれは育成からが必要であるし、そこに「熱量」を上乗せしたのが鬼木監督なのではないかと思うし、そして、その「熱量」、つまりエネルギー、それが「勝者のメンタリティ」の正体で、やはり正体は戦い方ではないと思う。

■ 曖昧さ、抽象性を受け入れられるのも知性である。考え抜いた末の答えなのか否かは実は判る。 の記事はこちら。

それから、最後に書いておくと、森保監督も含めて、ポゼッション寄りのサッカーを諦めてしまってはいないと思う。しかしながら代表では難しいと思う。とにかく代表とクラブでは与えられている活動期間も試合数も違う。長くやっていれば活動時間や試合数の累積は増えるが、しかし、その密度が違う。ビルドアップの方法もプレスの方法も、クラブなり、そのクラブの監督によって違う。だからむしろ、そこに答えを求めると、蟻地獄みたいな状態になると思う。二元論で行ったり来たりするだけで、それよりも重要な前提を見失うと思う。


このブログは皆様の応援で継続されています。
「参考になった」「面白かった」「賛同できる」と思いましたら、

人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


★ 個人的に思う活躍度ランキング。日本代表。2024年開催アジアカップ2023。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。イラン戦。2024年2月3日。アジアカップ。ラウンド8。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ 選手評価。日本代表。バーレーン戦。2024年1月31日。アジアカップ。ラウンド16。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ サッカーの観戦力を上げるための分析力向上方法。応用編。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

★ サッカーの観戦力を上げるための分析力向上方法。基礎編。 有料:300円:サポートによる支援もお願いします!

関連記事
【2024/02/23 09:00】 | 森保ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<AでなければBが正解、BでなければAが正解、と物事が簡単であれば、どれだけ楽か。 | ホーム | 前半。「諦めてしまっている人もいるかもしれないが」は何を指しているのか?>>
コメント
前回ワールドカップの反省はカウンター指向だけではベスト16以上に行けないことが改めて示された。

がっぷり四つで戦われると、最後は押し込まれて苦手な高さや肉弾戦になるから勝率極端に下がるから。

よって反省点は相手を押し返し、リズムを取り戻すためのポゼッションもできる様になることだった。
しかしポゼッション指向には個人戦術だけではなく、共通認識とカバーリングの約束事の絶対値が増えるので、ボトムアップ基準だけでは代表招集期間で選手間格差が埋まらないし、チームとしての継続性がないので上積みにもならない。
やっては壊し、忘れてリセットされる。

結果的に実戦ではマイナス要素となり諦めてしまう。という事。
【2024/02/23 13:13】 URL | 諦めてしまうと前回ワールドカップの反省は出来ない #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/5710-fdfa8de5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |